A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 07 2006

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


25
Category: MEXICO生活準備   Tags: ---

お金!

いよいよメキシコへの出発日が近づいてきて、ちょっとバタバタしています。

着々と準備も進んでいるのですが、その中から今日はお金の話。
メキシコにもって行くお金はどうしたらいいのか・・と言うことについて。

dinero

これがメキシコのお金。と、言ってもちょっと古いデータなので現在は10ペソ札はほとんど流通していません。また1000ペソ札もあるのですが、メキシコでは高額紙幣での支払いはお釣りがないので断られることが多いので、使い勝手は悪いです。


メキシコでは日本円も両替できますが、レートがとても悪いので普通は米ドルをもっていくことになります。
どのように持っていくのかと言うのを考えると次の通り。

①米ドルの現金
②米ドルのT/C
③銀行のインターナショナルカード
④クレジットカード

と、言ったところでしょうか。

この中で一番便利で通用どの高いのはもちろん①の米ドルの現金。
でも、当然盗難のリスクあり。ある程度は現金でもって行く方がいいと思いますが、大量の現金を持ち歩くのは強盗などの多いメキシコではお勧めできません。

②のT/C・・人によっては使いづらいという意見もありますが、確かに両替時には身分証明書(パスポート)の提示が求められるし、サインしたりと面倒ではありますが、メキシコには両替所はたくさんあるので、盗難・紛失のリスク回避と言う意味ではある程度の大きい金額はT/Cで持っていくのが一番いいのではないかと思います。
で、こんなサービス発見。
実際今回のメキシコ行きにこのサイトで申し込んでみました。
トラベラーズチェック宅配サービス
けっこう出発前は忙しくなるものだし、意外とT/Cの発行って時間かかったり、在庫がなかったり・・するけど、これなら自宅で申し込めるし、更に手数料も通常の半額(申し込むT/Cの種類による)だし、かなり便利でお得。申し込んで振り込み完了してから3日くらいで手元に届きました。

③の銀行のインターナショナルカード。これは自分の日本の口座にあるお金をメキシコのATMから引き落とせるので一番便利。
ただし、便利なものにはそれなりのデメリットもあるものなのです。
まず、じつはインターナショナルカードの適応レートはかなり悪いです。おまけに銀行によっては引き出し・残高照会のたびに手数料とられたりすので、結構の高額を複数回引き出すとなるとT/Cに比べるとかなり割高になるように思えます。
ちなみに手数料は各銀行によって違うのでいくつか比較してみた方がいいと思います。
三井住友の場合、レートはビザインターナショナルのレートに3%上乗せしたものを適応。かつ引き出しには手数料がかかるようです。
新生銀行は引き出し、残高照会共に手数料は無料。だけど、ビザインターナショナルのレートに4%上乗せしたものが適応レートになります。
あと、もうひとつ、大きなデメリットはメキシコでは1日にATMで引き出せる金額は4000ペソまでです。(注)これは日本の銀行での引き出し限度額に関係なく4000ペソとなっています。なので、もし大きな額が必要になったとき、引き出せないのです。あらかじめ高額の出費の予定があるのであれば、その分はT/Cで持っていくことをお勧めします。
新生銀行の総合口座PowerFlex
(注)限度額は必ずしも4000とは限らないケースもあるようなので各自ご確認ください。

④のクレジットカードは念のため一枚は持っていた方がいいです。
ホテルの予約やレンタカーの予約時にギャランティーとしてクレジットカードの提示を求められることがあります。また急な出費・キャッシングなどの為にも一枚あると安心。ただし、メキシコではクレジットカードの偽造や盗難などの問題も多いので、実際に支払い時に使うのはお勧めしませんが。

おまけ。
メキシコに行く前にどうしてもメキシコペソを手に入れたい・・と言う方はこちらで購入できます。Moneyport ネットで申し込んで自宅に届けてくれるので便利です。でも、日本でメキシコペソを買うとかなりレートが悪いのでどうしてもペソが必要な方以外お勧めしません。
メキシコシティーの空港の両替所は24時間営業のところもあるので到着してからで十分です。ただし、空港の両替所では旅行者を狙った犯罪が横行しているので、両替時には十分ご注意ください。
こちらでメキシコシティーの空港内の両替所に関して調べることが出来ます(スペイン語のみ)
Grupo Aeroportuario de la Ciudad de México

最後にレート換算はこちらでどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


15
Category: MEXICO生活準備   Tags: ---

メキシコ電気事情

メキシコに戻る日が近づきつつある今日この頃・・微妙に忙しいのです。

で。
ちょこちょこと準備中。

初めて住む国だったりすると何もっていけばいいのか、現地には何があるのか??と荷造りも大変だったりするんだけど、メキシコには何度も行っているし、これでメキシコ生活3度目なのでこの辺はお手の物。ま、「三度目の正直」ってことで。ん?なんか違うけど。オホホホ。

そこで、今回はメキシコの電気事情。

と、言うとなんだか大げさですが。

メキシコと言っても広いので街によって、あるいは地区によって停電の頻度などはかなりばらつきがありますが、なんと言ってもラテンアメリカで最低の電力事情のお国「ドミニカ共和国」に住んでいたわたしから見るとメキシコの停電なんてどーってことない程度。
でも、日本から行くと不便に感じることはあるかと思います。

停電はしょっちゅうと言うほどではないですが、大雨が降ったりすると停電がよくあります。あと、雷が鳴ると停電。
こういう時の停電はそれほど長時間にはなりませんが、恐いのはこういう停電が電気製品に与えるダメージ。

なので、停電しそうな予感(笑)がしたら電気製品は電源オフにして、コンセントも抜いた方がいいです。停電後、一気に高電圧が流れることもあるので。

電圧ですが、一応電圧は110Vで周波数は60Hz。コンセントプラグも日本と同じ形・・なので、たいていの電気製品は日本のものをそのまま使っても問題ない・・と言う意見が多いです。

が。やはり電力消費量の多い製品(ドライヤーとか)やデリケートな電気製品(デジカメとか)などは変圧器を使うことをお勧めします。(海外でも充電できるタイプのものは別ですが)
特にドライヤーなどの消費電力の大きい電気製品をそのまま使うと火災や故障の原因になりますし、危ないです。
110Vと言ってもメキシコ人いわく一定ではないそうなので。

カシムラ 海外旅行用変圧器(ダウントランスシリーズ) TI-351
カシムラ 海外旅行用変圧器(ダウントランスシリーズ) TI-351

この変圧器は軽くて値段もお手ごろなのでお勧め。
ただし、120Wまでなので、使用予定の電気製品の消費電力をご確認の上でご購入くださいね。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。