A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 10 2007

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


31
Category: DÍA DE MUERTOS   Tags: ---

OFRENDA 死者の日のお供え

前回の日記でOFRENDA(死者の日のお供え)について少し書きましたが、今日はそのOFRENDAの紹介。

メキシコは地方色の豊かな国ですが、OFRENDAは大体花(ゴールドマリー・毛糸草)やパン、MOLEなどの食べ物・飲み物などですが、OFRENDAにも地方によって違いがあります。地方だけではなくて先住民族によっても違います。

去年の死者の日はメキシコシティーから1時間ちょっとのTOLUCAに行っていました。TOLUCAは観光都市ではないし、それほど観るものがあるわけじゃないのですが、死者の日はたくさんの死者の日関連のグッズを売るお店が出るし、なかなか華やかです。

で、そんな光景を友人と楽しいんでいるとOFRENDAの展示があったのですが、これがメキシコ州に居住している先住民族のOFRENDAでそこにいた人が丁寧に説明してくれました・・が、どれがどの先住民族のものだったか忘れてしまいました(汗)
ofrenda de toluca

この案内してくれた方はOtomíの方だったのですが、実はすごい人で後日またお会いすることになったのですが、他の先住民族代表の方々も皆さんとってもきさくでいい感じの方々ばかりでした。

さて。
後日、当時まだ研究生だった私はアルゼンチン人の教授とこの死者の日の話をしているとTOLUCAのOFRENDAは他の場所でのOFRENDAと違ったか・・と聞かれたので「違った」とこたえると「どう違った?」と聞かれ、うーん。違うのだけど何がどう具体的に違うって言えばいいのか・・と考えていると、さすが文化人類学の教授。「メキシコ州のOFRENDAはパンは山積みになっているのがあったでしょう」といわれて、あ、そうそう!それが違うって思ったんですよねー。うえに載せた写真にもパンが山積みになっている写真がありますが、このスタイルはメキシコ州以外でもあるかもしれませんが、全国的なものではないのです。

もし、いろいろな場所のOFRENDAを観る機会があれば違いを意識してみるのも面白いのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


30
Category: DÍA DE MUERTOS   Tags: ---

メキシコで一番好きな日

私がメキシコで一番好きな日・・・それはDIA DE MUERTOS死者の日です。「骸骨祭り」とでもいえるくらい、死者の日が近づくと骸骨のオンパレード。特に砂糖でつくった骸骨が街中に並びます。
dia de muertos

他にもチョコレートやアマラントという粟のようなものでつくったものもあります。

死者の日は日本のお盆に当たる日で、死者の魂があの世から戻ってくると信じられています。日本と違うのは「死んだ人はあの世で楽しくしている。だから現世に生きる自分たちが悲しんでいてはいけない」と言う考え方があって、お墓でパーティーしたりして、楽しくお墓で過ごします。もちろんひっそりとお墓参りして故人を偲ぶ人もいますが。

そして、「死後の世界」は楽しい・・と思っているので、骸骨たちは楽しそうに描かれています。
dia de muertos 2

私はこのメキシコ的なお盆が大好きで、死んでからもこうやって自分のことを楽しく思い出してくれるんだったらメキシコで死んでもいいかな・・と思ったり。

またこのブログでも紹介しますが、他にもOFRENDAといって、故人の写真や故人が好きだったものなどのお供えをきれいにデコレーションします。この時期、メキシコでは各地でこのOFRENDAコンテストなんてのも開かれます。

本当に見ていて飽きないし、この時期メキシコに旅行に来るのもお勧めです。私はOAXACAかMICHOACANなどに行くのを楽しみにしているのですが、この地方は今でも伝統的な死者の日の行事をしています。
dia de muertos 3

死者の日のお楽しみはまだあって、これはPAN DE MUERTO死者のパン
この時期、山ほど売られています。私の好物でもあります。
けっこうシンプルな味なのですが、その分飽きが来ない。これをChocolate(ホットチョコレート)と一緒にいただくのが好きです。
他にもOAXACAなどでは死者の日に特別用意する料理があります。それも楽しみなのですよね。

ぜひ、11月1・2日はメキシコへ。

*今日の日記は以前別のブログに書いたものを少し手直ししてUPしました。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


28
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

メキシコの冬の始まり。

27日で夏時間が終わり、本日28日から冬時間になりました。それにあわせてか、本日、尋常じゃない寒さ。前々回の日記にも書きましたが先週の火曜日にメキシコ全国が一気に急に寒くなったのですが、土曜日の午後には一転。半そでの人もかなりいたくらい暖かい一日に。
こんな感じにいい天気でったんです。(これは通称Angeloito 独立記念塔)
ANGEL

それが、今日になったらこれまたドェーーーと言うくらい寒い。遂に気温はマイナス・・だったんじゃないかと。
外出しようと思ってドアを開けた瞬間、思わず閉めてしまいました。
だって、本当に寒かったのです。タートルネックのセーターに厚めのコート、マフラーの完全装備でも、それでも寒いなんて・・お、恐ろしい。

話はサマータイムに戻りますが、メキシコはご存知の通りサマータイム制をとっています。夏は一時間早くなり、冬時間になるとそれが1時間戻るわけですが、毎年実施日は変わりますが、必ず土曜日から日曜日にかけて変更になるんですよね。思うに、これが日曜から月曜にかけてだと、絶対に会社・学校に遅刻する人が続出・・そんな被害(?)を防ぐべく土曜日から日曜日にかけて実施して「おまえら日曜日のうちに時間変わったの気づいとけよ」と言うことなのでしょう。

でも、日本もサマータイムは結局大反対ですぐなくなったし、ドミニカ共和国も昔住んでいたアリゾナもサマータイムは導入していないんですよね。でもって、個人的にはこのサマータイム制、反対です。メキシコでも反対意見は多いです。
そもそも、本当に省エネになっているのかもかなり怪しいですしね。
それに、本来なら夏の日照時間が長いと言うのを利用するなら逆に夏に1時間遅らせて日照時間を有効に使った方がいいと思うんですが??

それにしても、雨季が終わって喜んでいたのもつかの間。これからまた寒~いD.F.生活かと思うとけっこう悲しいのですが、これから11月の死者の日、クリスマス、Reyes Magosとイベントが続くので街はきれいでメキシコ人の心はあったかくなる季節ですね。そういう私も死者の日が大好きなので、この時期は好きだったりします。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


27
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

日本の味に感激。

メキシコ(及びラテンアメリカ全般)ではケーキはかなりこってり甘め。個人的には甘いのはまあ、許す。だけど、メキシコのケーキであんまり好きじゃないのはスポンジが重いこと。日本の繊細なケーキが食べたい・・でも、ここはメキシコ。

そんな私に朗報。
メキシコでも日本のケーキが食べれる!日本から呼んだパティシエが日本で食べるのと同じようなケーキを作っているのです。

と、言うことで行ってきました日本料理レストランMUSUME
MUSUME

MUSUMEって名前もどうかと思いますが(失礼)、外見上とても日本のケーキがあるとは思えない感じ。ここは月・火・水曜日に180ペソでお寿司食べ放題をやっていて、なかなか好評のようです。でも、私は寿司よりケーキ!と言うことで前からここのケーキがすっごく気になってたのですが、「人気があるので3時ごろまでに行かないと売り切れ」なんてうわさも耳にしていたのです。3時までって、仕事を早退するしかないなと 笑。それに1個や2個だけテイクアウトってのも気が引けるな・・と思ってなかなか行けないままだったのですが、ちょうど友人宅に行くことになっていたので手土産にいいかなと思って行ってみました。

お店に入ってみると・・
MUSUME 2

おお!ケーキだ!日本のケーキだ!

テイクアウト用の箱も日本っぽい。
とりあえずメニューも見せてもらいました。
MUSUME 3

テイクアウトだとだいたい1個20ペソ前後とお値段も良心的。
イチゴショートと抹茶ロールケーキはMUSTかと。そのほかにも買ってもって行ったのですが、気がついたときにはイチゴのショートだけ残ってました 笑。
MUSUME 4

まあ、私はイチゴショートが食べたかったのでいいのですが。さて、肝心のお味ですが、想像していたスポンジ生地とはちょっと違ったのですが、でも、おいしい!うん、これは日本のケーキだ。

うーん。幸せ。今度は違うケーキも味見したい♪♪

MUSUME
Nilo 71 Col.Juárez Zona Rosa (メキシコ観光のすぐそば)
1PM-11:30PM

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


25
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

寒い!

今週の火曜日、メキシコシティーの気温がいきなり下がりました。それまでけっこう暖かい日が続いていたので油断していた分、本当に寒かったです。

木曜日(25日)なんて朝の最低気温が1度!1度ですよ、1度!

・・ここメキシコだよね?

メキシコシティーは標高2200メートルあるので確かに高原独特の朝晩の冷え込みは厳しいところなのですが、それにしても1度って。
これもやっぱり昨今の気候変動問題なんですよね。メキシコの大気汚染が地球温暖化にも大きく悪影響を与えていると言われてますしね。

確か去年も11月に同じようにものすごく冷え込んだことがありました。
そのときはまだAjuscoエリアにいたので、なんと気温-3度!今回も多分同じようなもんだと思いますが、引っ越して本当によかった。私、寒いの苦手なのです。なのでドミニカ共和国の気候の方が私向き。今月Méridaに出張に行ったときも熱帯気候のほうが体が喜んでいるのを実感。来月も多分出張なので心待ちにしてます 笑。

この急激な冷え込みで地下鉄の構内なんかではダウンジャケットの叩き売り(笑)なんかも目立ちました。

そんなわけでメキシコシティーへご旅行予定の方は防寒対策をお忘れなく。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


17
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

フラミンゴに会いに

今回で一応Méridaのお話は一旦おしまい。今回の出張のメインであるRía Celestúnについて書きたいと思います。

ユカタン半島はピンクフラミンゴが見れることで有名。特に最近のエコツーリズムのブームもあってMéridaからアクセスのよいRía Celestúnにフラミンゴ鑑賞ツアーがたくさんあります。
celestun

で、私の仕事と大きき関わっているので行って来ました。仕事ですよ、仕事!(笑)
celestun 2

Celestún市につくとすぐにこのフラミンゴツアーをやっているところに着きます。
celestun 3

ツアーは1時間コースと2時間コース。料金は1時間コースで500ペソ。一人500ペソなのではなく、ボート一台で500ペソです。確か8人だか10人くらい乗れるので人数が多ければ安いですが、少人数だとけっこう高くつきます。
celestun 4

説明を見ていると、お!日本語が!そんなに日本人ってくるのかしら?と思って聞いてみると昨年メキシコで世界水フォーラムを開催して、皇太子が来墨しているのだけど、なんとここにもいらっしゃったそうです。それで私の仕事関係者が日本語での作成を手伝ったのだとか。
celestun 5

ビジターセンターは建物は立派でしたが展示はもうちょっとがんばって欲しい気がしますが、観光客の中にはじっくり見ている人もいました。
celestun 6

さて。いよいよ、出発!
celestun 7

この辺はとにかく暑いのですが、ボートの上では風が気持ちよくって快適。やっぱり自然の中に出るのは気持ちがいいもんです。
celestun 8

おお!今回のメインのフラミンゴ発見!でも、デジカメのズームだとこんなに小さい・・。実際に目で見るともうちょっと近くに感じますが。でも、こんな写真じゃ、わかんないよ・・と言われそうなので、こちらをどうぞ↓
flamenco

あと、なんか水が汚そう・・と思われるかもしれませんが汚くにごっているわけじゃないんです。こちらの写真を見てもらえば実は透明なのがよくわかるかと。
celestun 9

水がこういう色なのは実はマングローブのせいです。この辺のマングローブは赤マングローブなのでマングローブからタンニンが出て、それで赤く染まるんですよね。
celestun 9

こんな感じにすごく赤いのです。

ちなみに。10月・11月は潮が高い時期なので、フラミンゴをはじめいろいろな水鳥は水深が深いとえさがとれないので別の場所に飛んでいってしまいます。なので、この時期はフラミンゴの数が減るのであまりお勧めではありません。

Méridaで遺跡や歴史に触れる旅もいいですが、メキシコの豊かな自然を体験する旅もお勧めです。個人的にはツアーの方がいいと思いますが、レンタカーでも簡単にアクセスできます。バスだと1時間に一本くらいMérida-Celestúnを走っているようです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


16
Category: HOTELES ホテル   Tags: ---

夢のHOTEL HACIENDA

メキシコにはHACIENDAと呼ばれるところがたくさんあります。HACIENDAとは日本語に訳せば「荘園」といったところですが、要は大農場に建てられた豪華なお屋敷。私が住んでいたMorelos州にもHACIENDAS AZUCARELAS「砂糖荘園」と呼ばれるHACIENDAが複数あります。
これらの荘園は公開されているものもあれば個人所有で非公開の所もありますが、最近こういった18・19世紀に建てられたHACIENDAを豪華HOTELに改装しているところが多く、世界中からHACIENDAに泊まりにくる人がたくさんいます。日本でも雑誌で取り上げられたりして、一部では注目されているようです。

さて。
今回出張でMéridaに行ってきたのですが、Méridaから2時間くらいの所に出かけた帰り道。思ったより予定が早く終わってしまって飛行機まで時間がありすぎ・・って感じになってしまいました。そこで、先方が気を使ってくださって近くにあるHACIENDA SANTA ROSAへ行きましょう・・と言うことに。

ついてみたらなんとここは有名なHACIENDA HOTELでした。
santa rosa hariawase

ああ、私もこんなところ泊まりたい。HOTELの方が親切に案内してくれました。ここはTHE HACIENDASと言ってユカタン半島にある5つのHACIENDAをひとつの会社がマネージメントしているとのことでした。Méridaから1時間くらい離れた田舎の村にこんな豪華なHOTELがあるなんて・・ちょっと驚き。そして「日本人の方もよくお泊りになります」というHOTELの方の言葉にもっとびっくり。

Méridaのあるユカタン半島にはこういったHACIENDAがたくさんありますが、それはこのエリアが19世紀末から20世紀初頭エネケン景気で大儲けした農場主がたくさんいたからです。エネケンというのはテキーラの原料でもあるMAGUEY(竜舌蘭)から取れる繊維。これが良質のロープの原料として高値で取引されていたのです。Mérida市内でもMONTEJO通りの大邸宅もエネケン景気によるものが多数です。

その後、幾人もの手に渡りながら現在は豪華HOTELになっているところが多数。きれいに保存される一方、すべてが「商品」となってしまうのは悲しいと言う声も聞きます。「保存」すると言うのもなかなか難しいところもあるのが現実ですが、エネケン御殿でひと時の「夢」を見てみたいものです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


15
Category: LIBROS 本・雑誌   Tags: ---

本で垣間見るMundo Maya

まだまだ続きますMérida編。
私はかなりの本好きなのですが、メキシコに住み始めた頃は本屋の少なさにがっかり。でも、ドミニカ共和国のようにまったく!と言っていいほど本を読む文化のない国からメキシコに戻ってくるとメキシコがなんだか出版大国のように思えるからすごいものです。
読書量はそりゃあ、日本人にはまったくかなわないと思いますが、メキシコ文学は素晴らしいものがたくさんあるし。

で。
Méridaを散策していると本屋さんが目に付いたので入ってみました。
MéridaということでMaya文化を意識したものがいくつかありました。その中でもっともとっつきやすそうなのがこれ↓
libro maya

ユカタン料理のレシピ本。日本なんかでは材料を手に入れるのが難しいと思いますが、ユカタン料理は独特なものが多いので眺めるだけでも楽しいです。

お次はこれ↓
libro maya 2

マヤの聖典「ポポル・ブフー」・・と、言ってもこれが発見されたのはお隣のグアテマラですが、Mundo Mayaで考えるとユカタンもマヤ文化に入ります。日本語訳されたものが日本だと手に入るのではないかと思いますが。

そして、ちょっとお勉強。
libro maya 3

マヤ語の辞書。私は先住民族の言語を学んだことはないのですが、メキシコのスペイン語の中にはナワトル語をはじめ先住民族の言語からすペイン語化した言葉がたくさんあります。
そういえば、先日スペイン語通訳さんとお話しているとスペイン語でハリケーンのことをhuracánと言いますが、これはマヤ語から来ていると言うお話を聞きました。こういうのを聞くと確かめないときがすまない私はさっそく調べてみると確かにそういう説もあるようですが、スペインのReal Academiaはこの言葉はタイノ語が語源だとしています。タイノといえば以前住んでいたドミニカ共和国の先住民族なのですが、いづれにしてもカリブ海周辺で生まれた言葉なのだと思います。

更にこんな本も。
libro maya 4

マヤ語の文法書。こういうのに興味を持つ人はあまりいないかもしれませんが、他の地域ではあまり手に入らない類のものなので、Méridaでいろいろ見てみるのも面白いと思います。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


14
Category: RECETAS レシピ   Tags: ---

Comida Yucateca 手作り編

またまたComida Yucateca (ユカタン料理)に話は戻ります。
Méridaで買ってきた食材で作った2品のレシピをご紹介。
まずはハバネロ唐辛子の酢漬け
habanero escabeche
ハバネロ唐辛子の酢漬け by chamoy
(↑レシピ名をクリックしていただくとレシピへ飛びます)

メキシコではいろいろな唐辛子の酢漬けを作りますが、今回はここでも紹介したMéridaの市場で買ってきたHabaneroを使って作ってみました。日持ちがするので生のHabaneroが手に入ったら作ってみてください。いろいろな料理の薬味になります。
arroz yucateco
Arroz Yucateco by chamoy
(↑レシピ名をクリックしていただくとレシピへ飛びます)

お次はユカタン料理に欠かせないachioteを使った米料理。これ、個人的にはかなり気に入ってます。味的にはジャンバラヤにも似ているし、ドミニカ料理で大好きなMoroにも似ています。簡単で見た目にもきれいだし、achioteさえ手に入ればお勧めの一品です。

ちなみにachioteはこんな感じでペーストになっているものがメキシコならどこのスーパーでも売っています。
achiote

いろいろな料理にも使えるこのachiote・・やっぱり本場で買ってきたものは味がおいしい。もっと買っておけばよかった、と後悔。

他にもユカタン料理はとってもバリエーションがあっておいしいのですが、今回はとりあえずのご紹介でした。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


13
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

Mérida散策

Mérida滞在の話をいろいろ書いてきましたが、肝心のMéridaの街の話はまだでした。
merida

これはHotelの近くのIglesia Santa Lucíaと言う教会。夕方6時ごろに撮った写真なのですが、なんて空の色が濃いんでしょう。D.F.を脱出して他の街に行くといつも「空が青いな~」と思うのですが、Méridaは強烈に青かったです。
merida 2

こちらはCatedralです。
merida 3

これはZócalo 南国特有のゆる~い雰囲気の中、多くの人がZócaloでまったりしていました。こういう雰囲気を見るとD.F.に戻るのが嫌になってしまうんですよね。もっとのんびりしたところに住みたいなぁと思う今日この頃。
merida 4

Méridaはまたの名をCiudad Blanca(白い街)と言うのですが、8年前にきたときは確かに白かった気がするのですが、今回滞在してみて、全然白くないやん!と突っ込んでしまいました。カラフルできれいではあるんですが。
merida 5

それでも南国のコロニアルな街はかわいらしくて、散策するにはいい街だと思います。ただし、暑いのでやっぱり朝早くか夕方がお勧めです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


12
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

Paseando en....Paseo Montejo

まだまだ続くMérida編ですが、今回はMéridaの見所のひとつをご紹介。
montejo

ここはPaseo Montejoという通りで、歴史景観地区とでもいった感じで古い重厚な建物がたくさん保存されていてMérida観光で必ず立ち寄る場所でもあります。
montejo 2

Méridaはとにかく暑いので私は仕事もあったし朝早くウォーキングをかねて行ってみました。7時半ごろホテルを出て少し歩くと到着。ちょうど観終わった8時半ごろにはすでに暑くなってきてました・・。やっぱり早く行くのが正解。
montejo 3

これはMuseo de Antropología人類学博物館。朝早くはもちろんまだ開いてませんが、8年前に既に行っているので外観だけ眺めてきました。
montejo 4

あちこちにこんな感じで古いヨーロッパ式の建物があるのですが、眺めているうちになんだかアメリカのニューオリンズを思い出しました。

さて。メキシコでニューオリンズを思い出していると、今度は一気に日本へ。
montejo 5

実は今年の4月からPaseo Montejoでは日本とメキシコの彫刻作品が野外展示されているのです。
montejo 6

これ↑なんてとっても日本的。
"Hermandades escultóricas México-Japón 2007"と言うタイトルで日本から27名の彫刻家、メキシコからは22名の彫刻家が参加しています。
montejo 7

来年の1月8日までだそうです。こんなところで日本人の作品を観るのはなんだか不思議な気もしました。
montejo 8

彫刻を眺めながらMonumento a la Patriaまで歩いて折り返してきました。暑いMéridaも朝はさわやかなので朝食前のウォーキングにお勧めコースです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


11
Category: ARTESANIAS 民芸品   Tags: ---

パナマ帽 JIPIの世界

ユカタンのとある集落に仕事で行った帰り道。先方が気を使ってくださってSanta Rosaと言うHacienda(荘園)を見に行きましょう・・と言うことになった。で、その通り道、誰もSanta Rosaに行ったことないのが判明(苦笑)。なのでその辺の人に道を聞こうと思ったら、あら、こんなところにArtesanía(民芸品)のTaller(工房)が。
taller

JIPIと書いてありますが、JIPIとはパナマ草のこと。パナマ草とはその名の通りあのパナマ帽の原料となるものです。
実はパナマ帽はパナマで作られていたものではなく、他の地域で作られていた「パナマ帽」がパナマで取引されていたのでこの名前になったのだとか。そして、この「パナマ帽」の本場はここユカタン半島なのです。
taller 3

この地域のパナマ帽は「あじろ網」という高度な編み方をしたもので、パナマ帽の中でも最高級品とされています。ちなみに写真のものは200ペソくらいでしたが、日本で買えば数万円にもなるものもあるのだとか。Méridaで買ってももっと高いと思います。もちろんすべて手作業。この地域の高温多湿な気候が製作に向いているのだそう。
taller 4

こんな感じで作っているところも見せていただきました。

このパナマ帽は大切に使えば一生物だそうです。折りたたみもできるし、暑いこの地域で遺跡見学などにも最適です。お土産にも喜ばれそうなこの一品。たまたま通りかかったこの工房はGranadaと言う集落でSanta Rosaに行く途中にあります。もちろんMéridaでも買えますが、工房で買うほうが安くていい品が手に入ります。

taller 2

帽子以外にもこんなカラフルな作品もあります。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


10
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

Comida Yucateca 朝食編

なんだか食べ物の話ばかりですが、今回もまたまたComida Yucateca(ユカタン料理)のお話。
以前にも書きましたが、私は朝ごはんがすごく楽しみな人で、寝る前から朝ごはんのことを考えてたり(笑)。なので朝起きるのが全然苦にならない幸せな人だったりします(笑)。

そんなMéridaでの幸せな朝はやっぱりおいしい朝ごはん。
私はどこに行ってもその土地で食べられているものを食べることにしていて、それがすごく楽しみなのですが、ユカタンの朝ごはんと言えばこれ。Huevos Motuleños
huevos motuleños

なんだか朝日でちょっとわかりにくい写真になってしまいましたが、この料理はカリカリのTortillaに豆のペーストぬって、目玉焼きをのせて、トマトソースをかけ、さらにハムとチーズをのせてチーズが少しとけたところにグリーンピースをちらした卵料理です。朝から作るには少々めんどくさそうな料理でもあります。でも、おいしいんですよね~。

この料理「ハイカロリー・ハイコレステロール」を絵に描いたような料理ですが、確かにこの日、朝7時にこれを食べてお昼2時ごろでもまだおなかすいてませんでした。

朝から活動的に行動する日の朝ごはんにいいかもしれません。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


09
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

Comida Yucateca 満腹編

ユカタン料理第二弾。
その前に、まずはビール♪
montejo

ちなみにこれはMontejoと言うビールでユカタンの地ビールです。と、言ってもメキシコシティーでも飲めるのですが、まあ、気分を盛り上げるのにもユカタンビールで。

お次はスープ。
sopa de lima

Sopa de Limaはユカタン地方を代表するスープです。
真ん中に浮かんでいるのがLima・・ライムのようなかんきつ類。このスープはチキンコンソメにこのLimaがさっぱりマッチ。日本人好みの一品だと思います。

そして、ユカタン料理の代表格Cochinita Pibil
cochinita

これはマヤ料理です。本来は土の中に埋め蒸し焼きにする手間のかかる料理ですが、さすがにそこまでやっているレストランはめったにないと思います。これはメキシコシティーなどでもけっこうポピュラーなので食べられるのですが、やっぱり本場で食べたいものです。ちなみに、豚肉にachioteというこれまたユカタンを代表する香辛料(ペースト状)にオレンジジュースなどを加えて漬け込んだものをバナナの葉っぱにくるんで蒸したもの。これも辛くないし、日本人の口にはけっこう合うと思います。私は大好物です。

Salsa(ソース)はユカタンらしくHabaneroです。
salsa habanero

この辛さが料理にもMéridaの暑さにもよくあっていると思います。

最後に・・おまけのデザート。
sorbete

Zócaloのすぐそばにある El Colónと言うお店で。Méridaは暑いのでやっぱりこういう冷たいものが食べたくなります。ちなみに、一般的にこういうのはメキシコではnieveと言いますが、Méridaではsorbeteでした。このsorbeteはCrema Morisca味なのですが、Crema Moriscaって?でも、食べたことないもの、珍しいもの、なんでもチャレンジしたくなる性格なので(苦笑)、速攻試してみたら・・すっごくおいしかった!
これが一番小さいサイズなのですが、20ペソ。けっこう量は多いですが暑いのでちょっと一休みするのにお勧めです。

と、言うわけでユカタン料理で満腹・満足!

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


08
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

Comida Yucateca 屋台編

ユカタンといえばやっぱりユカタン料理。Méridaは特にユカタン料理の中心地。なので、ここに来たらおいしい料理を堪能するのも楽しみのひとつ。一口に「メキシコ料理」と言ってもいろいろ地域にもよって違いがあるのですが、ここユカタン半島はメキシコの中心部から遠く、かつ、地理的にアクセスが難しかったことから独自のマヤ文化が今でも強く残っています。そのマヤ料理をベースにスペインなどの影響を受けた独特の料理をいくつか紹介しようと思いますが、今回は屋台編。
yucateca

本格的なユカタン料理のレストランもたくさんありますが、ちょっと小腹がすいたときにはやっぱり屋台。
yucateca 2

屋台の定番と言えばSalbutes これがそのSalbutesです。この辺では軽食によく食べられるものです。油がたっぷりなTortillaに七面鳥を細かく裂いたもの、トマト、レタス、アボカドなどをのっけたもの。一見tostadasのようにも見えますが、salbutesのtortillaはtostadasと違って柔らかいです。これで1個8ペソ(約80円)は安い!これに世界一辛い唐辛子のHabaneroのSalsa(ソース)がよく合います。ちなみに、七面鳥はメキシコ原産ですが、特にユカタン半島でよく食べられています。

これとよく似た食べ物にPanuchosというものがあるのですが、似ていると言うより違いがわからなかったのですが、今回Méridaにやって来てはじめてその違いを知りました。
違いはPanuchosはTortillaの上にFrijoles(豆)のペーストがのっていて、Salbutesは豆なし・・なんだそうです。お店によってもこの他に違いはあるかもしれませんが。

お好みでぜひ試してみてください。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


07
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

Mercado@Merida

いきなり話はユカタン半島まで飛んでMérida・・旅行ではありません。仕事です、シ・ゴ・ト。
でも、私がおとなしく(?)仕事だけで帰ってくるはずはなく、とにかく時間を見つけてMérida散策。Méridaはなんと8年ぶり!です。今年一月にCampecheへ行ったときついでに行こうかとも思ったのですが、また機会を改めて・・と思ったら出張で来てしまいました。

Mérida及びMérida周辺には見所がいっぱいなのですが、今回は限られた時間で観て来ました。まずはやっぱり食い物!ということでMéridaのMercadoをご紹介。mercado merida 4

ウイピル着たおばちゃんたちがいろいろ売っています。
mercado merida 6

ユカタンと言えば日本でも有名な「世界一辛い唐辛子」Chile Habaneroの本場です。
Chile Habaneroも青いものや黄色(オレンジ)・赤に熟したものがありますが、写真にも黄色い(オレンジ)のと緑色のが映っています。クリーム色のちょっと長い唐辛子は別の種類ですが、これもユカタンではポピュラーなものです。これで一盛り5ペソ(50円)也。思わず買ってしまいました。まあ、日本からの場合は持って帰るのは無理ですが。
mercado merida 3

でも、こんな感じでSALSA(ソース)になったものも売っているのでお土産にもお勧めです。あと、Chile Habaneroの瓶詰めなんかもあります。
mercado merida 2

これはachioteと言うユカタン料理に欠かせないペーストです。これも買っちゃいました。もちろん、メキシコシティーでもどこでもスーパーで帰るんですが、やっぱり本場で買ったほうがなんかいいのではないかと。mercado merida 5

これはバナナの葉っぱです。これも他の街でも売っていますが、ユカタン料理には特に欠かせないものです。バナナの葉っぱって独特の香りが料理にも移って、私は大好きです。ぜひバナナの葉っぱ料理をユカタンで堪能してみてください。

朝早くから空いているので散歩がてら、あるいは朝ごはんを兼ねて見物に行くのもいいかもしれないですね。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



1
2
3
4
5
6
18
19
20
21
22
23
24
26
29

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。