A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 05 2008

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


31
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

メキシコでハッとする時

「メキシコは好き?」と聞かれることが良くある。で、「好きだ」とこたえると「どんなところが?」と聞かれる。そう聞かれるとメキシコの魅力はたくさんあるのだけど、でも、そうやっていろいろ出てくるメキシコの魅力より自分は本当はもっと漠然としててそれでいて日常にしっかり根付いているものが好きなのじゃないかと思うことがある。

多分そのひとつが、街を歩いている時なんかに出会う色なんだと思う。私は以前は絵を描いていたのだけど、あるときを境に写真に転向した。それ以来旅に出るから写真を撮るのか、写真を撮るために旅に出るのか・・と言った感じであちこちで写真を撮ってきたけど、メキシコの街にはそんな私を強く惹き付ける色の魔力があると思う。

例えばこんな感じで。
pitaya

Pitayaという日本ではドラゴンフルーツとも呼ばれるサボテンの実で作ったNieve(ジェラート)。青とのコントラストがそそられる。
多分、多くの人にとってはどうってことのない色や物なのかもしれないけど、自分の感性に訴えてくるものがたくさんあるのがメキシコのような気がする。

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


29
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

宗教から観るメキシコ

なんだかたいそうなタイトルをつけてしまいましたが、本日はGuerrero州におけるSemana Santa(イースター)でのProcesión(行進)をご紹介したいと思います。

Guerreroと言ってもメキシコをあまりご存じない方にはピンとこない地名かもしれませんが、Acapulcoと言えばたいていの人は有名なビーチリゾートとして思い浮かぶのではないでしょうか。AcapulcoはGuerrero州にありますが、GuerreroはメキシコのCONAPO(国家人口審議会)が発表しているマージナル指数が最も高い州=メキシコでもっとも貧しい州となっています。Guerreroがなぜ貧しいのか・・と言うのは貧困を学問・仕事上で扱っている私としてはとても興味深いテーマなのですが、今回はそれを突っ込みたいのではなく、宗教行事のお話です。ただ、伝統行事を守り続けていることと貧困指数は密接に関係しているとは思いますが。

さて。
Guerrero州にある世界遺産にも登録されている銀の街TaxcoはSemana Santaの行進が世界的に有名なのです。なぜ有名なのかは写真を見てもらえばわかると思います。
相方一族は元をたどれば父方・母方ともにTaxcoの人たちで、当然親戚がTaxcoにどっさりいます。その関係で以前は頻繁にTaxcoに連れて行かれ、Semana SantaもTaxcoで過ごしたことがあるのでその有名なSemana Santaの行進を見ているのですが、今年のSemana SantaもTaxcoで過ごすはずが、お墓参りに行くのに時間がかかってTaxcoで行進を見るのが時間的にも難しい・・と言う状況だったので、相方父の実家があったAcamixtlaへ行って来ました。ここでもTaxco同様の行進を行いますが、Taxcoからすぐと言っても観光地ではないので、ゆっくり観れてこちらのほうがお勧めです。

さて、それではその行進をご紹介。今回は血が流れている写真なんかもあったりで、より自分の伝えたいイメージを考えてモノクロにしました。

まずは子供部門。
semana santa 2008 1

子供なので、まだ軽いとげ付の十字架ですが、写真ではわからないと思いますがものすごい暑いのです。
semana santa 2008 2

太陽で焼けたアスファルトの上を歩き続けるだけでもけっこう子供には大変だと思います。
semana santa 2008 4

こちらが大人バージョン。大人はZarzaと呼ばれる鋭い棘のある植物を束にしたものを背に担いで行進します。このZarzaの束、40キロはあります。棘が背に食い込んでかなり痛いそうです。
semana santa 2008 3
背中の真ん中あたりに傷がありますが、Zarzaを担ぐだけではないのです。
semana santa 2008 5

名前はなんと言うのかわかりませんが、鉄の棘のついたボールのようなものを背中にぶつけ続けます。もちろん血が流れています。
semana santa 2008 9

炎天下の中、信じられないような苦行ですがこの行進に参加することは名誉でもあるそうで、参加したい人は多数いるそうです。うちのお義父さんもなんと!参加したことがあるそうで・・びっくりです。
semana santa 2008 10

このZarzaを担いでの行進は男性のみです。写真でもわかりにくいかもしれませんが女性は足かせをつけて歩きますが、これもかなり重いそうです。

宗教と言う側面からみるメキシコも興味深いものです。
semana santa 2008

ちなみに、この時期TaxcoやここAcamixtlaでも夜の行進でつかったろうそくの蝋が道路にこびりついてものすごく滑りやすくなっているので行かれる方はご注意を。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


27
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

これぞメキシコの味

しばらく更新してませんでしたが、またまた海外出張に出てました。今週は出張明けなのでただでさえ忙しいのだけど、休む暇もなくまた今週末から出張へ。今度もまたまたカリブへ・・いやぁ~楽しみだわ。

出張が多い仕事なので休日はどっちかと言うと家でゆっくりしたいと思うことも多いのだけど、最近家族サービスに目覚めた相方の方が出かけたがっている状態で、当然私も連れて行かれることに。
でも、相方の出身地であり実家のあるMorelos州の穴場をのんびり訪れる旅はなかなか楽しいです。そして、これぞメキシコだな~と思う風景や味に出会える旅でもあります。

そんな中でとっても感激したメキシコの味をご紹介。
coatetelco 2

Morelos州のCoatetelcoと言う村にあるLaguna(ラグーン)の周辺にはたくさんMojarra(ティラピア・・日本では確かいずみ鯛)を食べさせてくれるレストランがあるのですが、その中にあるこのレストラン・・と言うより食堂であるLos Manguitos
メニューはなく、こんな感じで台所によってその日にあるものを聞いて、見て注文。この食堂の素晴らしいところは①薪で調理 ②SalsaはMolcajete ③材料をすりつぶすのはMetate・・と言ういわゆる昔のメキシコ料理の調理法を守っているところです。②はまあ、けっこうよくありますが、③のMetateですりつぶす・・と言うのはなかなかレストランでやっていることはありません。でも、これが味の違いなのですよね。
coatetelco 4

これはMojarraのスープ。唐辛子やトマトをMetateですりつぶして作ったものですが、けっこう辛め。でも、とってもおいしい。おまけに15ペソ(約150円)!安い!
coatetelco 5

これもMasaから作ったSopes・・シンプルだけどとってもおいしいです。
coatetelco 6
これがそのMojarraのフライ。
coatetelco 3

これは・・名前、忘れてしまいました 笑。その辺にたくさんなっていたのですが、この黒い種の周りの白い部分を食べることが出来るのですが、甘みがすこしあるけど、特にはっきりした味はないです。
coatetelco

レストランの前にはこのラグーンがあるのですが、相方は小さいころここで泳いでたそうですが、水は・・ここで泳ぐ気にはならないなぁ・・といった感じです。でも、この日も泳いでいる人が数名いました。海のないMorelosではこういったLagunaや川などに出かけるのが一般的です。
coatetelco 7
ここのお店はこの看板が目印。
coatetelco 8

名前の通りたくさんのマンゴーがたわわになっていました。この食堂は味は抜群、値段もかなりお手ごろでおまけにビールなど飲料も持ち込み可!という素晴らしいお店です。ただし、オーダーしてから料理が出てくるまで40分くらいかかるので、のんびりラグーンを見ながらビールを飲みながら待つくらいの余裕を持って行くのがお勧めです。世界遺産でもあるXochicalcoの遺跡からも近いので機会があればぜひ「メキシコの味」を堪能しに行ってみてください。


18
Category: COMIDAS 食べ物   Tags: ---

寿司ではなく、SUSHIなんです。

日本で一般的にメキシコ料理と思われているものの大半はアメリカのTEX MEXで、本国メキシコでは存在しないようなものが多いのだけど、メキシコで人気のある日本食と言うのも日本ではあり得ないような「俺の思う日本食」的創作料理が多い。ま、これはメキシコに限らず、いろんな国でその傾向はあると思うけど。

メキシコシティーや他の日本人の多い街では日本人駐在者などに人気のお店もたくさんあって、そういうところは日本人も納得の日本食がでてきますが、オーナー、シェフ、お客ともにメキシコ人のお店では日本人にはびっくりな「日本食」が出てきます。

個人的にはおいしければ別にそれでいいと思う方で、逆にメキシコ人の発想に感心したり。(その代わりまずかったら許しません)日本と言う枠を飛び出して進化し続けているのはやっぱりお寿司・・と言うよりSUSHIですね。例えば、こんな感じ。
sushiitto 2

手前のなんてロールカツかと思いますよね。
メキシコにはたくさんこういう創作SUSHIのお店がありますが、今回ご紹介するのはその中でも多分一番有名なSUSHI ITTO
ちなみに、日本人の間ではまずいので評判なのです。そういう私も同感でまずいと思います。
が、以前チアパスに行ったときに在メキシコ30年の方と別の日本人の方とメキシコ人ご一行でSUSHI ITTOへ。ご馳走になるとはいえ、正直「え?SUSHI ITTOかぁ・・・」とあまり気は進まなかったのですが、連れて行ってくださった日本人の方は「けっこうおいしいんだよね」とおっしゃっていて、まあ、一緒に行ったのですが・・確かに・・おいしかったのです。多分、連れて行ってくださったSUSHI ITTOがおいしかったのであって、他のSUSHI ITTOはなんともいえないのですが・・でも、なかなかおもしろかったです。
sushiitto

例えば、ネーミングも面白くって・・Narco RollとかSudoku Rollとか。こんなの日本人じゃ思いつかないですよね。
sushiitto 4

店内はこんな感じで日本的な感じはなく、カジュアル。
sushiitto 3

これは言うまでもなくグリーンティーですが、暑いTuxtla Gutierrez(Chiapasの州都)で飲むととってもおいしかったです。これはメキシコ人にもとっても人気でしたよ。
sushiitto 5

これはエビチリ。えびのてんぷらっぽいものに甘めのマヨネーズソースとタイのスイートチリソースが下に敷いてありました。これも日本食とは言いがたいけど、簡単におうちでつくれそうですね。メキシコ人もおいしいと言ってました。
sushiitto 6

そしてSUSHI・・割りと日本的な物とメキシコ的なもの、両方頼んでみました。
sushiitto 7

これはメキシコでよくあるSUSHIのフライ。日本では寿司を油で揚げる発想はないですよね・・。でも、意外と美味しいです。

結論としてたしかに連れて行っていただいた日本人の方同様、このSUSHI ITTOはなかなかいけました。

以前カリブのドミニカ共和国に住んでいたときに食べていたSUSHIにSto.Domingo Roll(サントドミンゴ巻き)と言うのがあるのですが、それはなんとバナナのSUSHI・・と言ってもあの果物の甘いバナナではなく調理用のバナナですが、海苔の代わりにそのバナナを使っていて、その上にうなぎのたれがかかっているのですが・・これが、意外とうまいのです。
ああ、私も長年の海外生活で味覚がやれてきているのでしょうか 笑。

最初にも書きましたが、基本的にSUSHI ITTOはおいしいとはいえない支店が多いのですが、他にもたくさんこの手のお店はあるので、メキシコにいらっしゃったらこういう創作SUSHIのお店に行ってみるのも面白いのではないでしょうか。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


16
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

おいしいTACOSにありつくには・・

メキシコといえばタコス・・を連想する人が大半だと思います。メキシコに行くからにはぜひおいしいタコスを食べたいと思う人も多いはず。メキシコ、とりわけメキシコシティーにはタコス屋は星の数ほどあります。基本的にマズイ!と思うタコスに出会うことはまずめったにないと思いますが、反面これぞ絶品!というタコス屋に出会うのもかなり難しいと思います。
そんな訳で今日はメキシコシティーに星の数ほどあるタコス屋の中からお勧めをご紹介。

その名もChupa Cabra
chupa cabra 2

イマドキのタコス屋は屋台でもHPサイトも持っているのですね・・。このタコス屋Chupa CabraはおそらくD.F.のタコス屋ベスト20には必ずや入るであろうと言う超人気・有名店です。
chupa cabra 3

いつ行ってもかなりの人でにぎわってます。ここの名物はChupa Cabraで、これは他のお店だといわゆるCampechanoと呼ばれるいろいろな具をMixしたタコスなのですが、何が違うのかと言うとその秘伝の味付け。
chupa cabra

ちなみに右がそのChupa Cabraで左がBistecです・・って、付け合せのせすぎてなんだかわからなくなってますね 汗。ここも他の多くのタコス屋同様、サボテンやポテト、煮豆などなど付け合せは取り放題です。1個8ペソ(約80円)ですが、けっこうおなかいっぱいになります。

ただ正直に言うと、個人的にはChupa CabraよりBistecのほうが好きです。でも、メキシコ人の相方はやっぱりChupa Cabraを絶賛しておりました。ここの味付けは他とは違うんだそう。

旅行できた方(もちろんメキシコ在住の方も)にお勧めする理由は・・
①超人気店なので回転が早く、不衛生なものにあたる可能性が低い
②場所がわかりやすい(行きやすい)

①ですが、やっぱり屋台って衛生面が気になる方が多いと思いますが、回転の早いところはあたる可能性は低いです。メキシコ人でも屋台でおなか壊す人は実は多いのです。人気店というのはメキシコ人もそこで食べてもおなかを壊さなかったからリピートすると言う面もあります。
②このタコス屋、地下鉄のCoyoacánのすぐそばです。Coyoacánの駅からCoyoacánの中心部へ行く途中、かなり地下鉄のすぐそばPlaza CoyoacánのSanbornsの出入り口の道路を挟んだ向かいにあります。アクセスもいいし、治安もいいエリアなので行きやすいと思います。

どうせ食べるなら美味しいお店で食べてみたい・・そんな方にお勧めです。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


10
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

メキシコも母の日。

今週末は土曜日が母の日だったので、相方の実家のFIESTAへ。メキシコでは毎年5月10日が母の日なのです。日本のように第二日曜日と言った感じではないので、当然平日になる年もあるのですが、そういうときは会社もお休みになることが多い・・と言うくらい母の日は気合が入ってます。

お花はもちろんのこと、プレゼントもたくさん買います。でもって、レストランなんか大混雑するし、お母さんに会いに行く人の車で道路も混雑。それに比べて父の日はさっぱりしたものです。(←日本でもそうですが)
それくらいメキシコの母の日はすごいのです。

今回は母の日のFIESTAでBBQと私はPaellaを作りました。
paella

写真ではひとつだけしか写ってないですが、実際はふたつ作りました。ま、でもPaellaなんでそんなに大変でもなかったですが。

BBQはカルビやハラミなんかをたっぷり焼いて、冷たいビールと共にいただきました。
けっこう普段から家族集まってこうやってBBQやっているので特別感はないですが、たのしいひと時でした。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


07
Category: コスタリカ   Tags: ---

PURA VIDA !! COSTA RICA お宿編

いやぁ~、ようやくコスタリカ編も最終回。コスタリカ出張は約2ヶ月前に話しだし、その後またまた海外出張したり、いろいろ出かけたりしていたので自分の中ではもうすでにはるか昔のように思えます。
そして、最終回はサンホセでのホテルのお話。
grand hotel 5

今回の出張はあちこちに出かけましたが、基本的にサンホセ中心に出かけて宿泊は戻ってくると言う形でした。で、今回泊まりたいと思っていたホテルを先方が予約してくれたので楽しみにしていたこのホテル Grand Hotel Costa Rica
grand hotel 2

コスタリカでももっとも古いホテルのひとつ。ロケーションもまさに街の中心にあるのでお出かけにもとても便利。
grand hotel 6

ホテルの内装も落ち着いていて素敵でした。
grand hotel

料金には朝食(ビュッフェ)も含まれているのですが、朝、広場を眺めながらの朝食はなかなか気持ちよかったです。
grand hotel 4

まあ、ちょっと音楽なんかが聞こえてくるので静かとは言い切れないのですが、落ち着けるお部屋でした。近代的なホテルに比べると設備など少々古い感じはやっぱりしますが、そこもこのホテルの味のひとつ。こんなクラシカルなホテルに泊まってみるのもいいのではないかと思います。



テーマ 中米    ジャンル 海外情報


05
Category: コスタリカ   Tags: ---

PURA VIDA !! COSTA RICA ポアス火山

そろそろ終わりも近づいてきたCOSTA RICA編。今回はPoás火山へ。
ここは首都サンホセから近いことも会ってコスタリカでもっともたくさんの人が訪れている国立公園のひとつです。そんな訳でサンホセで一仕事した後、ドライバーさんに運転してもらって一人、一路火山へ。
その前にやっぱりご飯。
poas 3

コスタリカ滞在中ほぼ毎日CASADO食べてました。今回はメインは鶏肉の煮込みのCASADO
なかなか美味しかったです。
poas 4

おなかも一杯になっていざポアス火山へ。ここは国立公園なので環境エネルギー省の管轄なので、担当者と会合を予定していたのですが・・誰もおらず・・。
ま、ラテンアメリカじゃよくあることですね。だいぶ待ってみたものの、誰も現れず・・そこのパークレンジャーらしき人が通りかかったのですかさずつかまえて事情を説明すると、その方に電話連絡してくれたのですが・・「今、サンホセで会議に出席中だそうです。なので、よかったらどうぞご自由に自然公園を散策してください」・・・と、言うわけで入場料は無料になったのだけど、そういう問題じゃないんですが(苦笑)。

ま、しょうがない。せっかくだから一人で散策してくるか・・
poas 5

・・って、なんか思いっきり霧が立ち込めているように思うのですが・・
poas 6

いや、あきらかに立ち込めている。それでも一路火山の噴火口にあるクレーター湖へ。
poas 7

途中、遭遇したリス。観光客の捨てた食べ物・ごみをあさっていました。今回は捨てたごみだったと思いますが、悲しいかな、観光客自身が進んで動物にえさをやったりすることも多いのです。
poas 8

火口にあるクレーター湖の前にLAGUNA BOTOSというきれいなラグーンがあるのですが・・
poas 9

ああ、濃霧。まったく!何も見えません。後で知ったのですが、ここポアス火山でクレーター湖を見れる確率は50%程度。それも朝早くがいいそうで私はもうお昼過ぎに到着したのでこの濃霧じゃみれる確立はかなり低いだろう・・と言うことで途中で引き返しました。
poas 2

本当だったらこんなのが見れたはずなんですが・・日ごろの行いが悪いって事ですかね、やっぱり 苦笑。

テーマ 中米    ジャンル 海外情報


03
Category: コスタリカ   Tags: ---

PURA VIDA !! COSTA RICA ケツァールの郷

いい加減、COSTA RICAネタを完結させねば・・と思いつつ、まだ今回で終わらないのですが、今回はケツァールのお話。

ケツァールとは「世界一美しい鳥」といわれ、手塚治虫氏の火の鳥のモデルになったといわれる鳥なのですが、メキシコからパナマまでのメソアメリカに生息しています。めったに観ることが出来ない貴重な鳥なのですが、ここCOSTA RICAでは割と見れる確立が高いのです。そして、私がCOSTA RICAに行った3月中旬はケツァールを見れる確率が高いシーズンでもあります。

そんな訳でMonteverdeの自然保護区ツアーに参加したとき、集合場所の公園事務所の入り口へ到着したら、なんだかたくさんの人が騒然と集まっていると思ったらドライバーさんが「あ、あそこにケツァールが!早く車を降りて観て来なさい!!」と言われ、あっさりと人生初の生ケツァールにご対面。でも、写真を撮ろうとした瞬間に飛び去ってしまいました。なんだか、ケツァールを撮り逃がしたというよりは、幸せを取逃がしたような気分に・・。

ああ、もう、ケツァールに会うこともないんだろうな・・・と思ったのですが、「サンホセ近郊でルーラルツーリズムやっているようなところに視察に行きたい」とアレンジをお願いしていたら「ケツァールの郷」と呼ばれるSan Gerardo de Dotaに仕事で行くことに。うわぁーい。

そんな訳でCOSTA RICAの環境エネルギー省の方とNGOの方が同行してくれていろいろお話も出来てとても興味深い道中でした。

San Gerardo de Dotaはサンホセから1時間半~2時間くらいだったとおもうのだけど、近いのですが、ここはケツァールを観るために、そしてバードウォッチングをするために世界中から人が集まります。
近いので私のように日帰りでも十分・・といいたいところですが、バードウォッチングは早朝行うためバードウォッチングをするのならやはり宿泊が必要のようです。そのため、ここにはロッジがいくつかありますが、一泊100ドル!もするのに、1年以上前から予約しないと取れないんだとか・・。うーん、恐るべし、ケツァール、恐るべし、バードウォッチング。
san gerardo 5

写真のロッジは確か70ドルくらいだったような。何人泊まれるか、覚えていませんが、複数で泊まればそんなに高くないような値段でした。
san gerardo 7
回りに何もないのでとにかく静かに過ごせそうです。


で。
じゃ、ちょっとケツァール探しに行きますか・・と思ったら、「あ、あそこにケツァールが!」ということでみんなでケツァールを観に気に近づくと・・
san gerardo

写真はなんだかかなり遠くから取ったように見えますが、割と近くではっきり肉眼で観れました。
後姿ですが、こっちの方がはっきり写っています。↓
san gerardo 2

Monteverdeの時もそうだったのですが、あっさり探索するまでもなく観れてしまいました。
Monteverdeで取逃がした幸せを取り戻した気分 笑。
san gerardo 3

この後、熱帯雲霧林を散策しましたが、やはり時間がバードウォッチングには向いていない時間だったので、鳥はほとんど観れませんでした。
san gerardo 4
でも、山歩きは好きだし、ケツァールも観れたのでそれでよし。
san gerardo 10

ごはんもとっても美味しかった。おまけに結局環境エネルギー省の方にご馳走になってしまった。
そして私は鳥も好きだけどいろんな花を見るのも楽しかったです。
san gerardo 6
メキシコでも観れる植物も多いですが、緑一杯の中で観るとより美しく感じます。
san gerardo 8
こちらはアボカドです↓(これもメキシコ原産ですが)
san gerardo 9
ケツァールの郷は静かな山里でした。


ここから車で少し行ったところに別のロッジがあって、同行していただいたNGOが運営支援をしているとのことでちょっと立ち寄りました。
san gerardo 12

けっこう激しく雨が降ってきて散策できなかったのですが、ここにもトレイルがあってとてもきれいなんだそうです。
san gerardo 11
雨にぬれた花がとてもきれいでした。

テーマ 中米    ジャンル 海外情報


01
Category: MEXICOお店 D.F.編   Tags: ---

たまにはアルゼンチンで。

すっかり忘れてましたが、日本はGWですね。こっちは5月1日はメーデー。5日は対仏戦勝記念日なので日本同様連休の人も多いです。でも、5日は法定休日ではないので、私は仕事ですが(悲)。それでも2日はお休みをとって4連休にしました。メキシコは休んでばっかりのイメージがあるかもしれませんが、法定休日は日本よりずっと少ないのです、実は。

まだコスタリカネタが残っているのですが、今日も話はメキシコ。
先日、相方とアルゼンチンレストランEl Rincón del Pibeへ。
pibe

ここ数年でアルゼンチンレストランがかなり増えた気がしますがここは老舗で、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめます。
pibe 3

今回は相方との11周年記念(中途半端 笑)ということなのです、こんな感じ↓のちょうど2人用の席へ。
pibe 2

本当は3月下旬なのですが、私がカリブに出張していてメキシコにいなかったので1ヶ月遅れでお祝い。・・と、言いつつ単においしいお肉を食べたかっただけなのですが 笑。

ここはけっこうメニューはいろいろあるのですが、やっぱり2人用のセットメニューが頼みやすいし、お得。
pibe 4

お肉もドーンと800グラム↑。と、言っても二人で800ですが。でも、ポテトと比べるとその大きさが良くお解かりいただけるかと。でも、実際は相方600グラム、私200グラムくらいじゃないかと、食べたのは。

前菜2品、スープ、お肉、デザート、コーヒーのセットで2人で350ペソくらい。これにお酒も入れて二人で250ペソくらいでおなか一杯になると思います。
私はあまりお肉は食べない方ですが、たまにこういうところで美味しくお肉を食べるというのはいいなと思います。

El Rincón del Pibe
República de Uruguay esq. con Bolívar, Centro Histórico



2
4
6
8
9
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
28
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。