A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


"MUSEOS 博物館" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


08
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

Diego Rivera生誕125周年

本日はチアパスネタではなく、メキシコの壁画運動の第一人者であるDiego Riveraの生誕125周年を記念して、本日のGoogleトップページのロゴはこれ↓
diego rivera

本日だけだから見逃した人用に貼っておきます。

日本ではDiego Riveraより奥さんだったFrida Kahloの方が有名なのかもしれませんが、やはり本国メキシコにおいてはDiego Riveraは別格。
Diego Rivera 2

写真はWikipediaより。

今回は生誕125周年記念と言うことで、メキシコ、特にメキシコシティではDiego Riveraの壁画を見て歩くのもよいのではないかと思いますので、メキシコシティでDiego Riveraの壁画が見れる場所の中から観光客が行きやすそうな場所をご紹介。

“La Creación”/ Antiguo Colegio de San Ildefonso Antiguo Colegio de San Ildefonso は
ここ
でも紹介していますが、メキシコの壁画運動を語る上で非常に重要な場所であり、Diego RiveraとFrida Kahloが出会った場所とも言われています。
博物館として非常にすばらしい所ですので、ここはDiego Riveraにそれほど興味がなくともぜひ足を運ばれることをお勧めします。

“Murales de la Secretaría de Educación Pública”/ Palacio de la Secretaría de Educación Pública
このブログでもご紹介しようと思いつつ、いまだに紹介できていないのですが、個人的にはここが穴場中の穴場だと思います。もっとも、非常に有名な場所でなのですが、なぜか日本のガイドブックでは紹介されることが少ないせいか、日本人にはあまり知られていないように思います。
ここは教育省のオフィスですので、当然無料で入れます。こんなところがオフィスで、かつ無料ですごい壁画が見れるところにメキシコのすごさを感じます。
ちなみに、ここ、トイレの入り口の壁画もDiego Rivera・・なんて贅沢なトイレ。個人的にはメキシコで最も贅沢、かつ価値あるトイレだと思ってます。Antiguo Colegio de San Ildefonso からも歩いてすぐなので両方行くのがお勧めですが、ここはオフィスなので当然平日しか開いていませんので曜日にご注意を。

“La Historia de México”/ Palacio Nacional
説明するまでもなく、おそらく最も多くの人が訪れているであろう壁画のひとつ。ここも無料なのでZócalo周辺の観光工コースには間違いなくここを訪れることになっていると思います。

“Sueño de una tarde dominical en la Alameda Central”/ Museo Mural Diego RiveraDiego Riveraの代表作。これを観るだけでもこの博物館に行く価値はあると思います。

“El Hombre controlador del Universo”“Carnaval de Huejotzingo”/ Palacio de Bellas Artes
Bellas Artes自体はここでも紹介済み。ここも観光客が一度は訪れる場所だと思います。

“La Universidad, la Familia Mexicana, la Paz y la Juventud Deportista ”/ Estadio Olímpico Universitario,Ciudad Universitaria UNAM
ここでも紹介していますが、最後は世界遺産にも登録されているUNAMにあるオリンピックスタジアムの壁画。ここはわざわざ観に行くというよりもスタジアムに行ったときに観に行くのがいいかと思います。

UNAM以外は全てセントロ地区に位置しているので、それぞれ歩きながら訪れることが出来るので、セントロ地区の散策を兼ねて Diego Riveraの壁画を鑑賞するのもお勧めです。

メキシコスペイン語の解説やってます。Twitterボタン
http://twitter.com/lexicomexicano

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


08
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

メキシコの宝 ⑤

更新はボチボチと・・と思っていますが、まだまだ以前のネタすら消化できていない状況なので、引き続き文化人類学博物館シリーズです。

博物館はすっきりとわかりやすい展示を心がけていると思います。
antropologia 47
今回はPuebla州の北部をご紹介。
antropologia 48

Pueblaの北部も先住民族文化が色濃いエリアで、隣接するVeracruz州との共通点も多く感じます。
antropologia 49
毎回思いますが、本当に展示が良く考えられていて臨場感があります。
antropologia 50

実は私はこのエリアには縁遠くってほとんど実際に行ったことがないんですよね。でも、今度ぜひ行ってみたい地域のひとつで、温泉もあるし、コーヒー農園の見学、エコツアー、先住民族文化に触れるなど彩豊かな地域なのでメキシコシティーから5時間程度かかりますが、旅行者にとっても魅力的な地域だと思います。これからメキシコ各地を旅する前にここでざっと感じをつかんだり、興味のあるところに行ってみたりするのもお勧めです。
antropologia 51
文化が豊かなところは民芸品も豊かで見ていて楽しいものです。
antropologia 52

ちょっとしたこんな絵もメキシコ人が描くとなんだか素敵に見えるのは私だけでしょうか・・。

考古学的側面だけではなく、メキシコの文化的豊かさが垣間見れる博物館です。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


13
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

メキシコの宝 ④

久しぶりにまたまた人類学博物館の続きです。今回はMichoacán州の展示をご紹介。
antropologia 37

Michoacánも非常に豊かな文化があるところで、自然も美しく料理もおいしい・・そしてメキシコ市から比較的近い(車で4,5時間)ということで観光地として人気のある州でもあります。Michoacánは今でも先住民族文化が根付いていて保たれている州なので素晴らしい民芸品に出会える場所でもあります。
antropologia 38
この展示なんて、一種本当に女性がそこにいるように見えませんか?
antropologia 39
Michoacánは11月1・2日の死者の日の伝統行事が盛んなところです。
antropologia 40

後方の写真に写っているのは有名なハニッツィオ島のもので、死者の日は湖にもこうやって船を飾りつけ、ろうそくをともします。
antropologia 41

これはタラスコ族の有名な老人の踊りの衣装です。この老人の踊りは実はメチャメチャ動きが早く、なかなかコミカルで、関西人の私はこの踊りを見るといつも吉本新喜劇での間寛平のおじいちゃんをおもいだしてしまします。
antropologia 42
民族衣装もいろいろ見ていて楽しいものです。
antropologia 43
単なる展示とはあなどれない芸術性も感じます。
antropologia 44

メキシコは広いので一度の滞在ではあまり見てまわることはできないと思うので、そんなときはこの人類学博物館でメキシコ文化の豊かさに触れてみるのがいいと思います。ここで見て興味を持ったことを旅の中で実際に訪れる、触れてみる、というのもいいと思います。
antropologia 45
こんな風に食文化について触れられているのも個人的にはポイント高いです。
antropologia 46

これも死者の日の祭壇ですね。キリスト教徒土着的な文化のシンクレティズムはメキシコの大きな特徴のひとつです。
antropologia 46

この展示も展示とは思えないリアリティ・臨場感があっていいなぁ、と思います。

まだまだ人類学博物館のメキシコの宝のお話は続きます。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。