A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06
Category: MEXICOお役立ち情報   Tags: ---

メキシコ・インターネット事情

今回はメキシコ・インターネット事情に関して。メキシコと書きましたがメキシコ全国共通の物もあればそうでない物もありますので、基本的にはメキシコシティー・インターネット事情です。これを書いている現時点(2007年5月)の情報ですので、今後変更される可能性がありますので、ご契約にあたっては各自お問い合わせください。

メキシコでプロバイダーを決める大きな条件は「電話回線を使うか、使わないか」だと思います。

①電話回線を使うタイプ
A)プリペイドカードを使って接続する
B)TELMEXなど電話会社とインターネット契約をする

②電話回線を使わないタイプ
A)CATV(ケーブルテレビ)
B)データ通信カード
C)その他

メキシコでは電話回線を申し込んで手に入れる事自体が実はかなり大変・・と言うか時間がかかる場合が多いのです。住んでいるエリアの回線の空状況などによるらしいので、すぐ回線工事をしてくれた・・と言う話も聞きますが、大体1,2ヶ月かかったという話をよく耳にします。なので、メキシコ滞在(生活)がそれほど長期でなく、かつ、すぐにネットに接続したい!と言う方には電話会社と契約してネットを使うのはお勧めしません。逆に長期で生活する方はやっぱり電話会社のサービスを利用する方が一番多いようです。(私もその一人)

では、「電話回線を使うタイプ」について更に詳しくご説明。
A)プリペイドカードを使って接続する
もし、すでに自宅に電話回線があるのであれば、おそらくこれがもっとも手っ取り早くて経済的な方法だと思います。長距離電話・インターネット用のプリペイドカードTodito cardを購入してすぐにネット接続できます。プリペイドなので安心。ちなみに2007年4月現在の料金は一番安いカードで50ペソ(約500円)で250分か6日間接続時間無制限を選んで接続できます。100ペソだと900分か15日間。1か月接続時間無制限だと185ペソとなっています。特に、ホームステイ・下宿などで住んでいるところに電話回線がある方や短期の滞在の方にお勧め。ただし、ダイアルアップなので速度の問題とネット中は電話のやり取りが出来ないことがやっぱりネックではありますが。また、気をつけなくてはいけないのはメキシコの市内電話は100回まで基本料金に含まれますが、100を超えると一回ごとに料金がかかります。(メキシコの市内電話の料金は通話時間ではなく回数制)なので、プリペイドでかけていても100回を超えると通話回数分料金がかかります。

B)TELMEXなど電話会社とインターネット契約をする
TELMEXと言うのは日本のNTTのような電話会社です。この会社の提供しているProgidy Infinitum(ADSL)を利用している方は多く、そういう私もその一人です。Pogidy Infinitumの1M以上の利用を申し込むと電話料金の割引が適応されたりするメリットがあります。
Progidy Infinitumの利用は当然電話回線も持っていることが前提になります。TELMEXはメキシコ全土、どこでも支店があるので申し込みしやすいですが、気をつけなくてはいけないのは、自分の住んでいるエリアがProgidy Infinitumのサービス提供範囲にあるかどうか・・と言うことです。私の場合、申し込んだ時点ではサービス提供圏外で、2ヶ月待たされました。

お次は「電話回線を使わないタイプ」のご紹介。
A)CATV(ケーブルテレビ)
電話回線を使わないタイプで一番メジャーなのは多分CablevisiónというCATVのインターネット接続サービスの利用だと思います。電話回線がない方、すでにケーブルテレビの契約をしていたり、また今後ケーブルテレビの契約もしようかな・・と方にはいいと思います。実際、私も電話回線を手に入れるのにかなり時間がかかりそうだったので、Cablevisiónに何度か問い合わせたことがあります。あくまでも個人的意見ですが、非常に感じ、悪かったです(苦笑)。おそらく歩合制なのでしょう・・とにかく契約を取ることに必死でうそついてでも契約を取りたい・・と言った感じで、実際とは違う説明をされたり。
まあ、私の対応をした人がたまたまそういう人ばかりだったのかもしれませんが。

Cablevisiónの契約に関して、実際に思った気をつけないといけない点を2つあげておきます。
①最低1年間の契約期間を結ばないといけない
途中で契約を解除する場合は2か月分のペナルティーを支払わないといけない複数名のCablevisiónの社員と話しましたが、このことは私が問いただすまで言わなかったんですよね。なので、1年未満しか契約しない可能性のある人は知らないと損します。
②クレジットカード払いじゃないと初期設備費でけっこう取られる。
上記はあくまでも私が問い合わせたときの話なので、契約に当たっては再度ご自身でご確認ください。

あと、当然ですが、Cablevisiónがサービスを提供している範囲内に自宅がないと契約できません。

B)データ通信カード
IUSACELのBAM・・これ、いつからサービスが始まったのか正確には知らないのですが、かなり最近なんじゃないかと思います。盛んにTVCM流して宣伝しています。

一応サービス提供範囲はメキシコ全土とアメリカ合衆国なんだそうです。どこででも接続できて便利だとは思いますが、月額688ペソ(税込み 約7000円くらい)はちょっと高いよなぁ~。でも、いつでもどこでもつなげたい人にはいいかもしれないですね。

C)その他 e・go
電話回線はないし、CATVもめんどくさい。でももってすぐにネットしたい!と言う方はやっぱりe・goがいいかと。これは電話回線不要で申し込み後すぐモデムを持って帰ってワイヤレスでインターネットに接続できるサービス。これが一番手軽なサービスだと思います。ただし、これはサービスを提供している都市がかなり限定されているのでそれ以外の都市在住だとだめなのと、メキシコシティーでもサービス圏外がけっこうあるようです。私もこのサービスを検討していたのですが、なんと自宅はサービス圏外。ちなみに、このサービスも支払いをクレジットカードにすれば初期設備費は無料ですが、そうじゃないと  とられます。

メキシコのインターネット業界はまだまだこれからなので今後更に新しいサービスが登場してくると思います。

また、今回はあくまでも自宅でインターネットをするというお話で書きましたが、メキシコにはインターネットカフェはたくさんあります。ただし日本語入力できるところは少ないですが。大体メキシコシティーだと1時間10ペソ(約100円)程度。地方だと5ペソくらいのところも多いです。ネットカフェによって自分のパソコンを持ち込んでつなげてもらうことも出来ます。また大学構内、ホテルやカフェやショッピングモール内などで無線LANでつなげられる場所も増えてきています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。