A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 04 2007

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: MEXICOお店 地方編   Tags: ---

Campeche名物サメ料理

引き続きCampecheネタですが、やっぱり食べ物ははずせません。
Campecheはマヤ料理と共に海のすぐそばと言うことでシーフードがとてもおいしい街です。肉より魚!の私のはうれしい限り。
で、今回もずっと以前から行きたいと思っていた有名レストランへ!

・・・と思ったらお店の住所などなどメモしてくるのを忘れた。ありゃ。と、言うことで急遽別のこのレストランへ。

Marganzo
campeche comida


便利な場所にあってなかなかいい感じのレストラン。
で、まずは飲み物。
campeche comida 2

隣のテーブルの人が飲んでいたものが気になって聞いてみたらchayaという葉っぱとパイナップルの飲み物だと言うことで私も頼んでみました。
見た目は青汁ですが(笑)、なかなかおいしかったです。後でCampeche州在住の友人に聞いたところ、Campecheに限らずユカタン半島一帯ではポピュラーなものなんだとか。
campeche comida 3

これはおまけで出てきた前菜。たこのマリネとCazónをトマトソースで煮込んだもの。Cazónとは小さいサメ・・そう、ここCampecheはサメ料理がとっても豊富でおいしいんです。Campeche以外でもCazónは食べますが、やっぱりここで水揚げされた新鮮なCazónはおいしいです。
campeche comida 4

そしてこれがメインで頼んだpan de cazón
これもサメを使ったCampecheの郷土料理です。トルティーヤにfrijoles refritos(豆のペースト)とCazónをはさんでトマトソースをかけたものです。ちなみに、上にちょこんと乗っているのは日本でも話題になったchile habaneroハバネロ唐辛子です。スペイン語ではHは発音しないのでアバネロといいますが。この唐辛子はユカタン半島でよく食べられているもので、Campecheでも市場でたくさん売っていました。

このレストラン、お料理もおいしくて雰囲気もよかったです。そして、他の街に比べて料金もお手頃。(Campeche自体、物価が安めだなと感じました。)場所も中心部にあるので観光の合間に立ち寄るのにいいレストランだと思います。

ただ、おもしろかったのが、このレストラン。二つに区切られていて、エアコン無しとエアコン有りなんだけど、私はエアコン無しのほうが気持ちいいと思ったのだけど、他の外国人観光客は全員「暑い!」を連発してエアコン有りへ・・。え?これが暑いの?と思ったけど、どうも南国暮らしの長い私はCampecheの気候のほうがあっているようでした。

Marganzo
Calle 8 no. 267, Centro

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


29
Category: ARTESANIAS 民芸品   Tags: ---

Campecheの民芸品

前回に引き続きCampecheのお話。
今回はCampecheの民芸品をご紹介。と、言っても私も今回Campecheに行くまでここの民芸品に関してほとんど知らなかったのですが。
でも、Campecheについてみてびっくり。けっこういろいろあるではないですか!
artesania

これはタバコを入れるケース。私はタバコは吸わないのですが、かわいい。軽いしお土産にもいいですよね。
artesania 2

これはトルティーヤ入れ。他の街でも売ってますが、カラフルで素敵。写真に写っているピンクのトルティーヤ入れ、私好み。
artesania 3

Campeche以外でもこういったブラウスは売っていますが、Campecheの物は刺繍が他のところよりも細かい気がします。
artesania 4

この黒色の刺繍、Campecheでよく見かけました。こういうシックな感じなら日本でも着れますよね。
artesania 5

この陶器(デザイン)、他の街ではみたことないです。(私が知らないだけかもしれませんが)
artesania 7

そして、これ↑ これが今回、私が一番欲しかった物です。南国っぽくていいなぁ~。550ペソ(5千5百円くらい)なのでお手ごろ価格でもあったのですが、さすがに折りたためるとは言えこれ持って移動するのはつらいのであきらめましたが・・。

Campecheの民芸品はなかなか質も良かったし、値段もお手ごろ感がありました。意外と民芸品の穴場かもしれません。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


28
Category: MÉXICO 世界遺産   Tags: ---

世界遺産の街 Campeche

話はいきなりCampecheへ飛びます(笑)。ま、前々回・前回とアフリカの話でしたが、Campecheもまったその話と関係なくもないのですが・・。ここ、Campecheはメキシコにおける奴隷貿易の基点のひとつだったのです。CampecheはCarnaval(カーニバル)が有名ですが、ここのCarnavalにはアフリカ的リズムを感じます。

が、今回はアフリカネタではなく、Campecheへの旅行のお話。
実は1月下旬の話なのですが、なかなかまとめる時間のないままだったのでいい加減にUPしないと・・と言うことで思い出したように書いてます。1月にChiapas州にフィールドワークにでかけていたのですが、どうせChiapasまで行ったのならついでに南東部も行きたい!ということであちこちウロウロ。南東部へは何度か行っているのですが、なぜかCampecheは行く機会がなかったんですよね。なので、今回、やっと実現しました。
campeche
これはCampecheの街の中心。
campeche 3
こちらは別のアングルから。

Campecheはユネスコの世界遺産にも登録されている美しい町並みが自慢の街です。
campeche 2

Campecheはマヤ時代から交易の中心地であり、またスペイン人が征服してからも重要な港として栄えましたが、その繁栄から海賊の襲撃を度々受けたため、街のあちこちに要塞が築かれ、それがいまでも残っています。
campeche 4

こういった要塞が残っていたり、街の雰囲気など以前住んでいたドミニカ共和国のサントドミンゴに似ている気がしました。

街の雰囲気を楽しみつつ散策していたのですが、日差しが強くちょっと休憩・・と言うことでCentro Cultural No.6へ。
campeche 5

そこにあるカフェでコーヒーブレイク。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ウェイトレスさんが来ているブラウスもCampecheの特産。細かい刺繍がとてもきれい。
campeche 6
その後は海の方へでかけてみました。
campeche 7

潮風が気持ちよかったので私も防波堤に座り込んで持ってきていた本を読み始めました。マッタリしているとD.F.にいる相方から携帯が。旅の空間から日常へ呼び戻されました(笑)。なかなか気持ちよくってけっこう長い時間がたっていたようです。ああ、こう言うひと時って本当に贅沢。

ふとみると夕日がきれいでした。
campeche 8


この街は観光都市だけどゆったりしていて落ち着いた街だなぁと言う印象です。特に何か大きなアトラクションがあるわけではないけど、料理もおいしいし、メリダからも近い(バスで3時間程度)なのでユカタン半島の観光にCampecheまで足を伸ばしてみるのもいいと思います。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


27
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

africala 2

前回のエントリーで20日に観に行った第一回アフリカ映画祭 africalaについて書きましたが、今回は21日に観に行った分のお話。

この日行ったのはCinematógrafo del Chopo
africala 5

ここもいろいろなテーマに沿って映画を上映しているところなのですが、今回はじめて来ました。

さて、今回の映画は・・
La raíz olvidada
Africanías

の2本。どちらもメキシコの黒人文化をテーマにしたドキュメンタリー。
しかも!今回はこの2本の作品の監督であるRafael RebollarとMéxico Negro A.C.と言うアフリカ系メキシコ人の団体の会長が上映会に出席すると言うのでそれもすごく楽しみにしていました。
africala 6

この黄色いシャツを着ている方が監督のRafael Rebollar

ラテンアメリカの多くの国には植民地時代にアフリカから奴隷としてつれてこられたアフリカ人の子孫達がたくさん居ることはご存知だと思いますが、メキシコはその数が少なく、メキシコとこれらのアフリカ系の人々はほとんど結びつきがない・・と思われているのが実情です。
実際、私も普段メキシコに生活していてアフリカ系のメキシコ人と接することはまったくと言っていいほどありません。

でも、Veracruz,Oaxaca,Gerreroには今でもアフリカ系の方がたくさん住んでいる集落もあるし、ずっとこのテーマ、「メキシコの中のアフリカ」には興味を持っていたので、今回の映画上映会、とっても楽しみにしていました。

映画の方ですが、La raíz olvidadaの方は主にメキシコにおけるアフリカ系の人々の歴史などをいろいろな角度から検証したドキュメンタリーでとても興味深かったです。特にVeracruz出身の人の事をJarochoと呼ぶのですが、このJarochoと言う言葉はもともとアフリカ系の人々を指す言葉だったと言うのがおもしろかったです。

もうひとつの作品Africaníasはほとんどが映像のみで主にCosta Chica(GerreroとOaxacaの太平洋側にある地域 ここに多くのアフリカ系の人が住んでいる)の人々を描いていました。踊りや音楽はやっぱりおもしろい!以前住んでいたドミニカ共和国に伝わるアフリカ色の強い踊りとかなり似ていました。ただ、バイオリンを使うところはやっぱりMestizo(スペイン文化との混血)を感じましたが。メキシコにもこんなにもアフリカが強く残っているのかと思うともう、たまらなく行ってみたくなりました、Costa Chicaに。

で。
映画が終わってからは監督とMéxico Negro A.C.の会長を交えての討論会。いやぁ~、これが実に!おもしろかった。
メキシコは人前で意見を堂々と述べることの出来る人が大半で、こういう場でも自分の主義・主張をはっきりかつうまく伝えることの出来る人が多いので、こういう討論会も盛り上がるんですよね。
特に、こういうテーマの映画に興味を持つ人ってのはやっぱ目的意識もはっきりしている人がほとんどだし。

個人的に大変面白いと思ったお話をいくつ書いておきます。
メキシコにアフリカ系の人がいる・・と何度も書いていますが、果たして何人くらいいるのか?これ、私も疑問に思ったことあるのですが、会場でもやはりこの質問をした人が居ました。
で、México Negro A.C.の会長の説明が大変興味深かったのです。
メキシコにおけるアフリカ系の人口・・何人だと思いますか?

答えは・・・

誰もわからないのです。

なぜわからないのか?それは、メキシコでも当然国勢調査をしますが、その際アフリカ系の人たちはメキシコの先住民族Mixtecosとしてカウントされているのです。これ、私はものすごく驚きました。もちろん、彼らはアフリカ系メキシコ人であって、Mixtecosではありません。しかしながら、メキシコ政府そのものがそもそもアフリカ系メキシコ人の存在を認めていないのです。つまり「統計上」彼らは存在すらしていないことになっているのです。

また、いかにメキシコ政府がアフリカ系の血を否定してきたかという例としてメキシコの独立の英雄José Maria Morelos, Vicente Gerreroについて話してくれました。
この二人、メキシコの教科書には必ず出てくるし、あちこちに銅像やら肖像がやらがあるので私も顔はちゃんと覚えているのですが、驚いたことに、この二人とも実はアフリカ系の血が強かったので、顔も黒人の特徴がはっきり出た顔だったのです。でも、メキシコ政府は二人の顔から黒人の特徴を消し去った肖像がを意図的に普及してきたわけです。
morelos

ちなみにこれがよく目にするMorelosの肖像画。ご覧の通りMestizo(スペイン人とメキシコ先住民族との混血)として描かれています。
 
私はメキシコで先住民族に関しても研究しているのですが、先住民族にもありとあらゆる差別がありますが、メキシコのアフリカ系の人々に関してはその存在すら無視され続けてきたのだと今回の討論会で知って強い衝撃を受けました。

もっともっとメキシコのアフリカ系の人々について知りたい、そして知ってもらいたい・・そんな風に強く思いました。


26
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

africala

私は実は大のアフリカ好き。アフリカ(北・東)にしばらく居たこともあります。でもって、アフリカ人(ケニア人・ナイジェリア人)と住んでいたこともあります。

でもメキシコでアフリカを感じることはほとんどないので、とっても楽しみにしていたこのイベント・・第一回アフリカ映画祭 africala
africala 2

africalaとはAfricaとAmerica Latinaを合わせた言葉だそうです。

4月18日から22日までの4日間、メキシコシティーの様々な会場で47の作品の上映会がありました。私は20日と21日の2日間、3つの会場で映画を観て来ました。そのお話を2回に分けて書こうと思います。

まず、第一日。
最初のイベントはEl Colegio de Méxicoでの映画上映会と講演会。africala

El Colegio de Méxicoにはメキシコを代表するアジア・アフリカ研究所があるので、今回のイベントの会場のひとつとなったのだと思います。
ちなみに、写真ですが、左から2番目の方がこの映画祭の事務局長。
その隣にいる方はブルキナファソの映画俳優。そのお隣はスーダンのドキュメンタリー映画を作った監督。また、この日、ブルキナファソ大使もいらっしゃってました。

まずは、アフリカ・ブルキナファソの映画を取り巻く状況について前述の俳優さんが熱く語り、その後コンゴ民主共和国のドキュメンタリー映画2本Congo,que cinema? La memoria del Congo en peligroとブルキナファソの映画La Fespaquitaの上映でした。
が、Congo,que cinema?・・字幕、ないんですけど。・・と、言うことでフランス語なのでほとんど理解できず。でもって、次の会場に行かないといけない時間になってしまったので、残念ながらここで退場。

次の会場はCentro Cultura de España
ここはその名の通りスペインの文化センターなのですが、私のとても好きな場所です。常時何かしらのイベントがあるのでぜひ一度足を運んでみてください。

さて、映画の話。
africalaのHPで調べたのと違う映画になっているではないですか!
うーむ。
まあ、でも、せっかくの機会なのでもちろんみましたが。
Bienvenido Mr.Kaitaというガンビアからスペインに出稼ぎに来た兄弟のドキュメンタリー。

会場は超満員。立ち見も出ました。
africala 3

ここ、音響も良くて内装も素敵なのですが、基本的にライブ用の会場なので映画を観るには・・・字幕が他の人の頭で見れない!

ガンビアというメキシコからは遠い国の状況が良く伝わる内容でした。
africala 4

また出稼ぎと言うテーマは何もアフリカに限った話ではなく、ここメキシコでも大きな問題なのでそういう意味でも身近に感じられる映画でした。ただ、「アフリカ」と言うといつもこういう貧しさや内戦、伝統文化ばかりがクローズアップされるのですが、もちろんそれも「アフリカ」でも、できればもっとアフリカの「今」、アフリカ人の「今」を描いた作品も今後上映されるといいな・・と思いました。

何はともあれ、ここ、メキシコでもアフリカへの関心が高まっていることはとてもうれしいし、今後もこういったイベントが開催されることに期待!

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


25
Category: RECETAS レシピ   Tags: ---

Chile Huacho

ひさびさにメキシコ料理のレシピをUP
その名もChile Huacho
chile huacho

Chile Huacho by chamoy
料理名をクリックしていただくとレシピへとびます。

これ、Guerrero州のZumpangoという街の郷土料理なのですが、こんなマイナーな料理のレシピは当ブログでしかみれません・・って、自慢にならないか(笑)。

この料理、とっても簡単ですが、クミンシードとハラペーニョの辛味がよくあっていておいしいですよ。相方はGerrero州の料理が大好きなので喜んで食べてました。

最近は日本でも生のハラペーニョが手に入るようだし、機会があればぜひお試しを。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


24
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

Museo José Luis Cuevas

キューバネタ第三弾。
今回はJosé Luis Cuevas美術館のお話。と、言ってもJosé Luis Cuevasはキューバ人ではありません。メキシコが世界に誇る画家・彫刻家です。

José Luis Cuevasは1954年にメキシコシティーに生まれました。
早くからその非凡な才能を発揮していましたが、1950年代半ばからは世界的にも認められるようになります。とりわけ1955年にピカソがJosé Luis Cuevasの作品を購入しフランスで展示して以来、ヨーロッパ、アメリカで不動の地位を確立。
Cuevasは孤独・苦悩・不安などをテーマに娼婦・精神異常者・乞食などが描くことが多いのですが、その特異な表現からフランスではenfant terrible(スペイン語ではniño terrible)というあだ名がつきました。
1967年にはNew York Times が「20世紀でもっとも偉大な画家の一人」に選んでいます。

そんなJosé Luis Cuevasの作品や特別展示を行っているのがこのMuseo José Luis Cuevasなのです。

ここはSanta Inés修道院を改装して1990年にオープンした美術館。
入り口を入るとこんな感じです。
cuevas

まずは、Cuevasのエロスをテーマにした展示から。
cuevas 4

この展示、けっこう大胆な性が描かれています。ベッドや浴槽も一緒に展示してあってさらに雰囲気を盛り上げ(?)ます。
cuevas 2

そして、個人的にびっくりだったのが、これ。
cuevas 3

なにがびっくりなの?と思われるかもしれませんが、この絵の下のほうになにやらくっつけてあるのがわかりますか?これ、なんと・・・
「Cuevasの精子」なんです。

この展示以外にもXavier EsquedaのHorizontesという展示もありました。
cuevas 5

さて。
今回も「キューバネタ」と冒頭に書きましたが、それは今回のメインは
Arte Cubano Contemporáneo キューバのコンテンポラリーアート展(1997-2006)
cuevas 7

メキシコでどっぷりメキシコのアートを堪能している私ですが、こうやって違う国のアートを鑑賞するとメキシコのアートを客観的にも見れるし、かつ他の国のアートも楽しめていい機会だと思います。
cuevas 9

私はキューバのお隣、ドミニカ共和国に住んでいたのですが、やっぱりドミニカのアートとキューバのアート、かなり共通するものを感じます。メキシコとはまた違う力強さと色使い。なかなかおもしろいなぁと思いました。
cuevas 8

この展示(キューバのコンテンポラリーアート展)、5月31日までやっているので興味のある方はぜひ。

Museo José Luis Cuevas
Academia13, Centro Histórico
入場料 一般10ペソ 学生5ペソ(日曜日は入場無料)

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


23
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

Cafe La Habana

昨日はキューバを代表するミュージシャンの一人、Silvio RodríguezのZocaloでのコンサートについて書きましたが、今回もキューバ続き。今日はLa Habana・・と、行ってもキューバのハバナではなく、メキシコのハバナ。

Cafe La Habana
la habana

ここは1952年創業の老舗カフェ。
前大統領のVicente Foxや元大統領候補のManuel López Obradorもこのカフェの顧客で、また近くにEl UniversalやExcélsiorと言ったメキシコの新聞社が近くにあるので新聞記者の常連客も多いカフェです。
それだけではなく、ここでFidel Castroなどがキューバ革命の計画を練っていたと言われています。そんな歴史を感じさせるカフェです。

中はこんな感じ。
la habana 2

ここの名物はこれ↓その名もHabanaと言う名のコーヒー。
la habana 3

一見カプチーノと同じですが、Habanaのほうがよりミルクの濃厚な味がします。

ここはお食事もできます。特にEnchiladasやChilaquilesがお勧めです。これは相方の注文したEnchiladas Rojas
la habana 4


おいしいコーヒーとメキシコとキューバの歴史を感じられるカフェです。

Cafe La Habana
Morelos 62

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


22
Category: MÚSICA 音楽   Tags: ---

Zocaloでの無料コンサート

メキシコの中心と言えばZocalo 
zocalo

ここはアステカのピラミッドがあったところでその当時から今に至るまでメキシコ市の中心でありメキシコ人にとって重要な場所なのです。

そんなメキシコの中心でメキシコ市が主催する無料コンサートが頻繁に開催されます。びっくりするようなトップアーティストのコンサートがこんな重要な場所で、しかも無料で行われるのなんて、本当にこの街ってすごいな・・と思うのです。
ちなみに、5月26日はShakiraの無料コンサートが予定されています。

さて。
今回(4月22日)はキューバを代表するミュージシャンの一人であるSilvio Rodríguezのコンサートへ行ってきました。
silvio

雨が降ったりして天気が良くなかったので超満員とまでは行きませんでしたが、逆に雨の中でもSilvioを聴きたいという熱心なファンが集まったのでそれはそれでよかったのではないかと思います。

私自身はTROVAを聴きはじめたのはけっこう前からなのですが、頻繁に聞くようになったのはドミニカ共和国に住むようになってからです。ドミニカ共和国はMERENGUEやBACHATAのイメージの強い国ですが、そこはやっぱりキューバのお隣。キューバからたくさんのミュージシャンが来ているのでTROVAも実はよく聴かれています。

話はコンサートに戻って。
本当に素晴しい音楽はルックスやスタイルの良さ、踊りとかそういうものは関係なく、ギター1本と歌だけで何万、何十万の人の心を掴むことができる・・そんなことを改めて実感させてくれる素晴しい内容でした。

Te doy una canciónを歌い終わると、それまでゆるやかに風になびいていたメキシコ国旗がSilvioの歌に拍手するかのように小刻みに震えていました。それはまるでメキシコの心がSilvioの歌に震えているようでした。

Te doy una canción.
Y digo patria.
Y sigo hablando para ti.

そして、私の期待通り最後はOjaláでZocaloの舞台を飾ってくれました。

メキシコにはたくさんのコンサート会場がありますが、ここZocaloはやはり特別です。
機会があればぜひ一度Zocaloでのコンサートを体験してみてください。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


21
Category: MEXICOスペイン語   Tags: ---

Chilanga Banda

私はこのブログ以外にも・・
ラテン音楽ブログPARA GOZADERA
スペイン語に関するブログA TODO DAR
をやっています。(最近更新が滞りがちではありますが・・)
で、それぞれ別々に書いていたネタではありますが、メキシコに関するものはこのブログにも載せようかな・・と。ま、ネタの使い回しですな 笑。

そんな訳で以前にスペイン語ブログに書いたネタですが、こちらにも。すでにスペイン語ブログで読んでいただいた方、ネタの重複ですがご了承を。今後も多分こんな感じで使いまわししますが、よろしくお付き合いくださいませ。

私はメキシコに4年間住んだ後、ドミニカ共和国へ赴任しました。2年ドミニカ暮らしをして、今はメキシコ出戻り生活を送っています。
ドミニカ共和国のスペイン語はとにかく強烈。最初の1,2ヶ月くらいは同じスペイン語圏から来た私には???な事ばかりでした。

で、メキシコのスペイン語ですが、発音そのものははっきりしているし聞き取りやすいのでなんだかわかりやすいイメージもありますが、実はメキシコでしか使わない単語の数はかなりのもの。ドミニカ共和国にいる頃テレビを観ていたらニュースでこんなことを言っていました。スペイン王立アカデミーによると「その地域でしか使わない独特のスペイン語の数が多いのは「1位アルゼンチン、2位メキシコ、3位キューバ」
このニュースに関してはその後調べなおしていないのでいつ発表されたものかなど正確なことはちょっとわからないので悪しからず。
でも、個人的にはこの結果にはすごく納得。

そこで、今回はメキシコのスペイン語と言うよりも「メキシコ語」とも言える言葉の数々をご紹介。(更に細かく言うとメキシコシティーの人間の話すchilangoñolですが)と、言っても単に羅列しても面白くない・・かな、と思ったので、メキシカンスラングと言えばやはり、これ。

Café TacvbaのChilanga Banda


ちょっと古い曲なのだけど、メキシコのスラングを知るには一番いい曲だと思うのでPVを見てください。
ちなみに、メキシコのスラングと言われるもののほとんどはメキシコシティーの人chilangosが使う言葉で、それが広がって広範囲で使われているものもあれば、メキシコシティーでしか使わないものまであります。

Ya chale chango chilango, 
¡qué chafa chamba te chutas!  
No checa andar de tacuche
¡y chale con la charola!

chale 英語でいうところのno way
chafa 偽物 価値のないもの
chamba 仕事
chutas(chutar) 蹴る 飲み込む
tacuche スーツ
charola 警察のバッジ

Tan choncho como una chinche,
más chueco que la fayuca,
con fusca y con cachiporra
te pasa andar de guarura.

choncho デブ
chueco 違法(の)
fayuca 密輸入
fusca ピストル
pasar gustarまたはdar
guarura ガードマン

Mejor yo me echo una chela
y chance enchufo una chava
chambeando de chafirete
me sobra chupe y pachanga.

chela ビール
chance チャンス 機会
enchufo(enchufar) (異性を)ものにする
chava 女の子
chafirete ドライバー
chupe アルコール飲料
pachanga パーティー

Si choco saco chipote
la chota no es muy molacha
chiveando a los que machucan
se va a morder su talacha.

chipote こぶ
chota 警察
molacha 歯が抜けている状態・人
chiveando(chivearse) 恥じる
machucan(machucar) (車に)轢かれる
morder 賄賂をわたす
talacha 仕事

De noche caigo al congal
'No manches,' dice la "Changa",
'hay chorros de teporochos
y chifla y pasa la pacha'. Pachucos, cholos y chundos
chichifos y malafachas
acá los chómpiras rifan
y bailan tibiritabara

congal 売春宿
No manches 「ふざけんな」
teporochos 酔っ払い 
pachuco 学校に行っていない、又は働いていないでプラプラしている若者
cholo pachucoとほぼ同じ意味
chundo pachuco やcholoとほぼ同じ意味だけど、更にネガティブな意味合いが強い
chichifo ポン引き
malafacha pachucoやcholoの意味プラス危害を加えてくるかもしれないタイプ
chichifo ジゴロ
chómpiras 泥棒 スリ
rifar 支配する 優位に立つ


Mi ñero mata la bacha
y canta La Cucaracha
su cholla vive de chochos
de chemo, churro y garnachas.

ñero compañeroの省略形 amigoの意味
bacha マリファナの吸殻 吸いさし
chochos ドラッグの一種
chemo シンナーの一種
churro マリファナ (または魅力的な人)
garanachas 道や屋台などで売っている食べ物

Transando de arriba a abajo
¡ahi va la chilanga banda!
Chinchin si me la recuerdan,
carcacha y se les retacha.

transando(transar) 詐欺 いかさま
chinchin chingue a su madre si・・・の省略形 もし~なら・・と条件付けて脅す言葉
carcacha おんぼろの車
retacha 戻る・戻すこと 返品

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


20
Category: MÉXICO的LOHAS   Tags: ---

チョコミント!なリップクリーム

前回に引き続き手作りコスメネタ。
久しぶりに作って使ってみると手作りコスメはやっぱり効果が違うし、安心感もある。それに経済的!そして何より、私にとってはやっぱり作る過程自体がとっても楽しいことなんだと再確認。

そんな手作りだからこそ楽しめる♪と思えるレシピをご紹介。
ちょうどリップクリームが切れていたのでどんなリップクリームにしようかな・・と。なんとなくココアバターが使いたい気分。それだったらいっそのことこんなの、おもしろいんじゃない?と思ったのがこれ。
チョコミントフレーバーのリップクリーム。
chocomintchocomint 2
見た目からしてもう、チョコレート!においもまさにチョコレート!
作り方はとっても簡単です。

材料 (出来上がり約10ミリ)
ホホバオイル 小さじ1
ココアバター 2グラム
蜜蝋 2グラム
ココア 小さじ4分の1
ミント精油 1滴

作り方
①精油以外の材料を耐熱ビーカーに入れ湯煎で溶かす(60度から70度くらいの温度で溶かします)
②リップケースやジャーなどに入れ、固まる前に精油を入れてまぜてそのまま冷やして固めたら出来上がり。

*レンジでチンしてもOKですが、焦がさないように注意が必要。湯煎の方が失敗なしでお勧めです。ただし、お湯や水が入らないように注意してください。
*ミント精油はお好みで。入れなくてもOKです。

さて。
出来上がりを試してみると・・
チョコの甘い香りとミントの清涼感がいい感じ。そして、ココアバターとホホバオイルのコンビも唇の上でのびがよくてこれもいい感じ。
なんだかぬるのが楽しみになるリップクリームです。
メキシコはカカオの原産国。なのでメキシコらしくもあるこのリップクリーム、プレゼントしても喜んでもらえそうです。


ハンドメイドコスメに化粧品基材  ココアバター30g

ホホバオイル・ゴールデン (未精製) 70ml 【生活の木 アロマ キャリアオイル】

ミツバチからとれる天然ワックスビーズワックス 蜜ろう 50g

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


19
Category: MÉXICO的LOHAS   Tags: ---

効果絶大!

ここのところずっと手作りコスメを楽しむ時間と余裕があまりなく、市販品で済ませていたのですが、やっぱりダメですね。市販品。

メキシコシティーは今乾季で晴れ続きなのはいいのだけど、ただでさえ乾燥しているのでよけい肌に悪い。で、紫外線も強いし。

そんなこんなでお肌も髪の毛も悲惨な状態に。
やっと時間の余裕もできたので早速手作りコスメ再開。

今日はまずは髪の毛なんとかしなければ!と言うことで私が一番効果があると思っているトリートメントをご紹介。
tratamiento

色を見てお分かりかもしれませんが、そうです。卵黄トリートメント。

作り方は・・
卵黄1個にキャリアオイルを大匙1そしてお好みで精油2滴ほど加えるだけ!簡単!
キャリアオイルはホホバ、スイートアーモンド、オリーブなどお好みで。私はやっぱり髪の毛には椿油を使うことが多いです。私の髪質にはよくあっているし。で、精油はローズマリー。
これでヘアパック。15分くらい置いて後は普通にシャンプーしてください。

もう、サラサラ、ツヤツヤです。1回で即、効果あり。
市販のトリートメントって高いし、それほど効果あると思える商品って出会うことがないんですよね。でも、このトリートメント、すぐ家にあるものでできて、おまけに安い!

メキシコの水質、乾燥、紫外線でやられた髪の毛もこれで回復。お試しあれ。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


18
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

Casa de los Azulejos 青タイルの家

メキシコシティーには数多くの見所がありますが、その中でもとりわけ私が好きなのがこのCasa de los Azulejos 青タイルの家
azulejos 5

メキシコシティーの中心、Bellas Artesのすぐそばにあります。
これはMadero通りから写したもの。
こちら↓は5 de Mayo通りから写したもの。
azulejos 2

Azulejosとは青いタイルの事で、アラビアからスペイン・ポルトガルへ伝わり、そしてスペインからメキシコへ伝わりました。
azulejos 3

私はこのAzulejosが大好きです。イベリア半島へはまだスペイン語が出来ないころに行ったのですが、ポルトガルですっかりこのAzulejosに魅せられてしまいました。
azulejos 4

メキシコへ来て再びAzulejosをたくさんみる事ができて本当に幸せです。ちなみにメキシコではPueblaと言う街を中心ににタラベラ焼として伝わりました。このタイルもPueblaのものだそうです。

Casa de los Azulejosは16世紀に建てられたもので、以前はEl palacio Azulとも呼ばれていたそうです。
実は日本ともご縁のある所なのです。伊達政宗の家臣であった支倉常長率いる慶長遣欧使節団が日本からローマへ渡る途中、メキシコに立ち寄っているのですが、1614年にこのCasa de los Azulejosに宿泊したそうです。
支倉常長について書かれた遠藤周作の「侍」
侍
遠藤 周作


Amazonで詳しく見る

ぜひ今度日本に帰国した際に読みたいと思っている一冊です。

支倉常長をはじめとする日本人の目に当時のメキシコはどう映ったのでしょうか・・そんなことを考えながらこの美しい建築を眺めるひと時が私は大好きです。

Casa de los Azulejosは1919年からSanbornsと言うミニデパートのようなお店の本店として営業しています。いろいろな物を売っていますが、中にはレストランもあります。
azulejos

Sanbornsのレストランは日本で言えばファミレスのようなものなので、料理は「可もなく不可もなく」と言ったところですが、お食事よりもこの雰囲気を味わう価値はあると思います。
azulejos 7

階段も見ごたえあり。
ちなみにこの壁画はメキシコを代表するSiqueirosによるものです。
azulejos 9

azulejos 11

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、天井にも見事にAzulejosが使われています。
azulejos 10

これ↓は二階の一部を写したもの。
azulejos 8

こちらは上からレストランを眺めたところ。
azulejos 6

レストランも含め無料で見学できますので、ぜひメキシコシティーへおこしの際はお立ち寄りください。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


17
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

Plaza Santo Domingo

メキシコシティーにはたくさんのPlaza(広場)がありますが、そんな中で私がおもしろいなぁと思うのがここPlaza Santo Domingo

広場の名前の主はこの教会Iglesia de Santo Domingo
santo domingo 2

1736年に建設されたバロック建築の美しい教会です。
santo domingo

この広場には他にもPortal de Evangelistasがあるのですが、ここにはいっぱい印刷屋さんが軒を連ねています。
一軒普通の印刷屋さんですが・・・
ここを歩いていると¿Qué buscas?何を探しているの?とか¿Factura?請求書か?なんて声を必ずかけられます。

どういうことかといいますと・・・
ここらへんの印刷屋さんはあっという間に不正請求書を作ってくれます。つまり、経費などをごまかすにはちゃんと請求書を提出しないといけないのですが、それを手伝ってくれるわけです。請求書だけじゃなくてありとあらゆる「不正な」書類を印刷してくれます。例えば大学卒業証明書とか。ここにくればあっという間にあなたも大卒に(笑)。
まあ、これもメキシコ。

さて。
このPlaza Santo DomingoはZocaloからわずか2ブロックほどだし、周辺に見所も多い場所です。
で。一息入れたいな・・という時にぴったりなカフェも教会のすぐそばにあります。
santo domingo 3

ここ、特にメキシコ的と言うわけじゃないんですが、逆になんだか日本にいるかのように落ち着くところです、私にとっては。
santo domingo 4

店内はとっても清潔で、音楽もボサノバとかかかっていることが多いです。(これ、メキシコではあまりないので貴重)カフェだけじゃなくてお食事も出来ます。
santo domingo 5

席によっては教会の眺めを楽しめる席もあります。
santo domingo 6

ここでの私のお気に入りはチャイ。私、コーヒー大好きですが、チャイも大好き。ここのチャイ、ちょっと甘めなのですが、この味なんか懐かしい・・と思ったらケニアで飲んでいたチャイによく味が似ています。(ケニアもインド人が多いのでチャイは良く飲まれています)

うーん。こんなところでケニアを思い出すなんて。なんかおもしろい。

このエリア、散策するには面白いところです。一度足を運んでみてください。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


16
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

通りすがりに・・

家具を買ってしまいました↓
mueble 1

ちょっとそこまでバナナを買いに行ったのですが(笑)まあ、自力で持って帰れる大きさなのですが、通りすがりに家具を買うのはこれで2回目。前回は自分一人ではもって帰れない大きさの家具だったのだけど、相方が運んでくれたので。

日本じゃ、普通通りすがりに家具買ったりしないと思うのですが、メキシコってけっこうその辺の道端でいろいろなものを売っているし、あと、売り歩いている人が多いので、思いがけず気に入ったものに出会って買ってしまう・・なんてことがけっこうあります。

でも、反面、そんなもん通りすがりには買わんやろー・・と突っ込みたくなるものも結構売ってたり。

地方都市に住む友人から聞いた話ですが、彼女が歩いているとふいに「マリンバ買わない?」と言われたそうです。
これがマリンバ↓

マリンバとはメキシコの代表的な楽器でまあ、木琴だと思ってください。大きさはいろいろですが、でも、木琴を通りすがりに買う人、いますか?(いや、居るものかもしれない 笑)

私の目撃した「そんなもん、通りすがりに買わんやろー」と言うのでは、黒板があります。けっこう大きい黒板を売り歩いていたのですが、それをみて「あ、そういえば黒板買わなきゃ」と思い出す人はいるのでしょうか?(いや、居るのかもしれない 笑)
あと、枕をたくさんぶら下げながら売り歩いてたり。黒板にしても枕にしても一箇所に留まって売ったほうがいいんじゃないでしょうか・・と心の中でつぶやいてみました。

ま、でもいろんなものを売り歩いてくれると便利といえば便利。

そして、お!これはいいかも!と思うものに出会ったら躊躇せずに買うべし。まあ、今度でいいか・・なんて思ったらもう2度と出会えない可能性、メキシコって高い気がする。

人も物も一期一会ですな。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


15
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

映画の舞台・・だったのね。

すでにXicoの街についてはここに、Xicoの食に関してはここに書きましたが、意外な事実に気がついてしまいました!

Xicoで「イノセントボイス」と「アマロ神父の罪」が撮影されていたんです!!うーむ。全然気がつきませんでした(汗)。
アマロ神父の罪アマロ神父の罪
ガエル・ガルシア・ベルナル カルロス・カレラ アナ・クラウディア・タランコン


Amazonで詳しく見る


イノセント・ボイス~12歳の戦場~イノセント・ボイス~12歳の戦場~
カルロス・パティジャ ルイス・マンドーキ レオノア・ヴァレラ


Amazonで詳しく見る


あ、collateral damageも撮影されてたみたいですが。・・これも意外。

CoatepecでGael Garcíaの写真を見かけた話をここに書きましたが、これであの写真の謎が解けました。(↑大げさ)XicoとCoatepecはすぐそばなのでXicoで撮影しているときにあのレストランカフェにも行ってたんですねー。「アマロ神父の罪」・・ドミニカ共和国に住んでたころに見たので、けっこう前に観たのだけど、その時「どこで撮影したんだろう??」と思ったのですが、Xicoだったんですねー。もう一度Xicoの景色を思い出しながら作品を観てみたいな。

以上、Xicoにまつわる映画の小ネタでした。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


14
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

地震、ありました。

13日の金曜日。
夜12時20分にマグニチュード6.3の地震がありました。
あの、私、気がつかなかったんですが。
いや、寝てなかったんですけど。起きてました。あれ?

この後午前3時ごろと4時ごろ余震があったのですが、なぜかこの午前3時ごろの地震は感じたんですよねー。でも、震度1か2のたいしたことない地震だ・・と思ったので特に気にも留めてなかったのでニュース見てびっくり。

メキシコシティーの一部はパニック状態に。
クアウテモック地区では20%の家などに電気がなかったそうです。

そういえば以前仕事でPolancoの高層ビルに居たとき、地震があったのですが、同じく地震国日本から来た私にとってはどうってことない程度だったのですが、周りのメキシコ人は一目散に避難!
ふと窓の外を見ると周りの高層ビルから避難した人たちでいっぱい。
同じ地震国と言っても私とメキシコ人の反応のあまり物違いにびっくりしました。

メキシコ市は85年に大地震があってものすごい大惨事だったので、今でもメキシコシティーに住んでいる人の記憶には強くこの地震が残っているようです。

今回の地震ですが、震源はゲレロ州なんだそうです。が、9時台にもまた地震があったそうで、そちらはミチョアカン州が震源なんだとか。

今回大きな被害もなかったのでよかった。
メキシコは地震国だったんだな・・と思い出させられました。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


14
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

絶品!

Xalapaを拠点にCoatepecとXicoに行った時のお話しをいろいろ書きましたが、今回はXicoの「食」のお話。Xicoの街に関しては既にここに書きましたが、XicoはXalapa近郊にある小さな街ですが、ここの料理や名産品はメキシコでもトップクラスのおいしさなのです。

Xicoの名物料理は以前にも書きましたがMoleですが、他にもいろいろ名物料理があります。
例えば・・
enchiladas de nata
xonequi
chiles chipotle rellenos
Chileatole
などなど。あとニジマス料理も有名です。

今回はXicoの料理をお手ごろな料金で楽しめるお店をご紹介。
地元の人に教えてもらったこのお店の名前はAcamalín
acamalin

このレストラン、多分普通の民家を改装したようで、入り口は行ってすぐのところは殺風景なのですが、いくつか部屋があってそれぞれ内装がおもしろかったです。
acamalin 2

まずは前菜としてGordaitasが出てきました。
acamalin 3

ここのSalsa,すっごく!おいしかったです。特にこのSalsa Verde(緑のSalsa)絶品!

さて。
今回私が注文したのはまずXonequiという豆のスープ。
なんだか私のとった写真、まずそうだったので(苦笑)ベラクルス州のHPからお写真借りてきました↓
Xonequi

Xonequiと言うのは黒い豆のスープにXonequiと言う名の野菜(葉っぱ)とあとトルティーヤをつくるmasaで作ったお団子が入ってます。
このXonequiは独特の香りがあってそれがスープの味を引き立ててます。
お団子がとってもおいしかった!

次はchile relleno
acamalin 7

たいていchile rellenoはchile poblanoで作りますが、この辺ではchile jalapeñoかchile chipotleで作ります。
また、一般的には中身はチーズかミンチなのですが、この辺では牛肉を細かくさいたものにレーズンなどが入っていてとってもおいしい!!
acamalin 8

トルティーヤにのっけてSalsaをかけて食べたのですが、今までメキシコで食べたchile rellenoの中で一番おいしかったです。

ああ、大満足。本当においしかった!
ぜひ、このおいしさをXicoで味わってください。

Alcamalín
Carranza 40
(228)8-13-02-85


13
Category: BEBIDAS 飲み物   Tags: ---

Coatepcのオーガニックコーヒー

もう、コーヒーネタはいい!と言われそうですが(苦笑)、やっぱり書いておかないと気がすまない(笑)。

Coatepecの街の紹介カフェの紹介は既にしましたが、今回は肝心のコーヒー豆に関して。

Coatepecの街んはたくさんのコーヒー豆を売るお店がありますが、今回ご紹介するのはCafe R.Opoch
cafe organico

ここはコーヒー博物館もあってコーヒーについていろいろ学べる場所でもあります。残念ながら私が行った時は時間が遅くて閉まっていましたがお店の人にいろいろお話を聞けました。
cafe organico 2

これはこちらではcafe verdeと呼ばれる生豆です。
cafe organico 3

ここは豆も買えるし、ここでコーヒーを飲むことも出来ます。
cafe organico 4

で。
ここの豆ですが、お店の人が言うには「Coatepecではたくさんコーヒーを売っているところがあるけど、100%オーガニックなのはうちだけ!」なんだそうです。
cafe organico 5

これがその豆。いい艶してます。
ちなにみお値段は1キロ70ペソ(約700円)。オーガニックとしてはかなり安いです。どうせ飲むならオーガニックの方がやっぱりいいと思うし、値段もかなり安めの設定なのでCoatepecで豆を買うならここがお勧めです。アテンドしてくれたお店のおばちゃんもとても気さくな方でした。(ただし、後から出てきたもうひとりのおばさんはすんごい感じ悪かった!こんな感じ悪い人にあうのは久しぶりだわ)

さて。
実際にうちに帰ってからこの豆を挽いて飲んでみました。
味の感想はといいますと・・
非常にさわやかな味。苦味はほとんどなく、軽めでほんのり甘みを感じました。香りも豊かで後味もすっきりしていて飲みやすいと思います。

Cafe R.Opoch
5 de Mayo 66 Esq.Allende
(228)816-0707

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


12
Category: MEXICOお店 地方編   Tags: ---

Xalapaのお勧めレストラン3 Cafe Lindo

Xalapaのお勧めレストラン第三弾。
Café Lindo
cafe lindo

朝8時から営業しているので朝ごはんを食べに行ったのですが、ここは夜はライブをやっていてまた雰囲気が全然ちがうんですよね。夜のほうが活気があります。
cafe lindo 2

ここも朝のセットメニューがいろいろあります。
私が頼んだのはこれ↓Huevos motuleños
cafe lindo 3

これって確かYucatán料理だったと思うのだけど、バナナのフライがついてくるところがveracruzっぽい。ボリューム満点。

今度は夜ライブを聴きながらまったりしたいなぁ。

Café Lindo
Primo Verdad 21
8am-11pm


テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


11
Category: MEXICOお店 地方編   Tags: ---

Xalapaのお勧めレストラン2 La Casona del Beaterio

Xalapaのお勧めレストランの第二弾。
La Casona del Beaterio
la casona

店内には古いXalapaの写真が飾られています。
la casona 2

また小さなパティオを眺めながらお食事できます。
la casona 6

今回は朝ごはんを食べました。
la casona 3

セットメニューがいろいろあって私が頼んだのはこれ↓VeracruzではこれをPicadasと呼びます。(シティーあたりではSopes)
la casona 5

おいしかったけど、朝ごはんには脂っこすぎたわ。
la casona 4

静かな落ち着いた雰囲気の中でお食事を楽しめるレストランでした。
朝のセットメニューはお手ごろ価格でお勧めです。

La Casona del Beaterio
Zaragoza 20
8am-10pm

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


10
Category: MEXICOお店 地方編   Tags: ---

Xalapaのお勧めレストラン Cafe Chiquito

Xalapaは本当に素敵なレストラン・カフェが多くてどこに行けばいいのか迷うほど。そんな数あるレストランの中で一押し!なのがこのCafé Chiquito
たまたま歩いていてこの看板を見てしまいました↓
cafe chiquito

バイキングで35ペソ!安い!と反応してしまいました。
で、お店の名前を見て、「あ、評判のいいレストランのひとつだったような・・」と思い出しました。

すごくおなかがすいていたので(笑)即決。

中は結構広くて、こんな素敵なパティオもあります。
cafe chiquito 2

cafe chiquito 3

まずは、こんな前菜が運ばれてきました。これはメキシコシティーエリアではGordaitaと呼んでいるもので、中に豆のペーストが入っています。35ペソのバイキングとは言え、手を抜いていません。揚げたて!おいしい!

まずはサラダ類。
cafe chiquito 4

私の好物サボテンのサラダもありました。ちなみに飲み物も2種類あってもちろんお代わり自由。
おなか一杯になりそうなので頼みませんでしたが、スープもおいしそうでした。
cafe chiquito 5

こんな感じでメインやスープがありました。cafe chiquito 7

あまりきれいな写真じゃないけど、メインディッシュ。牛肉の赤ワイン煮とかチキンミートボールのマスタードソースとか、ちょっとメキシコ料理じゃないような洗練された感じでした。もちろん他にもメキシコ的なものも(お肉とサボテンを唐辛子ソースで煮込んだものとか)ありましたが。どれもとってもおいしかったです。

で。更に手を抜いていないのがトルティーヤ
cafe chiquito 6

手作り&焼きたてを運んできてくれます。

これだけ食べて35ペソ(350円)は安い!そしておいしかった~。
あとたまたまかもしれませんが、アテンドしてくれたウェイターさんがとってもいい感じの人で◎

もし、Xalapaに行かれることがあればCafé Chiquito、お勧めです!

Café Chiquito
Bravo 3
7:30am-10:30pm

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


09
Category: MEXICOお店 地方編   Tags: ---

ときめく。

引き続きXalapaのお話なのですが、今回は街の紹介やコーヒーのお話からいったん離れて雑貨のお話。

私はメキシコの伝統的な民芸品が大好きなのだけど、民芸品に限らずメキシコのポップな雑貨も大好きです。今回のXalapa旅行でそんな私の心をわしづかみにしたお店と雑貨をご紹介。

お店の名前はTierra Verde
tierra verde 7

オリジナルのTシャツも販売してて、このにわとりのデザイン、好きだわ。
tierra verde 8

店内にはFrida KahloやLucha Libre(メキシコのプロレス)をモチーフにした雑貨がたくさんありました。
tierra verde

tierra verde 6

メキシコと言えば、骸骨グッズ!大好きなんですよね~。
tierra verde 3

tierra verde 4

これ、ちょっとわかりにくいですがマッチ箱なんです。う~ん、かわいい。
tierra verde 5

観ているだけで飽きない雑貨の数々。
もし、Xalapaに行くことがあったらよってみてください。場所はCallejón Diamanteにあるのですぐわかると思います。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


08
Category: HOTELES ホテル   Tags: ---

コーヒーの宿

まだまだ続くコーヒーづくし(笑)。
どうせならとことん行きます!と、言うことで泊まるところもコーヒーで。

今回はXalapaを拠点にしていたのでHotelもXalapaに。Xalapaには落ち着いた素敵なコロニアル調のHotelがいくつかあるのですが、今回私が泊まったHotelをご紹介。

それがこのPosada del Cafeto
cafeto

コーヒーがテーマの今回の旅にぴったり。素敵なパティオを囲むようにお部屋があります。
cafeto 3


ここは観光にも便利なところにあるのですが、静かな通りにあるので騒音もなく本当にゆっくりできます。

お部屋はこんな感じ。
cafeto 4

バスルームも広くて、とにかく清潔感あふれてます。
cafeto 2

お部屋からの眺め
cafeto 6

小さなレストランも併設されています。

個人的にポイントが高かったのがこれ。
cafeto 5

コーヒーのサービスなのですが、使っているコーヒーがEl café-Tal Apanのコーヒーではないですか!ここにも書きましたが、El café-Tal ApanはCoatepecにある博物館でもあるコーヒー農園。そこのコーヒーを使っているところにこだわりを感じました。

ちなみに、コーヒーのお味のほうですが、うまい!です。ここのコーヒー。基本的に私は酸味の強いコーヒーは苦手なのですが、そんな私でもうまいと思える香りと際立つ酸味。バランスもよし。機会があればぜひ、このEl café-Tal Apanまで行ってみたいものです。

さて。
気になるHotelの料金ですがシングル350ペソでダブル420ペソ、ツイン470ペソ(1ペソ10円くらいなので350ペソ=3500円くらい)とお手頃。(2007年4月現在)
とってもお勧めのHotelですが、やっぱり人気があるのでできれば予約されることをお勧めします。

Posada del Cafeto
Dr.Canovas 8
Tel (228)817-00-23

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


07
Category: MEXICOお店 地方編   Tags: ---

コーヒーづくしを味わう

Coatepecのご紹介はすでにここでしましたが、Coatepecはコーヒーの一大産地なのであちこちからコーヒーのいい香りが漂ってきます。たくさん素敵なカフェやレストランがあってどこに行こうか悩むのですが、そんな中から今回は前から行ってみたかったCoffinoへ行ってきました。
coffino

中に入ってみるとこんな感じ。
coffino 5

別の角度から。
coffino 9

奥には素敵なパティオがあってそちらでもコーヒー、お食事を楽しめます。
coffino 10

coffino 8

ここの売りはなんと言ってもコーヒー料理!コーヒーをデザートに使うのはよくありますが、お料理に使うというのは珍しいと思います。さすが、コーヒーの街、Coatepec.
でも、Coatepecと言ってもコーヒー料理を出しているのは珍しいようです。

どんなコーヒー料理かと言うと・・
Pollo en salsa de café
鶏胸肉とパプリカを炒めてコーヒーソースで絡めたもの

うーん。コーヒーソース。どんな味なんだろう??意外と香ばしくっておいしいかも。
ぜひ食べてご紹介したかったのですが、すでにおなかいっぱいだったので残念ながらコーヒーだけ飲みにきたんですよね・・う、中途半端なレポートですが(苦笑)。

と、言うわけでコーヒー。
coffino 6

カップアンドソーサーもかわいい。ただ、コーヒーのお味の方は私の好みの味ではなかったです。あと、値段が高い!お料理の方はそれほど値段は高くないのですが、コーヒーの値段はかなり高めの設定でした。
でも、こんな素敵な雰囲気でゆっくり味わえるのなら妥当なお値段かな。ま、雰囲気代も含まれるということで。

鳩もリラックス?
coffino 7

十分満喫したのでそろそろ行くか・・と思い最後に店内の写真を撮っていると・・
coffino 2


ん?????
coffino 3

あ!Gael君ではないですか!!
えーー!このお店に来たことあったんだー。わ、すごい発見。って、なんか思いっきりGael Garcíaの追っかけ状態ですな(笑)。

と、言うわけでこのお店に来ればGaelにも会えます。

Coffino Caffe&Restaurante
月~日8:30-22:30
Jimenéz del Campillo 17, Col.Centro Coatepec,Veracruz

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


06
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

食通の街 Xico

Xalapa,Coatepecに続いてご紹介するのはXico
この街はCoatepecから8キロほど行った所にある人口2万人程度の小さな街なのですが、この街、食通の間では有名な街なのです。当然、食い意地の張った私はぜひとも行ってみたいと思っていた街、No.1がこのXicoだったんですよね。

食べ物だけではなく、この街も美しいコロニアル都市で周辺には美しい自然があるのでけっこう観光客も多く訪れているようです。事実、XalapaからXicoへの道は花が咲き乱れていて本当に美しかったです。

まずは街の中心となる教会。
xico

小さな街なのにずいぶん立派な教会です。青い空に良く映えていました。
xico 2

教会の中も見ごたえがありました。
xico 3

教会の前にはメインストリートがあります。そのメインストリートに名物の食品やレストランなどが並んでいます。
xico 4

この街の名物料理はたくさんあるのですが、その中でも特に有名なのがMole MoleといえばPueblaやOaxacaが有名ですが、ここのMoleはそこまでの知名度はありませんが食通の間では有名なのです。
街中にたくさんのMoleのペーストを売るお店があるのですが、一番有名なのがここ。
xico 6

このお店のトレードマーク、なんかかわいい。
xico 7

実はこのMole、以前にメキシコシティーでVeracruzフェアーに行った時販売していて思わず購入した経験あり。なので、なんだか久しぶりの再会のような気分。
xico 5

他のお店でもしっかりMoleを購入。で、お店の人にこのMoleについてや他の食材について質問していたのですが、とても面白いお話をいくつか聞くことが出来ました。
どういうお話かと言うと、Mole Xiqueño(XicoのMole)は甘さに特徴があって、その甘さは主にプルーンの甘さである・・と言うことは知っていたのでそのことを言うと、「確かに、その通り。他の特徴としてはバラの花びらを使っていること」・・えーーー。Moleにバラの花びら!それはすごいなぁ~と関心。

で!バラの花びらで急に思い出したのです。そういえばメキシコ映画にComo Agua para Chocolateというなかなかいい映画があるのですが、この映画かなりメキシコ料理に関するシーンが多いのです。その中で主人公が作るメキシコ料理の秘密がバラの花びらを使うことだったんですよね。なので、この映画、「赤い薔薇ソースの伝説」というなんともすごい邦題がついていたんです。と、言ってもこの映画をみたのずいぶん前だし、当時スペイン語もできず、まさかメキシコに住むことになろうなんてまったく想像もしていなかった頃なので果たして「バラを使ったソース」がMoleだったのかどうかははっき記憶していないのですが。うーむ。また観ようかな。
でも、バラの花びらを料理の隠し味に使うなんてなんて贅沢で素敵。そして、思いもよらないところで映画のシーンと自分の現実の世界がつながるなんてこれまた素敵。
ちなみにこの映画、メキシコ映画100選にも選ばれているいい映画なのに日本ではDVD化されてないんですね・・。残念。機会があればぜひ見てください。
Como agua para chocolate
Como agua para chocolate


そして、肝心のXicoのお料理ですが、これはレストランの紹介もかねてまた後日(なんか最近このパターンばっかり 笑)。でも、本当にここで食べた料理は今までメキシコで食べた料理の中で間違いなく!トップクラスでした!

そのほか、この街の名物はリキュール類とパン。リキュールもぜひ買いたかったのですが、重いのでまた次回に。でも、ちゃっかりいろいろ試飲はしてきました。xico 9

リキュールの代わりにパンやクッキーをいろいろ買い込みました(笑)。xico 8

さすが食通の集う街Xico 食べ物の話ばかりになってしまいましたが、Xicoの魅力はそれだけじゃないので、ぜひまたゆっくり来たいと思ってます。7月にお祭りがあるようなのでその辺りにできたら戻りたいなと思ってます。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


05
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

コーヒーの香り漂う街

前回はXalapaの街の紹介でしたが、今回はCoatepecをご紹介。そもそも、前回も書いたけど、今回の旅行はCoatepecとXicoへ行くことが目的だったのでCoatepec行きはとっても楽しみにしていました。

CoatapecはXalapaから15キロほどの距離にある街で人口5万人ほどの小さな街ですが、コーヒー栽培でとても有名な街です。
いたるところにコーヒーの文字や絵を見かけました。
coatepec 3

コロニアル都市で美しい街並だけでも訪れる価値のある街のひとつだと思います。
coatepec 2

とは言え、Lonely Planetですらほんの数行しかとりあげていなかったし、事前にあまり調べる時間もなく、いくつか行きたいと思っていた場所の住所は持っていたものの、地図がない。でも、こういう時こそ逆に地元の人に積極的に話をする機会もできるし、全然しらない場所を探索するのは大好き。

早速行きたい場所の住所をその辺の人に言ってみた。
が、誰も知らない状態。ありゃ。でも、親切に探してくれたのがうれしかったけど。

うーむ・・と思ったらいいタイミングでツーリストインフォメーション発見。Veracruz州自体、観光にかなり力を入れているけど、Coatepecはさらに力が入っているようで、立派な地図やらなんやらをいただいた。

で。
それを頼りに行きたかったMuseo La Mataへ行ってみたら・・閉まってた。悔しいけど看板の写真だけ。
coatepec 6

最初Semana Santa(イースター)だからかな・・と思ったけど、実は午後2時までだったのです。ここは19世紀に操業していたコーヒー工場の跡を利用したコーヒー博物館。当時アメリカ大陸でもっとも大きな工場だったそうで、今も当時の機械を見学することが出来ます。今回見れなかったので、次回、出直します。

ちなみに、CoatepecにはこのMuseo La Mata を含め、3つのコーヒー博物館があります。
あと二つはMuseo El Café-Tal ApanとMuseo Café Opochで、両方ともネタを仕入れてきたのでまた後日この話は書こうと思います。

Coatepecはコーヒーの街ですが、蘭の街でもあります。
ちょうど蘭の展示即売会のようなものをやっていたので目の保養に。
coatepec 8

値段は聞かなかったけど(買っても私には育てられないし)日本で買うことを思えばかなり安いと思います。もちろん日本へ持って帰るのは無理ですが、メキシコ在住の方なら何とかなると思います。

その後とっても素敵なレストラン・カフェに行ってきました~。カフェのご紹介は改めて。
ちょっとお天気が悪かったのが残念でしたが、ゆったりしていてもっと居たくなる素敵な街でした。
coatepec 4

歩いているとちょっとおもしろい教会を発見。色使い(赤と白)と言うのも斬新ですが、面白いと思ったのはすぐとなりがCruz Roja(赤十字)なんですよねー。なので、教会の十字架も赤い色なのですが、すぐ隣にも赤い十字の救急車が(笑)。
coatepec 5

こちらも目を引く鮮やかな色の教会
coatepec

Coatepecはおいしい料理を出す素敵なレストランやHOTELがあるので出来れば一泊はしたいなぁ・・と思いました。近いうちにまた絶対!来ます!!

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


04
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

魅惑のXalapa

メキシコは只今Semana Santa(イースター)。正確に言うと今年のSemana Santaは4月5日の木曜日から8日の日曜日まで。国民の大半がカトリック教徒のお国柄、Semana Santaはお休みです。とは言え、学校などは前の週の週末からお休みになるところが大半で、働いている人でもお休みをとってこの時期に旅行に出かける人が多く、行楽地は人だらけ。
逆にメキシコシティーはいつもの喧騒が嘘のように静かになります。もちろん教会へ行ったり宗教行事に参加したりする人もたくさんいますが。

私も10連休だったのでメキシコシティーを脱出して、Veracruz州の州都Xalapaを拠点にお出かけしていました。
Xalapa 9

私はVeracruz州が大好きでよく出かけているのですが、Xalapaはこれで2回目。初めてのXalapaは仕事で行ったのですが、これがもう、キョウレツ・ゲキレツなお仕事で、ぐったり。
まあ、いいホテルに泊まって接待でいいレストランでおいしいものをご馳走になったし、観光名所にも言っているのですが、それも仕事のうち。あまりにも仕事が激烈すぎて正直Xalapaの印象自体は薄かった・・のです。

じゃ、なんでXalapaに行こうと思ったかと言うとそれはXalapaを拠点にしてメキシコのコーヒーの一大産地であるCaoatepecそして、メキシコの食通の間では名の知れたXicoでうまいもんを食いたい・・と言うコーヒー狂と食い意地を満たすための旅行だったわけです。(笑)

Coatepecと Xicoの話は後日、たっぷりするとして今回はXalapaをご紹介。

XalapaはVeracruz州の州都で大学もあることから文化学園都市と言った感じでとても落ち着いた街です。また外国人用のスペイン語コースもあるのでこの街でスペイン語留学というのもいいのではないかと思います。治安もいいし、日本人はほとんどいなさそうなので落ち着いてスペイン語を学べそう。あと、Xalapaは料理がとってもおいしいんです!メキシコ料理が好きな方には本当にお勧めです。

Veracruzはコーヒーの産地として有名ですが、とりわけXalapaはすぐ近くのCoatepecでコーヒー栽培が行われている為、コーヒー文化が根付いています。街中にはカフェがいたるところにあます。

Xalapaはコロニアル都市で古い建物がたくさん残っています。個人的には建物を眺めているだけでも飽きなかったです。
Xalapa 5

特に、Ursulo Calvan通りに古い建物が残っていてちょっとした散策にお勧めです。Xalapa 6

なんだかどことなく以前住んでいたドミニカ共和国の首都Santo Domingoにも少し雰囲気が似ている通りもあったり。↓
Xalapa 7


Xalapa 8

これは教会なのですが、なんと1772年に建設を始めていまだにその途中。うーん。そんなに複雑な建築様式には思えないのですが・・。

別の角度から。
Xalapa 10


ここは坂の多い街で町の中心にあるこの広場もその坂をうまく利用していて面白いつくりでした。これはその広場からの眺め。
Xalapa


広場には美術館やすぐそばにも近代的な図書館があったり、さすが、文化都市。またXalapa周辺にはすばらしい自然があってアウトドア・エコツーリズムでも有名です。4月7日には第一回サイクリングフェアーを実施するそうでその宣伝も見かけました。
Xalapa 2


この街にはいくつか路地を利用したカフェやお店があって、一番有名なのがこの、Callejón Diamante
Xalapa 11

ここにたくさんのカフェやレストラン、お店が集まっています。

ここは高原気候で過ごしやすいのですが、けっこう晴れていたと思ったら雨になったり・・と言うこともあるようで、時期にもよると思うのですが私の滞在中も大体午前中はとてもいい天気で午後になると曇ったり、雨が降ったり。なので、午前中に出かけて、午後はゆっくりカフェですごすのがいいのかもしれません。カフェ巡りが趣味の私にはたまらない街です。カフェに関してはまた後日ご紹介したいと思います。

今回すっかりXalapaに魅せられてしまいました。ああ、こんな街に住みたい。(←またはじまった 笑)

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


02
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

Hostería La Bota

メキシコにはたくさんお酒を飲みに行く場所はあるのですが、けっこう男の世界なので女の子だけで、または女の子が一人で気軽に飲みに行ける場所って意外と少なかったりします。そんな中、私の気に入っているこのお店Hostería La Bota
la bota 2

見ているだけで飽きない店内のデコレーション。
la bota 3

トイレもおもしろいんですよ~。
la bota 4

ここはスペイン料理もあって気軽に生ハムとかpan tomateなんかをつまみに一杯飲むのに最適。しかも、かなりお手ごろ料金。お昼はセットメニューもあり。


ここ、お店の人も感じいいです。
なんだかメキシコにいる感じがしないのですが、こういうのも居心地良くて好きです。

Hostería La Bota
Regina 48A(Callejón de Mesonesとの角)
火曜日13:00~20:30 水曜日~土曜日13:00~01:30
日・月定休

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


01
Category: MEXICO生活準備   Tags: ---

メキシコ住居探し

メキシコに長期で滞在することが決まったら一番気になるのは住居探しじゃないかと思います。私の場合、地方都市(Cuernavaca)とメキシコシティーで何回も住居探しを経験したのですが、今回は主にメキシコシティーでの住居探しに関して書いてみようかと。

住居のパターンとしては
①アパートなどを借りて一人暮らし
②アパート・一軒家を友人などとシェアする
③アパート・一軒家などの一室を間借りする
④ホームステイ
と、いったところだと思いますが、今回は①アパートなどを借りて一人暮らしに関して

まず、メキシコでは日本のように不動産屋を通して探す・・と言うのは一般的ではありません。もちろん不動産屋はありますが、不動産屋を通して探すような部屋は家賃が一桁違うと思ってください。つまり、ほぼ高級な物件ばかり。

じゃあ、どうやって探すのか・・と言うお話ですが、だいたい下記のパターンになります。
①インターネットや新聞などの「アパート貸します」情報を見てコンタクトを取る
②掲示板などに張ってある情報を見る
③自分が住みたいと思っているエリアを歩いて空がないか探してみる
④口コミ

だいたいこんな感じじゃないかと思います。どの場合も直接大家さんと話をして決めることになります。

まず、①ですが、このサイトで探す人が多いです。便利で無料でチェックできるのでかなり人気のサイト。希望地域や家賃などを選択して「renta(賃貸)」を選べば自分の希望に近い賃貸物件のリストがでてきます。ただ、利用者が多いのでいい物件は本当にすぐ決まってしまうようです。でも、だいたいの相場を知るのにもいいサイトじゃないかと思います。

②に関しては地下鉄の3号線Universidad駅のUNAMへの無料バスが出ているところに大きな掲示板があってここにもいろいろアパートを貸しますとかルームメイト募集とかの張り紙があるのでUNAMで勉強する人にはいいのではないかと。他にも人が集まるところにはけっこうこの手の張り紙があります。

③これは、ある意味一番いいんじゃないかと思うんですよね。ま、めんどくさいですが物件を見る前に実際に歩いてみるとその地区の事(治安やスーパーの有無とか)も良く見えてくるだろし。けっこう空物件情報がみつかったり。

④メキシコはやっぱり「コネ」社会なので、誰かの紹介なんかだと話はまとまりやすいですが、そういうのがなければやっぱり地道に①~③の方法で探すしかないですよね。

さて。
借りるにあたって気をつけたほうがいいことは・・
①契約書の有無
②契約期間
③電話回線の有無
④光熱費
⑤治安対策
⑥交通の便
⑦大家さんの人物像

・・・と、言ったところでしょうか。
①ですが、アパートなどを借りるときは通常契約書にサインをすることになりますが、その時、契約書はきっちり読んでちゃんと理解しておくこと。スペイン語に自信がない場合は友人・知り合いなどに頼んで訳してもらったほうがいいと思います。あっさりサインして後で「話が違う!」となってもサインしてしまっていたら覆すのは難しいですからね。逆に大家が何か変なことを言ったり、したときの証明にもなりますし。ちなみに、契約には通常fiadorとういわゆる保証人が必要な場合があります。

②これは大家さんによってかなり融通が聞く人もいれば、最低半年以上という大家さんもいたり。私の住んでいるところは1ヶ月から貸していますが、だいたい半年くらいからが多いようです。最初はあまり長期間で契約しない方がいいと思います。

③やっぱりネットできないと困る!と言う人は私を含めて多いはず(苦笑)。もちろん電話回線以外でのインターネット利用もできますが、やっぱり電話はあったほうがいいかと。
なので、最初から電話回線が付いている物件の方が楽ではあるのですが、電話回線つきのところやっぱり物件が少ないのと、回線ある場合別途保証金を要求される場合もあります。また、その物件から退去する時、電話料金の支払いが済んでからしか保証金などは帰ってきませんが、これ、けっこう時間がかかるのでメキシコ国内での引越しならいいのですが、例えば日本に帰国・・・なんてときにはちょっと面倒かもしれません。

④できれば、電気・ガス・水道代金込みのところのほうがいいと思います。これはお金の問題だけでなくて、日本のように自動引き落としとかないのでいちいち支払いに行かなければいけないのでかなりめんどくさいのです。しかも、請求書が来ない(届かない)事も多くて、支払期日が過ぎていることに気がつかないで電気などを止められた・・と言う話も聞きます。

⑤治安に関してはまず、そのエリアの治安がどうなのか、と言うこととその物件自体のセキュリティーはどうなのか(警備員がいるかとか鍵はどうなのかとか)・・と言うことをチェック。アパートなどの場合一階は避けたほうがいいと言われています。

⑥学校や会社へのアクセスも重要。例えば少し遠くてもバスや地下鉄の始発・終点駅ならば座っていけるのでそのほうが断然楽。あと、乗換えの数や治安の悪いエリアを経由していないかなども重要。

⑦これは、もう、運と相性の問題でもあるのだけど、実はかなり重要なポイントなんじゃないかと。幸い、今の大家さんはすごく対応が早くていい大家さんなのでとても助かってます。でも、大家さんが嫌なタイプだと思った以上にいろいろなことで揉めるし、退去する時も嫌な思いをすることが多いので大家さんの人物像も物件選びのポイントだと思います。

以上、メキシコ生活の何かのお役に立てば幸いです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



3

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。