A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 03 2007

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

Tianguis Cultural del Chopo

メキシコって聞いてイメージするもの・・遺跡にTacos(タコス)に Mariachi(マリアッチ)。もちろんそれもメキシコを代表するものだし、このブログでもとりあげてきたけど、今回はちょっと違ったメキシコの顔をご紹介。

毎週土曜日に開かれるTianguis Cultural del Chopo
chopo

このマーケットはメキシコのカウンターカルチャーの聖地のような所で、この日どこからともなく(?)ものすごい数のPunk,Hard Rock,Heavy Metal,Skaなどを好む若者、大集結。コンサートも開かれます。ボディーピアス、タトゥー、ドレッド、モヒカン率、異様に高し。
ちなみに、このマーケットは25年以上続いているもので、朝9時ごろから約200店ほどのお店がずらっと並びます。

この日はいいお天気でとても暑かったのだけどそんなことはお構い無しの黒装束。
chopo 2

日本ではゴシックと呼びますが、メキシコではgóticos(ゴシック)と言う呼び方もしますが、darketos(またはdarquetos)、あるいはdarks等と呼びます。大体80年代からはじまり、90年代初頭ブームがあったようですが、今でもこのマーケットにはたくさんのdarketosが集まります。

さて、道を歩けば「それ、どこで買わはったん?」と聞きたくなる衣装の数々。でも、しばらく眺めているうちに、なんだかいいんじゃない?こういうのって思えてきた。特に、紫の豹柄スパッツをはいていたお兄ちゃん。どこで買ったのか教えて欲しかった。(←私はアニマルプリントに弱い典型的関西人)

日本で言えばアメ横っぽい。かつ原宿、渋谷を足して3で割ったような感じかな。
chopo 3


なんだろう・・被写体として実はすごく面白い所だわ・・と。
chopo 6


なかなかマニアックな物も売っていて眺めているとけっこう面白かった。chopo 5

他の場所とはまた違ったものが売っていて、アニマルプリント好きにはけっこういいかもしれない。あと、他では売ってないデザインのTシャツが多くてかなりいい感じだった。

空き地で素手でスカッシュしてたお兄ちゃんたち。
chopo 4

ちょっとこの写真じゃわからないけど、それぞれの背中のタトゥーがこれまた渋い。

道にはお店とは別にみんなそれぞれ自分の持ち物をぶらさげて売ってたり。俺もなんか売ろうかな。

道端に座って人間観察するにはいい所だと思います。
メキシコの別の顔を知りたい方にはお勧め。地下鉄Buenavista駅から歩いてすぐ。(地下鉄の駅からみんなここに向かうので人の流れについていけばたどりつけます)

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


27
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

Cafebrería El Péndulo

私はcafeで読書をするのがけっこう好き。なので普段から本を持ち歩いていることが多かったりする。それにメキシコシティーでの待ち合わせは何が起こるかわからないので(デモ行進で道が封鎖されたり、大事故がおこったり)待ち合わせの相手が遅れてきても本を読んで待っていれば気にならないし。

そんなわけでcafeを選ぶ基準のひとつが「ゆっくり落ち着いて本が読める雰囲気」があるかどうか・・と言うのも私の場合重要ポイントだったりします。

と、言うわけでcafeでの読書タイムにぴったりなこのお店をご紹介。
その名もCafebrería El Péndulo
cafebrería el pendulo

Cafebreríaと言うのはcafe+librería(本屋)の造語。つまり、cafeと本の購入や読書が一度に楽しめるところです。

店内はこんな感じ。
cafebrería el pendulo 2


コーヒーだけではなく、お食事もできます。また時々音楽イベントも開催されています。
cafebrería el pendulo 3


ちなみに、Cafebrería El Pénduloはメキシコ市内にいくつか支店があって、Polanco,Condesaなどにお店があるのですが、この写真のお店はZona Rosa店。Zona Rosaはいい感じのcafeがすごく少ないエリアなので、Zona Rosaで待ち合わせするときにこのお店を使っています。アクセスもいいのでお勧めです。

Cafebrería El Péndulo
Hamburgo 126

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


26
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

Pozole

メキシコ料理はたいていなんでも自分で作るのだけど、2つほど、自分で作るより外で食べた方がいいと思っているのがあって、そのひとつはTamales。で、もうひとつはPozole。
何でかと言うと、ズバリ、めんどくさいのです。Pozoleに関してはそれほどめんどくさくはないのですが、時間がかかる!のと大家族向きの料理だと言うのが理由だったりします。

そんなわけで、急にPozoleが食いたい!と思い立って食べに行ってきました。

その話に入る前にPozoleの説明。
Pozoleとは大粒のとうもろこしを豚の頭でとったスープで煮込んだ料理。それにお好みで刻んだレタス(またはキャベツ)、ラディッシュ、玉ねぎ、アボカド、オレガノ、唐辛子などをお好みで盛り付けてレモンをぎゅっと絞っていただく料理です。
コッテリ系の料理が多いメキシコ料理の中でかなりあっさりしていて日本人の口に良くあう料理です。

大きく分けると3つ種類があってPozole Blanco,Pozole Rojo,Pozole Verde・・つまり「白」「赤」「緑」のPozole・・って、なんかメキシコ国旗カラーですね。それぞれ発祥の地と言われている州があって、Jalisco(ハリスコ州),Michoacán(ミチョアカン州),Gerrero(ゲレーロ州)が有名です。

ちなみに私は断然Pozole Blanco(白)が大好き。
そこで、Pozole Blancoを求めてMercado San Camilitoへ。
ここはPozole やBirriaなどJalisco料理をメインにした屋台が集合したMercado(市場)
Jaliscoと言えば同じくメキシコを代表する音楽Mariachiの発祥の地でもあるのですが、そのMariachiが聞ける有名な広場Garibaldi(ガリバルディ)広場にこのMercadoは隣接しています。

これがそのGaribaldi広場。
mariachi

盛り上がるのは夜です。なので人の数もお昼は少ないのですが、ちょうど彼氏が彼女にMariachiをプレゼントしていたのでパチリ。

そしてこちらがMercado San Camilitoの入り口。
pozole


Mercado San Camilitoの中です。
pozole 2


さて。肝心のPozole
pozole 3


拡大するとこんな感じ。
pozole 4


ちなみに、これで45ペソ(450円くらい)。久しぶりに来たらずいぶん高く感じました。他のところだと30ペソくらいからあるんですよね。でも、ここのは量が多いのとお肉もたっぷり。

メキシコ市観光でGaribaldiに来たらぜひPozoleも味わってみてください。

おなか一杯になって外に出たらこんな風景に出会いました。メキシコ市のシンボルのひとつラテンアメリカタワー。
torre

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


25
Category: RECETAS レシピ   Tags: ---

驚異のサボテン レシピつき

ちょっと久しぶりにメキシコ料理のレシピのご紹介。と、言っても超簡単メニューですが(笑)。今回は朝ごはんに良く食べる料理でNopales con huevo
nopales con huevo

レシピ Nopales con huevo by chamoy
↑クリックしていただくとレシピに飛びます

Nopalesはウチワサボテンのことです。以前にもEnsalada de Nopales(ウチワサボテンのサラダ)でご紹介しましたが、メキシコを代表する食材でもあるNopales
nopal 1

これはとげが付いたままの状態ですが、普通はとげをとったものを売っています。

で、このNopales ものすごく栄養価に優れた食材なんですよね。
ちなみにこちらのサイト様(メキシコ料理のドンブランコ)にはこんな風に書いてありました。
ノパールの有効成分の代表は繊維質で、その他17種類のアミノ酸やビタミンC、B2、B3(ナイアシン)、各種ミネラルを含み、血糖値を下げる作用がある他、植物タンパク質が身体組織から水分を吸収して血管に送るので体を引き締めて血行をよくし、悪玉コレステロールから善玉コレステロールへ変える作用があります。また、不溶性の食物繊維として多く含まれるリグニンが、満腹感を与えて食欲を抑えるとともに消化を助け、腸の働きを整えます。

うん。納得。だって、Nopales食べるとすごくお通じがいいんですよね。あと、メキシコでは糖尿病にいいとか、腎臓にもいいと一般的に言われています。

更に前述のサイト様にはNopalesの薬効としてこんなことも書いてありました。
肥満・糖尿病・高コレステロール・動脈硬化・胃潰瘍・腸のそうじ

う~ん。素晴しい。

更に・・
Nopalesの成分として・・
レチノール
美肌づくりに欠かせない栄養素であるため、体内から食品で摂取するとともに外からのケア化粧品で補うレチノールが不足すると、お肌は目立って乾燥し、角質層がボロボロとはがれ落ち、粉を吹いた状態になるさまざまな肌のトラブルを招いてしまう。

えー。Nopalesってレチノールが豊富だなんて知りませんでした!これは美容の為にも食べなければ。ちなみに、今日のお昼ご飯にもしっかりNopales食べました。

こんなに栄養豊富でしかも安いNopales。そして、おいしいんですよね。メキシコへ起こしの際はぜひNopales料理を味わってください。

・・日本でもNopales商売、儲かりそうだなぁ(笑)。


24
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

やっぱりTacos !!

メキシコ料理と言えばやっぱりTacos(タコス)(笑)。ただ、Tacosと言ってもいくつか種類があるのですが、日本人がイメージするTacosと言うのはTortilla(トルティーヤ)にお肉がのっていてそれにSalsa(ソース)をかけて食べる・・と言うTacosだと思います。
つまり、こんな感じ↓
tacos

これはSuaderoという牛肉のTacos(左)とchorizoのTacos(右)

うちの近所に大家さんいわく「メキシコシティーで一番おいしいTacos屋」という屋台があっていつもたくさんのお客さんでにぎわっています。tacos 3

私も時々誘惑に負けて(笑)食べに行きます。
tacos 2

これはSuadero(左)とTacos al Pastor(右 私の大好物)
あと、牛タンのTacosもあっておしいのだけど、普通のTacosの2倍の値段がするのですよね。ちなみにこのお店ではSuaderoとTacos al Pastorは一個5ペソ(約50円)、牛タンは10ペソ(約100円)。もちろんお店によって値段が違うのだけど、今一番安い屋台だと5個で10ペソと言ったところです。そのかわり、5個10ペソってのは小さくて具も少なめです。

この手のTacosはメキシコでは夜食べるのが一般的です。昼間から営業しているところもありますが、たいていは夕方から明け方まで営業しているところが大半。日本人が一杯飲んだ後にラーメンとかお茶漬けで〆るのと同じように、メキシコ人も飲みに行ったり踊りに行った後よくTacosを食べるんですよね。でも、これ、確実に太るんですけどね(苦笑)。
でも、やっぱりおいしい!

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


23
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

Museo de la Caricatura

メキシコシティーには本当にたくさんのMuseo(博物館・美術館)があってMuseoを訪れるのが趣味の私にはまさにパラダイス。少なくても週に一日はMuseoに行くのだけど、いまだに行ったことのないMuseoがまだまだあるのですよね。で、今回はそんな行ったことのないMuseoのひとつ、Museo de la Caricatura(風刺画美術館)へ。

入り口ではCatrinaがお出迎え。
caricatura


入場料(一般20ペソ 学生など割引料金は15ペソ)を払って中に入ってみるとこんな感じ。
caricatura 2


これ、面白なぁ・・と思った一枚。
caricatura 3


前大統領のFox大統領ももちろん格好の餌食に(笑)。
caricatura 5


現大統領のCarderón大統領も早速風刺画になっていました。

マイナーなMuseoなのですが、思った以上に訪問者が多くてちょっと驚き。みんなかなり関心をもってみているようでした。

常設の風刺画の展示以外にも今回はFrida Kahloの生誕100周年イベントの一環でFrida Kahloの風刺画展もあったのですが、これはまた別の機会に書こうと思ってます。

caricatura 4

テーマ(時代)ごとに風刺画も分けられていてわかりやすい・・と、言ってもスペイン語だけではなくてやっぱりメキシコの政治史を理解していないと多分見てもほとんど理解できないかな・・とも思うので、このMuseoはそういうことに興味のある方のみお勧めです。

Museo de la Caricatura
Donceles 99, Centro, México D.F.
Tels. 5702 9256, 5704 0459

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


22
Category: ARTESANIAS 民芸品   Tags: ---

民芸品のお店 Fonart

私は民芸品が大好き。そんな私にとってメキシコはまさに天国。暇さえあれば民芸品を見に出かける私。民芸品を売るお店や市場はメキシコシティー内にたくさんあるのですが、今回はFonartをご紹介。

Fonartとはメキシコの伝統文化の保護を目的としたメキシコ政府が運営する民芸品店です。なので、ここで売られている民芸品は値段は民芸品市場で買うより高いのですが、質はいいと思います。

今回はMixcoacとAlamedaのFonartで売られているた民芸品をご紹介。
まずはMixcoac
fonart

こんなArbol de la vida(生命の木)がお出迎え。
fonart 3


季節はずれだけどNacimiento Nacimientoとはキリストの生誕を再現したオブジェの事でカトリック教徒が大半を占めるメキシコではクリスマス前にNacimientoを自宅に飾る人が多いのです。
fonart 5


これもNacimientoだけど、これはとうもろこしの皮でできています。
fonart 4


これは仮面。メキシコにはさまざまな仮面があるのでおもしろい。
fonart 6


これ、欲しいなぁ~と思ったクッションカバー。この色の組み合わせが好きなんですよね~。でも、お値段見てびっくり。かなり高額でした。
fonart 7


ここ(Mixcoac店)が一応メキシコシティーにある支店の中で一番大きいそうなんですが、私が行った時は一部改装工事中でディスプレイ、なんかがごちゃごちゃしてました。あと、全体的に値段がちょっと高すぎるように思えました。なので、眺めるだけならいいと思いますが、お買い物するには個人的にはお勧めできないかな・・。

そして、こちらがBellas Artesの近くにあるAlameda店
fonart 8

ここの方が観光でこられた方にはアクセスしやすい場所にあります。値段もMixcoac店より安めの設定だと思います。

店内はこんな感じ。
fonart 9


なんとなくこの不細工さがかわいかったので思わずパチリ。
fonart 10


これはキャンドルスタンドなんですが、こういうの好きなんですよね~。fonart 11


こちらはメキシコらしく骸骨のキャンドルスタンド。
fonart 12


こんな色使い、いいなぁ~。
fonart 13


他にもPaseo de Reformaにも支店があります。またメキシコシティー以外の街にもいくつかお店があります。少し値段が高くてもいい民芸品をお探しの方は一度Fonartをのぞいてみるもいいかも知れません。詳しくはこちらでどうぞ。http://fonart.gob.mx

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


21
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

Universidad del Claustro de Sor Juana

今日はメキシコシティーの隠れた穴場(?)をご紹介。
Universidad del Claustro de Sor Juana
sor juana

Sor Juanaは17世紀のもっとも優れたスペイン語の詩人。ここはSan Jerónimo修道院だったのですが、現在はその名の通り大学となっています。
sor juana 2


これがSor Juana Inés de la Cruz(1648-1695)
sor juana 3


メキシコに来たことがある方、住んでいる方でSor Juanaの事を良く知らなくても、Sor Juanaの顔を見たことがない人は少ないと思います。と、言うのもSor Juanaは200ペソ札の肖像画として描かれている人なのです。
billete


ブーゲンビリアがきれいだったので一枚パチリ。
sor juana 4


大学構内
sor juana 5


この大学にはガストロノミーの学部もあるのですが、こんなかわいいレストランも併設されています。
sor juana 6


ここは建物自他が1585年に立てられた歴史のあるものだということ以外にも様々な文化行事が催されることでも有名です。ここでのイベントは基本的に無料なので一度足を運んでみるのもいいと思います。(ただし、大学構内に入るのに身分証明書の提示を求められると思います)
どんなイベントがあるかはHPでチェックできます。

Universidad del Claustro de Sor Juana
Izazaga92 
地下鉄Isabel la Catórica下車すぐ


テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


18
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

アンティーク市@Zona Rosa

久しぶりに日曜日のZona Rosa。Zona Rosaは以前はたくさんのレストランやBAR、お店などでにぎわっていたのだけど、今はCondesaやRomaなどに中心が移っていて、いつの間にかゲイの街に変化。そして、数年前からものすごい勢いで韓国人が進出してきていて、ちょっとした韓国人街と化してきています。韓国料理レストランに関しては以前ここに書いていますので、よかったらどうぞ。

さて。今回の日曜日のZona Rosaの目的は「アンティーク市」
antique

Zona RosaにあるPlaza del Ángelで毎週日曜日にアンティーク市が開かれます。(もしかすると土曜日もあるのかもしれません)
antique 2

アンティークはやっぱり見る目が必要だけど、でも、眺めているだけでも十分楽しいんですよね。
antique 3

メキシコのように歴史のある国にはいろいろなアンティークがあっておもしろい。
antique 4

メキシコはアンティーク収集家が多い国なのでこの市以外にもアンティーク市もあるし、お店もたくさんあります。
antique 5

Zona Rosaはアクセスがいいので、日曜日にZona Rosaへ行くことがあったら足をのばしてみるのもいいと思います。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


11
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

Bellas Artes スペシャル

メキシコシティーのCentro Históricoの中でもひときわ目立つのがこのPalacio de Bellas Artes(国立芸術院)
bellas artes
ここはその名の通りメキシコの芸術の中心でもあります。
1901年にイタリアの建築家アダモ・ボアリのデザインされたもの。でも、実際に建設が終了したのは1934年。内観はアール・デコ、外観はアール・ヌーボーでイタリアから直輸入した白大理石を使った建物としても美しいのですが、その中身がまた素晴しいのです。

もう何度も来ているのですが、考えてみたら写真を全然撮っていなかったので今回改めて行ってみました。

内部には劇場があってオペラやクラッシック音楽のコンサートなどがいつもありますが、劇場内部はこのような催しでチケットを買って入る人しか見ることができません。
bellas artes 2
でも、劇場以外は入場料を払えば見学することが出来ます。日曜日は無料なので、今回も日曜日に行ってきました。

ここにはメキシコを代表する画家Rivera,Orozco,Siqueiros,Tamayoなどの壁画があることで有名です。
bellas artes 3
これはOrozcoの壁画。
bellas artes 4
こちらはRiveraの壁画。
bellas artes 5

これもRiveraの壁画です。
bellas artes 6
こちらはSiqueirosです。
bellas artes 7
Bellas Artesの中には他にもブックショップやcafeがあります。これはcafeの写真。
さて。壁画をじっくり鑑賞した後、今度は外から眺めてBellas Artesの美しさを堪能できる場所。
bellas artes 9
こんな風景画楽しめるcafeがあるんですよー。さて、ここ、どこでしょう?
bellas artes 8
この風景から場所を推測してみてください。

Bellas Artesの素晴しさを中から外から楽しむことの出来た一日でした。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


10
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

La Faena

メキシコにはCantinaと呼ばれるお酒を飲むことを楽しむ場所がたくさんあります。
Cantinaは基本的に男性の社会で女性はお断りのお店も実際にありますが、ここ最近はこのCantinaもずいぶん変わってきていて女性でも入りやすいCantinaも多いです。また、若い子向けのおしゃれなCantinaが流行ったり。

そんな数あるCantinaの中でとても有名なLa Faenaをご紹介。
la faena 2


このCantinaはCentro Históricoにあって50年以上の老舗。お店の中はずらっと闘牛士の衣装などが飾ってあります。(写真ではちょっとわかりにくいですが)
la faena


la faena 3

Cantinaは基本的に飲み物を注文するとBotana(おつまみ)が無料で付いてくるシステムです。今回も海老のスープにQuesadillaそれにピーナッツなどを出してくれました。かと言って飲み物代が高いのかと言うとそんなことはないのでご安心を。ビールだと20ペソ(200円くらい)からあります。別料金で料理をオーダーすることもできます。が、今回は調理人が病院に行っていないので作れない・・と言われてしまいました(笑)。こういうなんだかテキトー経営なところもいいですね(笑)。

今回飲んだのは樽出しの黒ビール。
la faena 4

これがおいしいんですよ~。
安くておいしいビールが飲めるCantina メキシコらしく飲みたいときに行ってみてください。ここはCentro Históricoというアクセスのよさプラスお店の雰囲気も面白いのでお勧めです。

La Faena
Venustiano Carranza 49
日曜日~木曜日 お昼~23:00 金・土曜日午前2:00まで


テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


09
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

憧れの椅子

火曜日は時間があれば一番のお気に入りのMuseo(博物館)であるMuseo Franz Mayerに行くのが私の楽しみ。
今週の火曜日も行って来ました。ここは常設の展示としてFranz Mayerの個人のコレクション(主にアンティーク)が展示されていて、それもとっても見ごたえがあるのですが、その時々の展示も毎回興味深いテーマでいついっても楽しめるMuseoなのです。

今回はいつもとちょっと趣向を変えてフィンランドのインテリアデザイナーEero Aarnioのインテリアを展示していました。
silla


この方、とっても有名なデザイナーで、私も以前からこの方のデザインした椅子にぜひ座ってみたい!と思っていたのですが、その想いが実現しました!そう、今回の展示では一部を除いて、実際に触ったり、座ったりOKなのです。
silla 2


私が座りたかったのはこの椅子。
silla 3


実際に座ってみると思った以上に快適。なんか個人カプセルって感じで落ち着くんですよね。スピーカーが付いているのもあって音楽も楽しめるタイプのものもありました。
う~。うちにも欲しい。

他にもこんな空中にぶら下がっているタイプのとか
silla 4


こんなかわいいのものまで。
silla 7


また、フィンランドの経済発展とインテリアの関係についての説明もあったりして興味深かったです。
silla 5


これは、Eero Aarnioのインテリアがいかに世界中で注目されてきたかよくわかる写真。日本の雑誌もあってなんだかおもしろい。
silla 6


なかなか楽しい展示でした。さすが、Franz Mayer博物館。火曜日は無料なのでぜひ、この素晴しい博物館に足を伸ばしてみてください。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


08
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

Jacarandaに想う

jacaranda

メキシコはJacarandaの花がとてもきれいに咲く時期になりました。Jacaranda・・スペイン語ではハカランダ、英語圏などだとジャカランダと呼ばれるこの花。原産は南米。(ブラジルと書いてあったり、アルゼンチン、ボリビアと書いてあったり)メキシコではちょうど今頃の3月あたりにきれいに紫の花が咲くのですが、この花を桜に重ねて見る日本人が多いようです。確かに色は違うけど、どこか桜に似ているような。

私にとってもこの花はちょっと特別な花でもあります。
ちょうど10年前、メキシコに着いたのがこの時期だったのでメキシコに到着した頃の事を思い出すのです、Jacarandaを見ると。

そして、思う事がもうひとつ。
この花を初めて見たのはメキシコじゃなく、ケニアのナイロビだったのです。ナイロビ以外の街でも満開のJacarandaがアフリカの青い空に広がる光景が今でも目に焼きついています。なので、メキシコでJacarandaを見るたびに、日本の桜以上に私はアフリカを思い出すんですよね。また一年、アフリカでのあの時から時間が過ぎたんだな・・と。

日本のように四季がはっきりわかるような気候ではないメキシコシティーですが、それでも今はやっぱり春のようで、いろいろな花がきれいに咲き始めています。そしてJacarandaを見るとまた一年が過ぎ、新しい一年の始まりをこうしてメキシコでも感じるのでした。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


07
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

La Ciencia del Sueño 恋愛睡眠のすすめ

San AngelにあるPlaza Loreto
ここはちょっとしたショッピングモールなのだけど、San Angelという場所柄なのかけっこう落ち着いていていい感じ。

このPlaza Loretoにある映画館Cinemania 商業映画でない、なかなかいい映画を上映するところなのですが、たまたま行った時に何上映しているかな・・と見てみたら前から気になっていたGael García主演のLa Ciencia del Sueño(邦題 恋愛睡眠のすすめ)を上映しているではないですか!上映時間を見てみると待つにはちょっと微妙な時間。なので、次の日、日を改めて観に行きました。
cinemania


ちなみに、この映画館の入場料は38ペソ(400円くらい)なのですが、水曜日は22ペソ。でも、水曜日に行かなくても最初の3回までの上映はいつでも20ペソなのです!(水曜日を除く)と、いうわけで20ペソ払って観ました。

この映画館、上映の後なんかにまったりできるcafeもあり。
cinemania 2


さて、映画のお話。
la ciencia del sueno 1

Gael Garcíaの演じる主人公Stéphaneは父がメキシコ人で母がフランス人と言う設定。
父を癌で亡くした後、幼い頃家族で住んでいたフランスにあるアパートにメキシコから移り住むことを決意。フランスに居る母親がアーティスト志望であるStéphaneの為の仕事も探してくれたのだけど、話とはまったく違って彼の希望するようなクリエイティブな仕事ではなかったので失望しながらも、隣の女の子とその友達に恋心を抱くようになり・・と言うお話。

海外での新しい生活に期待を抱いていただけに、現実とのギャップが大きく、その違いを受け入れられず、また亡くなった父への想いも重なり次第に夢・空想・現実が交錯し始めるこの映画。前半は正直言って映画のノリについていけずうーん・・ちょっと期待はずれだったかな・・とも思ったこの映画。でも、途中からだんだん面白くなってきて、気がついたら映画に引き込まれていた・・かな。
特にラストシーン、好きです。ああいう感じ。

しかし。
この映画、日本ではGW公開予定・・と言うことでどういう風に紹介されているのかちょっと気になってチェックしてみたら・・

『エターナル・サンシャイン』で数々の賞に輝いた奇才ミシェル・ゴンドリー監督待望の最新作『恋愛睡眠のすすめ』は、とびっきりキュートな愛の物語。主演にガエル・ガルシア・ベルナル、恋の相手にシャルロット・ゲンズブールで贈る、ゴンドリー初脚本による奇想天外なストーリー。奔放な夢の中へ入れば、驚きと幸福に満ちた感動の世界へ。ロマンティックな夢がもたらす極上のラブストーリーの誕生です!

え?ロマンティックな夢がもたらす極上のラブストーリーなんですか?この作品。うーん。かなり私の見方とは違うようで・・。確かに恋愛も映画の中のひとつの素材ではあったと思うけど、この映画の一番のテーマではないと思うんだけど。
ま、でも、日本的には「Gael主演の恋愛映画」って事にしちゃったほうがウケがいい・・ってことなんでしょうね。多分。それに、邦題の「恋愛睡眠のすすめ」ってのもねぇ。

まあ、それはさておき。
El Laberinto del Fauno(Pan's Labyrinth)を観たときも思ったけど、「ファンタジー」ってなんだか美しいものを想像するけど、ファンタジーの根源って実は苦しい現実逃避なんだろうな・・そんなことを改めて思ったLa Ciencia del Sueño・・もしかして、このタイトル、そういうメッセージだったのかな。

公式サイト
http://renaisuimin.com/


06
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

Bazar Sábado

メキシコシティーの南に位置するSan Angel 毎週土曜日にBazar Sábado(土曜市)が開かれることでも有名です。Plaza San Jacintoを中心にたくさんの絵画が展示即売されています。
san angel


san angel 2


また、周辺にはたくさんの民芸品をうるお店も並びます。
san angel 5

ここで売られている民芸品は値段は高めですが、センスのいいものが多いです。
san angel 3


san angel 4

上の写真2つはamateと呼ばれる民芸品。amateは手軽なメキシコ土産として人気ですが、値段も質もピンキリ。でもこの2つはとても丁寧な仕上がりで素敵。

またPlaza San Jacinto周辺にはいくつかのレストランがあります。
これはFonda San Angel
san angel 7


こちらはBazar Sábado
san angel 8

どちらもブランチなどのバイキングがあります。(多分週末だけだと思いますが)

この日はとてもいいお天気でたくさんのひとでにぎわっていました。特にレストランはすごく混んでいました。すぐ近くにAv.de la Pazと言う通りがあってここにもたくさんの素敵なレストランがあるので、そちらでゆっくりお食事するもお勧めです。
これはクレープなどが有名な人気店Cluny
san angel 9


回転寿司のお店、その名もSumo
san angel 10


土曜日にメキシコシティーにいらっしゃるならぜひ、San Angelへ。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


05
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

Tortaの歴史を食べる

メキシコの国民食であるTorta フランスパンより少し柔らかめのパンTeleraにいろいろな具をはさんだサンドイッチのようなもの。手軽でおいしいし、すぐに食べられると言うことで私もよく食べるのだけど、メキシコに星の数ほどあるTorta屋ですが、「Torta発祥のお店」として有名なのがTortería Armando
torta


このお店のArmando Martínez Centuríon氏が1892年にメキシコシティーで初めてTortaを考案し、売り始めたのだとか。と、言ってもこのお店は1892年からあるわけではありませんが。

このお店、なかなかかわいらしくて、落ち着いておいしいTortaが食べられるので私のお気に入りでもあります。場所はBellas Artesにも近いので、屋台のTortaもおいしいけど、ゆっくり座って食べたいときにお勧めです。
torta 2


この日頼んだのはPastorのTorta
torta 3

これにいつもHorchata(お米のジュース)を頼みます。
ここの付け合せのJalapeño(唐辛子)がこれまたおいしいんですよね。

値段的にも屋台とそれほど変わらないし、朝早くから夜までやっているのでCentroエリアでTortaを食べるにお勧めのお店です。

Tortería Armando
Humboldt 21, Centro Histórico.
月曜~金曜 7:00 ~21:00
土曜・日曜 8:00 ~22:00

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


04
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

古代魚を食らう

メキシコの南東部にあるTabasco州の州都であるVillahermosaに久しぶりに行ってきました。Villahermosaは4年ぶり、3回目の滞在。ここは一年中蒸し暑いことでも有名(ついでにお肌もしっとり)だけど、今回はずっと天気が悪くて肌寒く感じたくらい。

さて。
今回のVillahermosaの滞在の目的・・それはPejelagartoを食すこと!
PejelagartoとはTabascoを代表する淡水魚。ちなみに、元メキシコ市市長で、元大統領候補のManuel López Obradorのニックネームはpejeですが、彼はTabasquño(タバスコ州出身)なのでこのあだ名がついたわけです。

かなりのインパクトのある姿のこのお魚。
Pejeとはこの辺の方言でpez=魚。面白いと思うのはドミニカ方言でもpejeって魚の事なんですよね~。やっぱり海岸部で暑いエリアでは言葉も共通してくるのでしょうか。これもまた、興味深いけど話は魚に戻って、lagartoとは一般的スペイン語ではとかげですが、トカゲ魚ではなく、これもこの辺の方言でlagartoとはワニのことです。つまり「ワニ魚」。その名の通り、口がとがっていて、鋭い歯がびっしり。そして凶暴な肉食魚なんです。

そして、この魚のすごいところは、なんと白亜紀から存在している古代魚なんですよー。
すげぇー。

と、言うわけで個人的にはシーラカンス食う!くらいの勢いで一路Villahermosaへ。

今まで2回来ていてありつくことが出来なかったので、それほどレストランなどでも一般的じゃないのかも・・と思いきや、すぐに目に付いたレストランにはpejelagartoと大きく書いてあるではないですか!

さっそくレストランでPejelagartoを焼いたものを注文。
そして、でてきたのがこれ。
peje

イ、インパクトありすぎ。

さらに、アップでどうだ!
peje 2


こんな姿かたちではあまり食欲わかないかもしれないけど、食べてみると白身でくせがなく、なかなかおいしいではないですか!フライにしてもいけそう。
peje 3


でもこれ、かなり大きくって一人で食べるには量が多かったので2人で一匹注文するくらいがいいかも。

味もいいし、話のネタにぜひ、Villahermosaへ行く機会があればぜひご賞味あれ。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


03
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

おいしいChocolateのお店

Condesaはメキシコでお洒落なレストラン・カフェ・BARなどが集まっていることで有名なエリア。たくさんあるカフェの中で、Chocolateを飲むのにお勧めのお店を紹介。

Chocolateと言うのはホットチョコレートの事で、メキシコはカカオの原産国。おいしいホットチョコレートが飲める国でもあります。

その中でも有名なのはOaxacaだけど、実はTabascoのChocolateはとってもおいしいのです。そこでお勧めなのがこのお店 Mama Sarita
ここのChocolateはTabasco産のChocolateを使っています。
mama sarita


さすが、Chocolateに力を入れているだけあって注文すると「Dulece(スィート),Semi Amargo(セミビター),Amargo(ビター)のどれがいいですか?」なんて聞いてくれます。
これ、メキシコでは珍しいんです。

早速注文したのはセミビター。甘ったるくなくてちょうどいい甘さでカカオの味を楽しめます。
mama sarita 3

一緒にMarquezoteも注文。MarquezoteというのはVeracruz州のTlacotalpan名物でメキシコ版ビスコッティーと言うところでしょうか。メキシコシティーではめったにお目にかかれないMarquezoteですが、このお店で味わえます。

お店の雰囲気も落ち着いていて和めます。
午後の一時、おいしいChocolateでリラックス。お勧めです。
mama sarita 2


Mama Sarita
Juan de la Barrera L-5 col.Condesa
Tel 5553-1363/0933
月~金 15:00~23:00 土・日 8:00~23:00
最寄の地下鉄 Chapultepec


02
Category: MÉXICO 世界遺産   Tags: ---

世界遺産の街 Tlacotalpan

ちょっと前の話ですが、1月27日、Veracruz州にある世界遺産の街Tlacotalpanへ行ってきました。

tlacotalpan 7

Veracruz市からバスで2時間ほどかけてTlacotalpanへ到着。街の入り口にはこんな観光客を歓迎する像がありました。
ちなみに、Veracruz市からTlacotalpanへのバスは一等バスターミナルから1時間おきに出ていますが、チケットはバスの運転手に直接払うことになっているので14番ホームへ直接行ってバスに乗りました。(2007年1月現在)

tlacotalpan
街の中心にある教会。天気がよかったのでとってもきれいでした。

tlacotalpan 2
これは街の中心の広場。この周辺にいくつかカフェがあるのでゆっくり見学するのもお勧めです。

tlacotalpan 3

これは街の中心にあって世界遺産に登録されていることを証明するプレート

tlacotalpan 6

この街の守護聖母Candelariaを祭る教会。2月2日はメキシコ全土でDia de la candelariaを祝いますが、とりわけTlacotalpanでは盛大に祝うことで有名です。この時期、普段は静かなTlacotalpanが観光客や地元の人でごった返します。この時期はホテルを予約するもかなり難しいようです。

tlacotalpan 4

これはAugustin Laraの博物館。Augustin LaraはTlacotalpanが生んだメキシコを代表する作曲家であり歌手。彼の生家は博物館として公開されています。(入場料10ペソ)

tlacotalpan 5

Augustin Laraの貴重な遺品が展示されています。Augustin Laraを知らないメキシコ人はいないというくらい有名な人でもあり、興味もあったので訪れることに。ただ。彼を知らない外国人観光客にとって訪れる価値があるかどうかは不明です。でも、これを機にAugustin Laraの曲を聴いてみるものいいかもしれないですね。

tlacotalpan 10
博物館見学の後は世界遺産に指定されている美しい町並みを見学。

tlacotalpan 11

Tlacotalpanはfachadasと呼ばれるこういったアーチがとてもきれいで絵になります。

tlacotalpan 8

街を散策した後、Papaloapan川方面へ。遊覧船も出ていました。

tlacotalpan 9

最後のお楽しみは、やっぱり食事!特にTlacotalpanは料理がおいしいことで有名で、Papaloapan川でとれる海老や魚などが味わえます。さっそく海老料理を注文。Papaloapan川を眺めることができるレストランがずらっと並んでいるので、ぜひこのエリアでお食事されることをお勧めします。

Tlacotalpanは世界遺産に登録されているといってもまだまだ外国人勘顧客などは少ないようで、逆に落ち着いていて私はその辺も気に入りました。小さな街ですが、独特の風情があってそしておいしい料理も味わえる街。機会があればぜひ訪れることをお勧めします。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


01
Category: MEXICOお役立ち情報   Tags: ---

宝の山

メキシコ料理の素晴しさ、奥の深さにどっぷりはまっている私。そんな私にとって宝の山である場所・・それがこのFundación HerdezメキシコシティーのZócaloのすぐそばにあるFundación Herdezは小さな博物館を併設したメキシコ料理に関する書籍の図書館なのです。また料理などのクラスも有り。ああ、素敵。

まずは、展示物の紹介。展示自体は小さなスペースですが、メキシコの典型的な台所を再現。
herdez


herdez 3


herdez 2


herdez 4

これはメキシコの主食tortillaを焼いているところの再現。

herdez 5

これはmetateと言うものでこれでいろいろなものを砕いたりペースト状にしたりします。
今でも特に地方都市などでは日常的に使われています。こういった伝統的な方法で作られた料理はこれまた格別においしいですよね。

さて。
肝心の図書館。小さいスペースですが料理に関する本がいっぱい。
herdez 6


メキシコ料理の本は本屋などでも手に入りますが、メキシコでは日本のようにたくさんの本が売られているわけではないし、けっこうなお値段のものが多いのでたくさんコレクションするのがなかなか難しいのですが、ここだとたくさんの本を無料で閲覧することが出来ます。特に地方の料理に興味がある私。こんな本を発見してウホウホ。
herdez 7


メキシコ料理だけではなく、他の国の料理本や、英語で書かれている本もたくさんありました。

貸し出しは出来ませんが、閲覧に関しては無料です。コピー機もあり、1枚1ペソ。ただし、利用者1名で30枚までしか一度にコピーを利用できないそうです。
私はデジカメでパチリ。

ちなみに展示を見るのは入場料5ペソ。図書館の利用は無料ですが、身分証明書の提示を求められます。

メキシコ料理に興味がある方、訪れる価値大です。

Fundación Herdez
Seminario 18, Centro Histórico, México D.F.
Tel 5522 8860
火曜日~土曜日 9:00~17:00
http://www.fundacionherdez.com.mx

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



12
13
14
15
16
17
19
20
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。