A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 02 2008

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


25
Category: RECETAS レシピ   Tags: ---

Filete a la Yucateca

先週も行ってきましたYucatán出張。主にMéridaを中心にYucatán州の北部の沿岸方面へもでかける仕事なのですが、Yucatán出張の何が好きかと言いますと・・

①低地なので良く寝れる
②暑い
③D.F.から行くとほとんど外国のような情緒を楽しめる
④飯がうまい!

・・と言ったところでしょうか。
①に関しては私はD.F.でもぐっすり寝てますが、Yucatánで寝るともう、まさに「気を失う」くらいの感じで寝れてしまいます。
②これは好き嫌いあると思いますが、私は寒いのが大の苦手。そんな私にとってはD.F.も寒すぎなのです。依然住んでいたドミニカ共和国くらいが体調的にもいいので、Yucatánの暑さは私は好きです。
③これに関してはまた別途ブログに書こうと思いますが、Yucatánへ行くとメキシコの広さと多様性を改めて実感します。

で。
本日のお話はやっぱり④の飯がうまい!なのです。
Yucatánへ行くととにかく時間を見つけて食べ歩きしてます。最近ではD.F.の我が家の食卓にもユカタン料理が登場することも時々あり。と、言うことで、簡単なユカタン料理をご紹介。
filete a la Yucateca
Filete A La Yucateca by chamoy
↑レシピ名をクリックしていただくとレシピに飛びます

これは牛肉をachioteをオレンジジュースに漬け込んでから約という典型的ユカタン式。とっても簡単でちょっと違った気分が味わえるのでachioteが手に入ったら作ってみてください。
achioteとはなんぞや?という方はこちらを見てください。

ちなみに、今回の出張の目的はachioteを買い込んでくることだったりしました。D.F.のスーパーなんかで売っているのとは全然味が違うんです!Méridaの市場で買うのがお勧めです。

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


18
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

絶対お勧めランチ@D.F.

週末も出張に出ていたりと、とにかく今年に入ってから忙しくしていて、あまりブログUPできない状態ですが、公私共に面白いこと満載状態です。
なので、それをブログに書く時間がないのが歯がゆいのですが、それでも少しずつUPしていこうと思ってます・・って、前回も同じような書き出しでしたが 苦笑。

さて。
今回は久しぶりにD.F.内のお勧めレストラン。メキシコ料理ではなく、たまにはスペイン料理で!ということで自信を持ってお勧めするのがこのCasino Español
casino

建物も大変素晴らしく、こんな雰囲気の中お食事できるなんてそれもこのレストランの好きなところです。
casino 3
大理石の階段を登っていく途中もこの建物の素晴らしさを味わえます。
casino 4

このレストランはこの店構えを見てもわかるとおり、高級スペインレストランですが、ここのお勧めはもう、絶対!ランチです。なんとここのランチ、97・5ペソ(約1000円)なのです。1000円ランチでも全く手を抜かない内容で本当にこれ、1000円でいいの???と言いたくなるくらいです。

ちなみに、この日のランチメニューは・・・
サーモンのムース(えびも添えられてました)
きのことChilpotle(ハラペーニョをスモークした唐辛子)のスープ(テキーラ入り)
Cocido Madrileño
デザートにNatilla(カスタードクリーム 今回はチョコレート味)
コーヒー
casino 5

これはメインディッシュのCocido Madrileño・・野菜とお肉のごった煮スペイン版と言ったところでしょうか。すっごくおいしかったのですが、もう、おなか一杯で全部食べきれませんでした。
この日、一番おいしかったのはきのことChilpotle(ハラペーニョをスモークした唐辛子)のスープ(テキーラ入り)・・絶品でした。あ、Chilpotleとかテキーラを使っていることからもお解かりの通り、ここはスペイン料理とメキシコ的な食材を使った料理もあります。
casino 6

これだけの雰囲気・サービス・食事内容で1000円は安すぎます。絶対お勧めで、実はあんまり他の人には教えたくないお店のひとつですが、あんまりにもおいしいので紹介しちゃいます。

場所もCentroでわかりやすいところにあるので、Centro方面にお出かけなら一度はここでランチしてみてください。
Casino Español
Centro. Dirección: Isabel la Católica 29. Centro.
Tels: 55218894. 55183865. 55185557
月-日曜日 13:00から18:00まで

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


11
Category: RUINAS 遺跡   Tags: ---

世界最大の遺跡

前回でとりあえずPUEBLAシリーズは終了なのだけど、今回はPUEBLAから7KMほど離れたCHOLULAをご紹介。本当はCHOLULAに行ったのは1年以上前の話なのだけど、当時忙しくてUPできないまま。この機会を逃すとまたいつUPできるかわからないので書いておきます。

CHOLULAには「世界最大のピラミッド」があるのです。世界最大のピラミッドといえば通常はエジプトのクフ王のピラミッドですが、これはピラミッドの高さであって、容積ではCHOLULAのピラミッドが世界最大でギネスブックにも認められているのだそうです。その割にはそんなの聞いたことないぞ!という方も多数いると思うのですが、その理由も含めてご紹介。

cholula

早速、PUEBLAからローカルバスでCHOLULA到着。あれ?ピラミッドは??と思おうかもしれませんが、CHOLULAのピラミッドは完全な形では残っていません。だからギネスに世界最大のピラミッドと認定されていてもそれほど有名ではないんですよね。
でも、よくみていただければわかるかと思いますが、山頂にある教会がピラミッドの頂上。つまり教会へ登る階段のあたりから頂上までピラミッドだったわけです。幅450メートル、高さ65メートルの巨大ピラミッドなのです。ちなみにテオティワカンの太陽のピラミッドの2倍の大きさに値するそうです。
cholula 2

と、言うわけで頂上目指して出発。途中Chapulín(食用のバッタ)を売っている人がたくさんいて「これ食べたら元気になって登れるよ~」なんて言って売ってました。
cholula 3

頂上からの景色。空の色からもちょっとわかるかもしれませんが、実はこの日大寒波がメキシコ中にやってきて、もう、寒くて死にそうになりながら登りました。
cholula 4

これが頂上の教会。メキシコ市のZócaloももともとアステカの神殿があった場所でその神殿を壊して教会を作って先住民の信仰をカトリックへと向けていったわけですが、ここCHOLULAでも同じようにピラミッドに象徴される神々への信仰をカトリックに向けるために教会が建てられたのかなと思います。
cholula 5

教会から降りて散策。こんなところから頂上までピラミッドだったなんてすごいです。
cholula 6

入場料を払えばこのようにトンネルに入って中や遺跡の一部をもっと観る事が出来ます。ちなみにトンネルは全長8キロもあるのですが、観光客が通れるのはその一部。トンネルには色鮮やかな壁画もあって、特に有名なのがPulqueの神にささげる壁画。100人くらいの人がヘベレケに酔っ払っている姿が描かれているそうです。そんなおもしろそうな壁画ですが、残念ながら現在は一般には公開されていないようです。
cholula 7
別のアングルからピラミッドの土台と教会。
cholula 8
さらに別のアングル。この遺跡が破壊されていなかったら・・と想像してしまいます。
cholula 9

最後におまけ。CHOLULAのお土産屋さんにて。CHOLULAはPUEBLAから近いのでもちろん日帰りで十分なのですが、この街は学生街ということもあっておもしろそうなBARやけっこうお洒落な感じのCAFEやレストランもあるので、ちょっとゆっくりするのもいいのじゃないかと思います。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


10
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

PUEBLA散策

puebla
PUEBLAシリーズの最後は街の風景をご紹介したいと思います。
puebla 2

これは街の中心ですが、パステルカラーがとても素敵。
こんなオープンカフェでお茶するのもいいですね。
puebla 3

PUEBLAには365の教会があると言われています。それは大げさな表現としても、確かに歩いているとあちこちで教会をみかけます。私は京都に6年ほど住んでましたが、そういえば京都もお寺が365ある・・って、言っていたような。PUEBLAと京都はいろんなところが似ていると思います。街だけではなくて、人の気質とかも。
puebla 4

これはPUEBLAにある有名な博物館MUSEO AMPAROのカフェテリアの案内。
こんなところもPUEBLAらしくタイルでお洒落。
puebla 5

こちらがその博物館の建物。今回はPERSIA展をやっていました。メキシコでペルシャのものを観るのってなんだか不思議な感じもしましたが、見ているとモチーフ的にけっこうメキシコに近いものを感じました。これも、スペインを経由してメキシコ文化の中にもアラブ文化が見え隠れしているからかなと思います。PUEBLAはメキシコの中でもアラブ系の多い街のひとつです。
puebla 6

これはPUEBLAの観光名所でもある砂糖菓子の家です。
かなり見ごたえのありますが今回は外観だけご紹介。
puebla 7

PUEBLAはメキシコの伝統的なお菓子が有名な街でもあります。この辺も京都が和菓子と切っても切り離せないように、PUEBLAもお菓子が重要なのね・・と勝手に納得。
ちなみに、こういったお菓子は修道院で修道女が作り始めたものがいくつかあります。
あの有名なMOLEもPUEBLAの修道女が発明したといわれています。
修道女が作るスイーツの代表はROMPOPE(卵黄ベースの甘いリキュール)ですが、ここPUEBLAでも当然RONPOPEが良く売られています。あと、PUEBLA名物はCAMOTEと言って芋羊羹のようなお菓子があります。値段も安いのでお土産にもお勧めです。(たくさん買うと重いですが・・)

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


07
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

PUEBLA SANTO DOMINGO教会

公私共に忙しくてなかなかブログもUPできない状態ですが、ネタは山盛り状態なので、ボチボチUPしていきたいと思います。
sto.dominigo pue
今回はPUEBLAのSANTO DOMINGO教会をご紹介。1596~1659年に建設された教会。
sto.dominigo pue 2
ここで紹介したOAXACAのSANTO DOMINGOとかなり似ていますが、
PUEBLAのSANTO DOMINGO教会は更に絢爛豪華。
sto.dominigo pue 3
近づくとこんな感じ。
sto.dominigo pue 4
ひとつひとつ見入ってしまう教会です。
sto.dominigo pue 11

メキシコバロックの最高傑作と言われるロサリオ礼拝堂
sto.dominigo pue 5
少し近づいてみると・・
sto.dominigo pue 6
上を見上げると・・
sto.dominigo pue 8
教会内部もいろいろ鑑賞。
sto.dominigo pue 9
さすがPUEBLAらしく、こういうところにもTALAVERAが使われています。
sto.dominigo pue 10
TALAVERA好きな私は近づいてじっくり鑑賞しました。


この豪華絢爛さには好みが分かれる気がしますが、でも、PUEBLAに来たのならやはり見る価値はあるのではないでしょうか。
PUEBLAの街並みは世界遺産に登録されていて、治安もいいですし歩いていける範囲に見所が集まっています。D.F.から2時間程度、日帰りも十分出来ますが、1泊してゆっくり楽しめる街でもあると思います。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



1
2
3
4
5
6
8
9
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。