A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


In 12 2011

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: 番外編   Tags: ---

ご挨拶。

2011年も残すところあと数日。
ふりかえってみると今年はいろいろ動きのある1年で、移動距離もかなりのものだったように思います。太平洋を何回も行き来したり、南米に行ったり。おかげでマイレージもけっこうたまったかな。
2011年に訪れた場所でGreeting Cardを作ってみました。
ちなみに、訪れた国は・・
アルゼンチン、ウルグアイ、エルサルバドル、チリ、パナマ、ホンジュラス、メキシコ、そして日本。
このうちアルゼンチンのペリトモレノ氷河、ホンジュラスのコパン遺跡、広島の原爆ドームは世界遺産。原爆ドームを訪れたのはメキシコ人の相方のリクエストですが、私は小学生以来・・懐かしかったですね。
特に世界遺産にこだわっているわけではないですが、毎年どこかしら世界遺産を訪れている気がします。
来年はどこに旅できるのか、楽しみです。
皆様も素敵な新年をお迎えください。
greeting

スポンサーサイト

テーマ 世界遺産    ジャンル 海外情報


13
Category: アルゼンチン   Tags: ---

一度は観てみたかったペリトモレノ氷河

カリブ海旅行の話から一気にパタゴニアへ。
私はそもそも、ずっと南米に住んでみたいと思いながら、北米→カリブ→北米→中米・・というように一向に南米の地に到達せず。最初に南米を旅行で訪れたのは1995年に当時アメリカ留学中だったのだけど、日本から南米に行くことを考えたら、アメリカからならだいぶ近いではないか!と思い、ボリビア、ペルーへ。
普通、ペルーのついでにボリビア行く人が大半なのでしょうが、私はボリビアがメインで、ペルーがついでだったのですが、すっかり南米に魅せられ、いつか、南米に住みたい・・と思い始めたわけです。
それから15年近くたって、ようやく旅行ですが、南米の地を再び踏むことに。初めての南米は一人旅だったけど、今回は夫との二人旅というのがまた嬉しかったりしました。

私もメキシコ人の相方もずっとチリに行きたい!と思っていたので、今回の南米旅行はもともとチリがメインだったのだけど、諸事情でチリ・アルゼンチン・ウルグアイの旅に。この旅行のメインはパタゴニア。
ずっと以前に椎名誠のパタゴニアを読んで、いつか行ってみたいと思っていたのだけど、いくら中米・カリブに住んでいたとはいえ、中米からパタゴニアはやっぱり遠かったですね。ブエノスアイレス(B.s.A.s)からLan Chileで飛んだのですが、B.s.A.sからEl Calafateまで3時間なんですが、これ、帰りはなんとUshuaia経由でB.s.A.sに飛ぶので5時間以上かかりました。せっかくUshuaiaまで行くのだから、いっそのこと南極まで行きたいところですが、さすがにそんなお金と時間もなく。でも、飛行機からはまさに「この世の果て」を実感できるような、そんなすばらしい景色が観れたので、遠回りでもそれはそれでよかったかと思っています。特に相方はその景色に大満足だったようです。

話は戻って、ブエノスアイレスから飛行機でEl Calafateへ一気に飛んで、翌日行ってみたかったペリトモレノ氷河のあるロス・グラシアレス公園へ。
perito moreno

しばらくはこんな光景が続きます。私の中では、まさにパタゴニアってこういう風景だよなーと思わせる風景。遠くにアルヘンティノ湖が見えます。
perito moreno 2

しばらく走り続けると、おーーー、見えてきたよ、氷河が。
perito moreno 14

ここはユネスコの自然遺産に指定されています。いつも世界遺産では証拠写真を撮っているのでその一枚。
perito moreno 4

遊歩道があって、いくつか見晴らしのいいポイントには展望台があります。ここがまずその最初の展望台。
perito moreno 5

私たちも歩いて氷河鑑賞。ちなみに、この日は途中にちょっと雨が降りましたが、そのタイミングでランチをとったのであまり影響は受けずに観ることができました。でも、夏とはいえ、当然寒いし、けっこう風も強いです。ラテンアメリカ諸国からの観光客(特にブラジル人)は軽装の人が多くて、けっこうびっくり。ジーンズの人もちらほら見かけましたが、相当寒いと思いますので、防寒着はしっかり準備していくのをお勧めします。El Calafateの街にもいろいろショップがあるので安くはないですが、かさばるのが嫌な人は現地調達もいいかもしれません。私たちはウェアからトレッキングシューズまで持って行きましたが、レンタルもあるようです。でも、相方はアウトドアウェアが大好きなので、持ってるくせにお買い物してましたが。
perito moreno 7

ここは歩いて氷河が間近に観れるのがやはり最大の売りでしょう。相方もハイテンションで駆け下りていきました。
perito moreno 6

さらに間近で観れるんです。
perito moreno 13

北半球の冬は南半球の夏、ということで訪れた時期は夏で、観光シーズン。多くの人が氷河に圧倒されていました。
perito moreno 9


perito moreno 8

夏だと運がよければ氷河が崩れ落ちる瞬間に遭遇できます。私達がいた間、それほど大規模ではないけど、一度氷河が崩れ落ちる瞬間を目撃。なかなかの迫力でした。
perito moreno 10

写真を撮る相方。相方は終始氷河に圧倒されて、写真撮りまくっていました。
perito moreno 12

そういう私もたくさん撮りましたが。
perito moreno 3

間近でみる氷河は迫力もさることながら美しさに圧倒されました。
氷河は不思議な魅力があって、ずっと眺めていたい気になります。遠かったけど、そしてお金もかかったけど、ここまで来る価値はあると実感した旅でした。

メキシコスペイン語の解説やってます。Twitterボタン
http://twitter.com/lexicomexicano

テーマ アルゼンチン    ジャンル 海外情報


09
Category: ホンジュラス   Tags: ---

中米のカリブ海リゾートRoatánへ

仕事やらプライベートやら研究やらで世界のあちこちへ出かける機会があるのだけど、ここ2、3年なんだかそういった機会をブログに記録することがめっきり減った気がする。
そうこうしているうちに、どんどん記憶って劣化していくので、やっぱりせっかくなのでどこかに書き留めておきたい気がしているのだけど、なかなか時間が取れないまま経過。時間が取れないのは今も同じなのだけど、なんとなく今やっとかないともうやらない気がする・・ということで時々過去の旅行もここにUPしておきます。
今回はホンジュラスのロアタン島。私はカリブ海が好きで、カリブの島に住んでいたこともあるのですが、カリブ海と聞くと行ってみないと気がすまないのです。
そこで、前から気になっていたホンジュラスのロアタン島へお休みを利用してメキシコ人の相方と行ってきました。
Roatan 8

マイナーな中米のカリブの中ではロアタンは比較的知名度があると思います。多分、イルカと泳げるアンソニーズ・キー・リゾートがあるからではないかと思いますが。ちなみにこの景色は泊まったホテルのビーチです。
Roatan 3

泊まったホテルはMayan Princes Beach Resort Hotel
オーシャンフロントのお部屋をとったのですが、確か1泊240ドルくらいしたような。ホテルはまあ、そんなに悪くはなかったのですが、でも240ドルの価値があるかと言うと・・ないですね。あと、ホテルの従業員とかなんか仕事する気のない感じで、まあ、それは中米だし、そんなに期待してないのですが、それなりの金額だったわけで・・。日本からはるばるやってきた方なら余計気になるかも。それだったらメキシコのカンクンで同じクラスのホテルに泊まったほうがよっぽど価値がある、と思えるよう内容でした。
Roatan 6

でも、オーシャンフロントはいいですね。お部屋でぼーっとしながらカリブ海、というのはなかなか気に入りました。暑いのでひたすらビール飲んでましたが、部屋でも。
Roatan 7

ビールといえばこのImperialです。それ以外のホンジュラスビールもいろいろ飲んだけど、あんまりおいしいと思えるものでもなく。どうも、中米ってビールがおいしいとおもったことないですね、グアテマラのGalloを除いて。Galloはおいしいと思います。
Roatan 4

ただ部屋のテラスは時間帯によっては日差しがきついのでホテルのBarへ移動して飲んでみたり。
Roatan 5

ビーチでごろりと寝そべりながら海を眺めつつ、飲んでみたり。つまりはひたすらゴロゴロ。
Roatan 1

3泊したのですが、ずっといいお天気でした。カリブの透明度の高い海はやっぱりテンション上がります。
Roatan 8

ご飯は庶民的なホンジュラス料理を食べたかったので、ホテルから出て、近くの食堂へ。ホンジュラスだと甘くないバナナのフライが付け合せに出てくるのが嬉しい。(大のバナナ好き)確かホンジュラスではtajadaだったかな。ちなみに国によってtostonesだったり、pataconesだったりします。
Roatan 9

こっちはchicharón(豚の唐揚げ)付けあわせがguineo(これも熟す前のバナナの塩茹で)なのがこれまたguineo好きにはたまらない。
ロアタンあたりの島々にはガリフナ族と呼ばれる黒人ホンジュラスがたくさん居住していて、食べ物も、雰囲気もドミニカ共和国に似ているなーと懐かしくなりました。

ロアタンは完全に外国人観光客向け、といった感じで物価もばか高いし、海以外のアクティビティーも特になく、もうちょっと庶民的な島に行ったほうが楽しいかな、と言うのが相方と私の感想。
でも、当時は中米暮らしだったので、気軽にカリブ海での休日を過ごせたので満足ではありました。

メキシコスペイン語の解説やってます。Twitterボタン
http://twitter.com/lexicomexicano


08
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

Diego Rivera生誕125周年

本日はチアパスネタではなく、メキシコの壁画運動の第一人者であるDiego Riveraの生誕125周年を記念して、本日のGoogleトップページのロゴはこれ↓
diego rivera

本日だけだから見逃した人用に貼っておきます。

日本ではDiego Riveraより奥さんだったFrida Kahloの方が有名なのかもしれませんが、やはり本国メキシコにおいてはDiego Riveraは別格。
Diego Rivera 2

写真はWikipediaより。

今回は生誕125周年記念と言うことで、メキシコ、特にメキシコシティではDiego Riveraの壁画を見て歩くのもよいのではないかと思いますので、メキシコシティでDiego Riveraの壁画が見れる場所の中から観光客が行きやすそうな場所をご紹介。

“La Creación”/ Antiguo Colegio de San Ildefonso Antiguo Colegio de San Ildefonso は
ここ
でも紹介していますが、メキシコの壁画運動を語る上で非常に重要な場所であり、Diego RiveraとFrida Kahloが出会った場所とも言われています。
博物館として非常にすばらしい所ですので、ここはDiego Riveraにそれほど興味がなくともぜひ足を運ばれることをお勧めします。

“Murales de la Secretaría de Educación Pública”/ Palacio de la Secretaría de Educación Pública
このブログでもご紹介しようと思いつつ、いまだに紹介できていないのですが、個人的にはここが穴場中の穴場だと思います。もっとも、非常に有名な場所でなのですが、なぜか日本のガイドブックでは紹介されることが少ないせいか、日本人にはあまり知られていないように思います。
ここは教育省のオフィスですので、当然無料で入れます。こんなところがオフィスで、かつ無料ですごい壁画が見れるところにメキシコのすごさを感じます。
ちなみに、ここ、トイレの入り口の壁画もDiego Rivera・・なんて贅沢なトイレ。個人的にはメキシコで最も贅沢、かつ価値あるトイレだと思ってます。Antiguo Colegio de San Ildefonso からも歩いてすぐなので両方行くのがお勧めですが、ここはオフィスなので当然平日しか開いていませんので曜日にご注意を。

“La Historia de México”/ Palacio Nacional
説明するまでもなく、おそらく最も多くの人が訪れているであろう壁画のひとつ。ここも無料なのでZócalo周辺の観光工コースには間違いなくここを訪れることになっていると思います。

“Sueño de una tarde dominical en la Alameda Central”/ Museo Mural Diego RiveraDiego Riveraの代表作。これを観るだけでもこの博物館に行く価値はあると思います。

“El Hombre controlador del Universo”“Carnaval de Huejotzingo”/ Palacio de Bellas Artes
Bellas Artes自体はここでも紹介済み。ここも観光客が一度は訪れる場所だと思います。

“La Universidad, la Familia Mexicana, la Paz y la Juventud Deportista ”/ Estadio Olímpico Universitario,Ciudad Universitaria UNAM
ここでも紹介していますが、最後は世界遺産にも登録されているUNAMにあるオリンピックスタジアムの壁画。ここはわざわざ観に行くというよりもスタジアムに行ったときに観に行くのがいいかと思います。

UNAM以外は全てセントロ地区に位置しているので、それぞれ歩きながら訪れることが出来るので、セントロ地区の散策を兼ねて Diego Riveraの壁画を鑑賞するのもお勧めです。

メキシコスペイン語の解説やってます。Twitterボタン
http://twitter.com/lexicomexicano

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報


03
Category: MEXICOお役立ち情報   Tags: ---

メキシコ格安航空券事情再考

話はちょっとそれますが、私は出身が関西なのだけど、もっぱら成田空港ばかり使っていて、関西国際空港を利用することってめったにない。使う時はアジア方面に出かけるときくらい。だけど、話題のエアアジアXのマレーシア行き、往復で税金、燃料サーチャージ込みで2万5千円・・なんて聞くとさすがに利用価値はありそうだな、という気になってきた。特にマレーシアだとメキシコ人の相方もビザなしで入国できるし。
個人的に、エコノミー席の限界フライト時間は6時間。なので、関空から東南アジアくらいまでならLCC(Low-Cost Carrier)の狭い席でも耐えられる・・気がする。

話はメキシコに戻って。
基本的にラテンアメリカって、えらい航空券代の高い地域だと私は思うのですが、その中でやはり広大な国土に巨大な市場を抱えるブラジルとメキシコは比較的LCCが参入している国だといえます。
先日もチアパスに調査に行ったとき、Aeromexicoで行くつもりが、クソAeromexicoが私の予約をキャンセルしていたので、どうしてもその日のフライトを押さえたかったので、他社をあたることにしたのですが、そのときメキシコ国内線におけるLCCのすさまじい勢いを感じました。

今回のエントリーに「再考」とつけたのは以前も格安航空券の話は書いたのですが、それから現在までを考えるとものすごく勢力図が変わってきているので、改めて整理してみようと思ったわけです。
と、言うのもかなりの航空会社が参入してきたものの、撤退しているのも事実です。記憶にある限りここ数年で運行停止あるいは経営破たんしたのは以下の通り。

Aero California アエロ・カリフォルニア 
Alma de Mexico アルマ・デ・メヒコ 
Avolar アボラール
Aladia アラディア
Aviacsa アビアクサ 
Click Mexicana クリック・メヒカーナ 
Lineas Aereas Azteca リネアス・アエレアス・アステカ 


このメキシコでのLCCのすさまじい勢いはやはり2010年8月にMexicanaが経営破たんし、Mexicana de Aviación並びにMexicanaのLCC版だったClick Mexicanaが撤退したのがかなり大きいといえます。
その空いた市場をAeromexicoが独占するかと思いきや、一気にLCCが参入、拡大を目指したわけです。
個人的にはClick Mexicanaが好きだったので残念。

それでは現在のLCCと言うと・・

Volaris Mexico ボラリス・メキシコ
Interjet Mexico インタージェット・メキシコ
Magnicharters マグニチャーターズ
Viva Aerobus ビバ・アエロブス

その中で最も市場を広げているのがInterjetですね。ここは元々メキシコシティではなく、お隣のTolucaが拠点だったのですが、Mexicanaが撤退したあとメキシコシティのベニート・ファレス空港に参入。路線も拡大し、サービスも良いのでぐんぐん伸びているのがよくわかります。私も個人的にはこの会社、印象はいいですね。ただし、LCCの中ではいちばん値段が高い気がします。
Magnichartersは結構もう老舗的なイメージですが、個人的にはMagnichartersはもう使わないだろうな、という感想を覚えています。Volarisは・・使ったことないのでなんともいえませんが、正直すぐ潰れる(失礼)と思っていましたが、意外とかなり業績を伸ばしているそうで、Interjetのライバル社といわれているようです。
そして、やはり話題なのはViva Aerobusでしょう。
何と言ってもここがいちばん安い。名前の通りバス感覚で乗れる飛行機、という料金設定。いや、バスより安いかも。メキシコのバスは長距離だと意外と高くつくのですよね。例えば今回のチアパス行き。Tuxtla Gutiérrezへ行きましたが、ここに行くのであればViva Aerobusのほうが安くつく可能性がかなり高いです。
(ただし、Tuxtla Gutiérrezの空港から市内、あるいはSan Cristóbal de las Casasへはタクシーとなるとかなり高額。特にSan Cristóbal de las Casasだとタクシー代のほうが飛行機代より高くなる可能性大)
私も今回Aeromexicoにやられたので、次回チアパス行くときはViva Aerobusを使ってみようかと思っています。
一概にバスが安い、とは限らないのでルートを決める際には飛行機の値段も確認されたほうが良いと思います。あるいは片道飛行機というのもLCCが使いやすいと思います。また、上記LCCの中にはメキシコからの国際線も運航している会社があって、国際線はかなり安いと思います。ただし、一般的にLCCは安いだけあって航空券の制約も厳しく、また購入に際してメキシコ国内のクレジットカードでないとだめ、ってところもあったりとスペイン語がわからない、メキシコの事情にあまり詳しくない方には少し購入はめんどうかもしれません。そういう時はメキシコ現地の日系旅行代理店でも購入できるところもあるので、相談されるのも良いかもしれません。

メキシコスペイン語の解説やってます。Twitterボタン
http://twitter.com/lexicomexicano

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



1
2
4
5
6
7
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。