A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 03 2009

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


08
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

メキシコの宝 ⑤

更新はボチボチと・・と思っていますが、まだまだ以前のネタすら消化できていない状況なので、引き続き文化人類学博物館シリーズです。

博物館はすっきりとわかりやすい展示を心がけていると思います。
antropologia 47
今回はPuebla州の北部をご紹介。
antropologia 48

Pueblaの北部も先住民族文化が色濃いエリアで、隣接するVeracruz州との共通点も多く感じます。
antropologia 49
毎回思いますが、本当に展示が良く考えられていて臨場感があります。
antropologia 50

実は私はこのエリアには縁遠くってほとんど実際に行ったことがないんですよね。でも、今度ぜひ行ってみたい地域のひとつで、温泉もあるし、コーヒー農園の見学、エコツアー、先住民族文化に触れるなど彩豊かな地域なのでメキシコシティーから5時間程度かかりますが、旅行者にとっても魅力的な地域だと思います。これからメキシコ各地を旅する前にここでざっと感じをつかんだり、興味のあるところに行ってみたりするのもお勧めです。
antropologia 51
文化が豊かなところは民芸品も豊かで見ていて楽しいものです。
antropologia 52

ちょっとしたこんな絵もメキシコ人が描くとなんだか素敵に見えるのは私だけでしょうか・・。

考古学的側面だけではなく、メキシコの文化的豊かさが垣間見れる博物館です。

スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


07
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

映画と言うよりも現実。

さて、インドに行く前に一本映画のお話を書いておこうと思います。余談ですが、世界屈指の映画大国インドでも映画観れたらいいなーと思ってます。
メキシコを出る前、忙しかったので日本で暇なときに見ようと思ってDVD(もちろんオリジナルですよー)も持ってきているのだけど、結局インドから戻ってくるまでそんな時間はないままです。

と、言うわけで今日ご紹介する映画はメキシコにいる間に観た映画なのですが、非常に重いテーマを扱った映画です。そしてその重さは現実としてのしかかってくるものなのです、メキシコと言う国では。

映画La Zonaはウルグアイ生まれでメキシコ育ちのRodrigo Pláの長編で主演はメキシコの名優Daniel Giménez Cacho
このお話はメキシコ、あるいは他のラテンアメリカ諸国で起きている現実をするどく突いていますが、その現実とは「社会の二極化」
日本も「格差社会」なんて言葉がすっかり定着しましたが、しかしながらメキシコの格差からみると日本の格差なんてものは格差には入らないんじゃないかと思うことがよくあります。この映画ではメキシコ北部のとある街にある高級住宅街とそれに隣接するスラムに生活する人々との強烈な格差を描いていますが、その描き方が非常にリアリティがあるんですよね。

昨今のメキシコは治安問題に非常に神経質になっています。それはそれだけ身の回りに危険を感じるからですが、危険のリスクはお金持ちほど大きくなり、かつそれに対する過剰な、ヒステリックな防衛がこの映画でも描かれています。Daniel Tovarはお金持ちの子として登場していますが、貧乏人として出てくる人物と階級の違いの中でほんの少し歩みよるわけですが、お互い16歳のこの2人の少年の住む世界はやはり決定的に異なるものなのだと思い知らされるわけです。

メキシコの現実が非常によく描かれていて、メキシコを知る映画としてお勧めできる作品です。この映画を通して知ってもらいたいなと個人的に思うことはメキシコの問題は貧困なのではなく、社会格差なのです。つまり必要なのは貧困削減ではなく、格差是正なのです。

映画を通してメキシコの問題を垣間見ることが出来る一本です。

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


06
Category: 番外編   Tags: ---

実は・・。

ちょっと久しぶりの更新ですが・・実は・・今、日本です。
そしてこの後すぐにインドまで飛びます。ブログの更新ができそうにない、と言うのはこの計画も関係しています。

日本はびっくりするほど寒いので早く暑いインドに行きたいものです。でも、これからがメキシコシティーの一番いい時期で、そのお出かけシーズンにいないのがちょっと残念。ま、でも、雨季が始まる前にはメキシコシティーに戻れると思います。

INDIA

で。
インドですが、インドは10代で初めての海外一人旅で訪れた国がインドだったんですよね。この象の写真はその時撮ったものです。あの頃はまさかこんなに自分がラテンアメリカにどっぷりつかるなんて想像もしてなかったのですが、あれから10年以上たった今、またこうしてインドにいける機会が訪れるのも、これまたちょっと前まで想像もしていませんでした。

ところで、インド行きの計画は当然メキシコで進めていたのだけど、インドに行くにはご存知の通りビザが必要です。メキシコからインドに行く日本人は相当少数だと思うので多分誰の参考にもならないかもしれないですが、以下メキシコで日本人がインドビザ(観光ビザ)を取るお話。

インド大使館はPolancoにあるのですが、これが私の職場の近くで歩いていける距離だったので自分で申請しました。

インド大使館
Musset 325, Col. Polanco CP 11550, Mexico DF

必要なのは
記入済みの申請用紙(以下のURLからダウンロード Servicios Consularesから入ります)
http://www.indembassy.org/esp/index.htm
パスポート(有効期限6ヶ月以上)
パスポートサイズの写真2枚
申請料金200ペソ(2009年2月)

以上を月~木の9時半から13時までに申請すると約1週間で6ヶ月の観光ビザが取得できます。ちなみに、メキシコのインド大使館の管轄はメキシコ・ベリーズ・グアテマラで、日本国籍を持った人のビザと料金・所要時間共に異なります。メキシコ人だともっと料金は高いのですが、所用日数はちょっと短めとなっています。
(ビザの申請中は当然パスポートは預けることになるので1週間ほどパスポートが手元にない状態になるので身分証明書などが必要な手続きが他にないかなど注意した方がいいと思います。)


インドでは友人が専門家で入っているプロジェクト視察にはじまり、インドの結婚式にも招待していただいたし、インドで一番にぎやかなお祭りの日にも友人のいる街に滞在しているし・・・と楽しみが満載。それにずっと行きたかった南インドでゆっくりする予定です。帰りは今度はマカオに滞在してきます。

あー、気分も盛り上がってきたー。
その盛り上がりっぷりはここでご紹介するか、はたまた別の媒体になるのかはわかりませんが、でも、またそのお話もしたいと思います。

では、しばらくインドにて過ごします。



1
2
3
4
5
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。