A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


27
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

africala 2

前回のエントリーで20日に観に行った第一回アフリカ映画祭 africalaについて書きましたが、今回は21日に観に行った分のお話。

この日行ったのはCinematógrafo del Chopo
africala 5

ここもいろいろなテーマに沿って映画を上映しているところなのですが、今回はじめて来ました。

さて、今回の映画は・・
La raíz olvidada
Africanías

の2本。どちらもメキシコの黒人文化をテーマにしたドキュメンタリー。
しかも!今回はこの2本の作品の監督であるRafael RebollarとMéxico Negro A.C.と言うアフリカ系メキシコ人の団体の会長が上映会に出席すると言うのでそれもすごく楽しみにしていました。
africala 6

この黄色いシャツを着ている方が監督のRafael Rebollar

ラテンアメリカの多くの国には植民地時代にアフリカから奴隷としてつれてこられたアフリカ人の子孫達がたくさん居ることはご存知だと思いますが、メキシコはその数が少なく、メキシコとこれらのアフリカ系の人々はほとんど結びつきがない・・と思われているのが実情です。
実際、私も普段メキシコに生活していてアフリカ系のメキシコ人と接することはまったくと言っていいほどありません。

でも、Veracruz,Oaxaca,Gerreroには今でもアフリカ系の方がたくさん住んでいる集落もあるし、ずっとこのテーマ、「メキシコの中のアフリカ」には興味を持っていたので、今回の映画上映会、とっても楽しみにしていました。

映画の方ですが、La raíz olvidadaの方は主にメキシコにおけるアフリカ系の人々の歴史などをいろいろな角度から検証したドキュメンタリーでとても興味深かったです。特にVeracruz出身の人の事をJarochoと呼ぶのですが、このJarochoと言う言葉はもともとアフリカ系の人々を指す言葉だったと言うのがおもしろかったです。

もうひとつの作品Africaníasはほとんどが映像のみで主にCosta Chica(GerreroとOaxacaの太平洋側にある地域 ここに多くのアフリカ系の人が住んでいる)の人々を描いていました。踊りや音楽はやっぱりおもしろい!以前住んでいたドミニカ共和国に伝わるアフリカ色の強い踊りとかなり似ていました。ただ、バイオリンを使うところはやっぱりMestizo(スペイン文化との混血)を感じましたが。メキシコにもこんなにもアフリカが強く残っているのかと思うともう、たまらなく行ってみたくなりました、Costa Chicaに。

で。
映画が終わってからは監督とMéxico Negro A.C.の会長を交えての討論会。いやぁ~、これが実に!おもしろかった。
メキシコは人前で意見を堂々と述べることの出来る人が大半で、こういう場でも自分の主義・主張をはっきりかつうまく伝えることの出来る人が多いので、こういう討論会も盛り上がるんですよね。
特に、こういうテーマの映画に興味を持つ人ってのはやっぱ目的意識もはっきりしている人がほとんどだし。

個人的に大変面白いと思ったお話をいくつ書いておきます。
メキシコにアフリカ系の人がいる・・と何度も書いていますが、果たして何人くらいいるのか?これ、私も疑問に思ったことあるのですが、会場でもやはりこの質問をした人が居ました。
で、México Negro A.C.の会長の説明が大変興味深かったのです。
メキシコにおけるアフリカ系の人口・・何人だと思いますか?

答えは・・・

誰もわからないのです。

なぜわからないのか?それは、メキシコでも当然国勢調査をしますが、その際アフリカ系の人たちはメキシコの先住民族Mixtecosとしてカウントされているのです。これ、私はものすごく驚きました。もちろん、彼らはアフリカ系メキシコ人であって、Mixtecosではありません。しかしながら、メキシコ政府そのものがそもそもアフリカ系メキシコ人の存在を認めていないのです。つまり「統計上」彼らは存在すらしていないことになっているのです。

また、いかにメキシコ政府がアフリカ系の血を否定してきたかという例としてメキシコの独立の英雄José Maria Morelos, Vicente Gerreroについて話してくれました。
この二人、メキシコの教科書には必ず出てくるし、あちこちに銅像やら肖像がやらがあるので私も顔はちゃんと覚えているのですが、驚いたことに、この二人とも実はアフリカ系の血が強かったので、顔も黒人の特徴がはっきり出た顔だったのです。でも、メキシコ政府は二人の顔から黒人の特徴を消し去った肖像がを意図的に普及してきたわけです。
morelos

ちなみにこれがよく目にするMorelosの肖像画。ご覧の通りMestizo(スペイン人とメキシコ先住民族との混血)として描かれています。
 
私はメキシコで先住民族に関しても研究しているのですが、先住民族にもありとあらゆる差別がありますが、メキシコのアフリカ系の人々に関してはその存在すら無視され続けてきたのだと今回の討論会で知って強い衝撃を受けました。

もっともっとメキシコのアフリカ系の人々について知りたい、そして知ってもらいたい・・そんな風に強く思いました。
関連記事
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。