A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 08 2007

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30
Category: RECETAS レシピ   Tags: ---

Salsa de Cacahuate

メキシコ料理に欠かせないSalsa(ソース)Salsaと一言で言ってもものすごい数のバリエーションがあります。作る人によっても味も異なるしとっても奥が深いものです。

で。
私もその日の料理や気分でいろんなSalsaを作りますが、今日ご紹介するのはピーナッツを使ったSalsa de Cacahuate
salsa de cacahuate

Salsa de Cacahuate by chamoy
↑クリックしていただくとレシピへ飛びます。
このSalsaはChile de Árbolと言う唐辛子を使いますが、これは鷹の爪でも代用できるので日本でも作れます。
これがそのChile de Árbol けっこう辛味は強いです。
salsa de cacahuate 2

これ、相方の大好物なのでこのSalsaがあるだけで相方的には満足のようです。このSalsaはメキシコ料理以外でも醤油やマヨネーズ、味噌なんかとも相性いいので和え物やサラダのドレッシングやたれ、ディップなどにも使えるし、ナンプラーなんかとあわせて東南アジア風ってもいけます。チャーハンやビーフンとかにちょっと入れるとピーナッツの香ばしさが加わっていい感じに。冷やし中華なんかにもいいかも。

冷蔵庫ならけっこう日持ちするのでメキシコ料理に限らず作っておくと便利かと思います。

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


28
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

Tlacoyos

メキシコ・・特にメキシコシティーは道に屋台がいっぱいあってたくさんの人が立ち食いしてます。ちょっと小腹がすいたときに食べたくなるのがTlacoyos これはメキシコシティーを代表する道端の食べ物だと思うのでご紹介。と、言っても今回は道端で食べたのではなく、日曜日のブランチに作ってみました。
tlacoyos

たいていTlacoyosはMaíz Azul(またはMorado)で作るのでこんな色です。中には豆のペースト・空豆のペースト・カッテージチーズなどが入ってます。今回は豆のペーストで作りましたが、個人的には空豆のペーストが一番好きなので外で食べるときはいつも空豆です。

上にはたいていサボテンのゆでたものの他に香草やチーズ、あとはSALSAをたっぷりかけていただきます。大体6~8ペソくらいかな。

今回は自宅で作りましたが、あんまり家で作って食べるものではないかな。でも、簡単だし今回みたいに日曜日のブランチにお勧めです。

ちなみに。
今回はスーパーで買ったとうもろこし粉を利用。
tlacoyos 2

これだと好きなときに作れるので便利。
tlacoyos 3

中身はこんな感じ。

メキシコシティーへ起こしの際は庶民の味Tlacoyosもお試しを。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


26
Category: RUINAS 遺跡   Tags: ---

TEMPLO MAYOR

忙しくて週末くらいしかBLOGをUPできない状態ですが、ボチボチUPしていくつもりなので今後もよろしくお付き合いください。

ちょうど1ヶ月ほど前、日本に帰国する友人がまだTEMPLO MAYORに行ってないとのことだったので私も一緒に行くことに。もちろんTEMPLO MAYORには以前に行っているのだけど、なんせもう何年前のことだったか記憶も定かでない状態で(苦笑)、多分私には新鮮に映るに違いないと言うことで同行。

TEMPLO MAYORとは日本語に訳すと大寺院と言うような意味になりますが本来の名前はHuey Teocalliと言ってメキシコシティーのまさに中心にあるアステカの遺跡Tenochtitlan, 大神殿の一部。
templo mayor

この遺跡は、今世紀初頭に行われた地下鉄の工事中にその一部が発見されていましたが、その当時は重要視されずしばらくそのまま放置され、その後偶然出土した8tもある石版が、アステカ神話の中でも重要な位置を占める月の神Coyolxauhquiであったことから、本格的に発掘作業が始められ、1987年の発掘完了と同時に一般公開が開始されたそうです。
templo mayor 2

この写真はチャクモールの石像です。ここに生贄が捧げられていたわけです。
templo mayor 3

こちらはツォンパントリの祭壇・・どくろマークがいっぱい。

この遺跡では2人の重要な神の存在があげられます。
1人は戦いと死の神 Huitzilopochtli
もう1人は雨と農耕の神 Tlaloc

この遺跡は何度も増築を繰り返されてますが、最初の建築は1390年に開始されたと言われていて、ピラミッドの高さは30メートルに達していたと言われています。残念ながらかなり破壊されてしまっているのでその姿は復元模型などから想像するしかないですが。

この遺跡には博物館もあります。主にこの遺跡から出土されたものを中心に展示されています。
templo mayor 4


templo mayor 5

いつも思うのですが、メキシコのこういう仮面、どこか日本的ですよね。
templo mayor 6

これ↑なんかかわいい。
templo mayor 7

個人的にはこういう↑展示の仕方が目を引きます。
templo mayor 8

これも↑なんかかわいい。
templo mayor 9

展示は人類学博物館ほどではないしちょっと地味かもしれないけど、けっこう充実しているように思います。

Zócaloのすぐそばなのでメキシコシティー散策で立ち寄るのもいいと思います。

Templo Mayor
Semanario 8
火曜日~日曜日 9時から17時
月曜休み

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


21
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

El Búfalo de la Noche

メキシコ映画が好きな私。前から気になっていたDiego Luna主演で、Gullermo Arriaga脚本のEl Búfalo de la Nocheが金曜日から公開になったので早速観に行ってきました。
el bufalo

グレゴリオは精神病を抱える22歳。恋人タニアと親友マヌエルに支えられ入退院を繰り返す日々。しかしタニアとマヌエルは次第に惹かれ合い、グレゴリオとマヌエルの友情は砕け散る。時は過ぎ、完治を認められ治療を終えたグレゴリオとの友情を取り戻そうとマヌエルは試みるが、その2日後、グレゴリオは不可解な幾つもの謎を残して自殺。タニアとマヌエルはその謎解きに挑むことに・・・。『バベル』のギジェルモ・アリアガ脚本・製作、ディエゴ・ルナ主演、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナが設立したCANANA FILMS配給の超話題作、日本初上陸! LATIN BEAT FILM FESTIVAL HPより

この映画、アカデミー賞脚本家Guillermo Arriagaの作品なのですが、彼は今までAmores Perros,21 gramos,BabelでGonzáles Iñárritu監督と組んで来ましたが、ご存知の通り、決別。この作品がその決別後の第一作と言うことで話題になってました。
el bufalo 2

結論から言うとどうも中途半端。狙いすぎて外した・・って感じでした。悪くはないのですが、かと言って今までの作品のような強烈なインパクトはなかった。まだこれから観る方も多いと思うのでストーリーに関してはあえて書きませんが、舞台がメキシコシティーと言うのもあるのですが、どこかAmores Perrosに通じる部分があるように思えます。

Arriagaいわくこの脚本は主演はDiego Lunaしか考えていなかったそうですが、彼の演技自体はよかったと思いますが、脇を固める俳優陣は・・どうかな・・。

個人的にはArriaga抜きのGonzáles Iñárritu監督作品も早く観てみたいですね。

さて、なんとこの作品、もうすぐ日本で開催されるLATIN BEAT FILM FESTIVALで上映予定なんですね~。びっくり。これはArriagaのアカデミー賞効果なのかDiego Luna人気なのでしょうか?
ちなみにメキシコからは以前私が絶賛したEl Violín とこれまた私の大好きな作品であるEl Laberinto del FaunoそしてDiego Lunaの初監督作品J.C.CHAVEZが上映されます。東京・大阪で開催予定なので日本の皆様、El ViolínとEl Laberinto del Faunoは是が非でも観にってください!この3作品はすでにブログで取り上げてます。El Violínに関してはここに、El Laberinto del FaunoはここにそしてJ.C.CHAVEZはここに書いてますのでよかったらそちらも読んでください。

いやぁ~、日本でもメキシコ映画がもっともっと評価されてほしいもんです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


12
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

メキシコシティー通勤風景

充実の研究生活も終わり、今は勤め人生活の私。自分の研究と関連のある業界にすんなりもぐりこめたのはかなりの幸運だったと思う。この業界、ただでさえ入るのが難しいので、こんなにすんなり行くなんて予想外。業界を問わず、日本でもそうだけど、ここメキシコで自分の希望や専門性を活かした仕事に就くのはかなり難しいんですよね。

そんなわけで、仕事に就くまでは運がよかったのだけど、問題なのは通勤。同じメキシコシティー内とは言ってもここは世界一の人口を抱える大都市。私は市の南西に住んでいるのだけど、勤務先は距離的には多分20キロ程度だと思うのだけど、公共交通機関のアクセスが悪いエリア(=金持ちばっかりなのでみなさんお車で移動)なので時間がすごくかかる。おまけに悪名高いメキシコシティーの交通渋滞。でもって、今は雨季なのでこれまた雨降り出したらすごいことになる・・と、言うわけで行きは1時間半。帰りは2時間もかかっております、通勤に。
職場の人(日本人)に「え!2時間?それって自転車で?」と言われた(笑)。自転車じゃ車に轢かれて到着すらできないような(笑)。

ま、日本でも通勤に片道2時間って人はけっこう居るのだけど、メキシコシティーの方がいろいろ疲れるわけですよ。
私の場合、バスと地下鉄使っての移動だけど、地下鉄の混み具合も半端ではありません。東京出身の友人いわく「東京よりひどい」んだそう。

そんな地下鉄通勤で日本人(と、言うか外国人)の目を引くのは・・・
女性のお化粧。もちろん日本でも通勤・通学途中にお化粧する人居ますが、メキシコ女性のお化粧を見ていて驚くのは、なんとスプーンでまつげをカール!と言う訳でかなりの率でメキシコ女性のバッグにはスプーンが!スプーンのあのカーブがなんともいいらしい。私には真似できない・・(苦笑)。

もうひとつメキシコの地下鉄通勤で目を引くのは女性専用車両。これはラッシュ時(朝・夕方)のみですが、2車両ほどが女性専用になります。
そんなの日本にもあるよ!といわれそうですが、実はメキシコシティーが女性専用車両を導入したのは日本よりもはるかに前。世界初だとか世界で2番目に早かった・・などなど耳にしたことがあります。実際世界で何番目の導入だったのか正確には知りませんが、導入がかなり早かったのは事実。
ま、それだけ働く女性が多いのか、ラッシュがすさまじいのか、痴漢が多いのか・・多分全部だと思います。
たまに男性が女性専用車両に乗ろうとしたりするとたいていブーイングが起きて男性は降ろされます。

なかなか巨大都市メキシコシティーで生き延びるのは大変なのです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


06
Category: MEXICO見所 D.F.編   Tags: ---

メキシコの新しい世界遺産

仕事が忙しく、なかなか更新する時間のない今日この頃。本当は今日も日曜にもかかわらず出張にでる予定だったのだけど流れたので一日家事をして、その後まったりネットしている状態。けっこうこういう休日も好きだったりします。

日本に一時帰国している間、日本でもメキシコの話題がいくつかあったと言う話を前々回書きましたが、ひとつはメキシコ人Carlos Slimが世界一のお金持ちになったと言うお話を既に書きました。で、今回はメキシコに新たな世界遺産が登録されたお話。

その場所はメキシコ国立自治大学(Universidad Nacional Autonoma de Mexico、UNAM)の中央キャンパス「大学都市」
UNAM


メキシコ国立自治大学(Universidad Nacional Autonoma de Mexico、UNAM)の中央キャンパスが広がる「大学都市(University City)」は、1949-52年にかけてメキシコシティ(Mexico City)に、60人を超える建築家と技術者、芸術家によって建造された。その結果、同キャンパスはメキシコ先住民の伝統、特にスペイン人による征服以前の伝統様式をも垣間見れる20世紀モダニズムの珍しい一例となっている。ユネスコの世界遺産委員会は「中南米における最も重要なモダニズムの象徴の一つ」と評価。・・なんだそうです。

メキシコ人とこの話をすると「世界遺産に登録されてさらに入学希望者が増えるんじゃないかな」と言ってました。この大学にはCEPEと呼ばれる外国人用のスペイン語コースもあるので日本人も多くいる学校ですが、そちらのほうも入学希望者が増えそうですね。

UNAMは大学としてもメキシコトップクラスだし、建物眺めているだけでもそのすごさが伝わってくるようなところです。でも、ちょっと前に学生数を見たら26万人!って、それってどうよ?と思う数ですよね。教職員などなどを含めれば30万人くらいかな?文字通り立派な「大学都市」ですよね。
学生相手の安い食事などにありつけるし、観光がてら、学食などを食べてPUMAS(UNAMのプロサッカーチーム)グッズなんかを買う・・なんていうのも面白いと思います。

ちなみに。
UNAMは大学なのでもちろん見学は無料です。(ただし、平日のみになりますが)地下鉄3号線の終点Universidadから無料のバスが大学構内を走っています。学部によってはCopilco駅のほうが近い場合もありますが、いずれにしても巨大な場所なので目的地をしっかり確認してから行かれることをお勧めします。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
27
29
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。