A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


21
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

El Búfalo de la Noche

メキシコ映画が好きな私。前から気になっていたDiego Luna主演で、Gullermo Arriaga脚本のEl Búfalo de la Nocheが金曜日から公開になったので早速観に行ってきました。
el bufalo

グレゴリオは精神病を抱える22歳。恋人タニアと親友マヌエルに支えられ入退院を繰り返す日々。しかしタニアとマヌエルは次第に惹かれ合い、グレゴリオとマヌエルの友情は砕け散る。時は過ぎ、完治を認められ治療を終えたグレゴリオとの友情を取り戻そうとマヌエルは試みるが、その2日後、グレゴリオは不可解な幾つもの謎を残して自殺。タニアとマヌエルはその謎解きに挑むことに・・・。『バベル』のギジェルモ・アリアガ脚本・製作、ディエゴ・ルナ主演、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナが設立したCANANA FILMS配給の超話題作、日本初上陸! LATIN BEAT FILM FESTIVAL HPより

この映画、アカデミー賞脚本家Guillermo Arriagaの作品なのですが、彼は今までAmores Perros,21 gramos,BabelでGonzáles Iñárritu監督と組んで来ましたが、ご存知の通り、決別。この作品がその決別後の第一作と言うことで話題になってました。
el bufalo 2

結論から言うとどうも中途半端。狙いすぎて外した・・って感じでした。悪くはないのですが、かと言って今までの作品のような強烈なインパクトはなかった。まだこれから観る方も多いと思うのでストーリーに関してはあえて書きませんが、舞台がメキシコシティーと言うのもあるのですが、どこかAmores Perrosに通じる部分があるように思えます。

Arriagaいわくこの脚本は主演はDiego Lunaしか考えていなかったそうですが、彼の演技自体はよかったと思いますが、脇を固める俳優陣は・・どうかな・・。

個人的にはArriaga抜きのGonzáles Iñárritu監督作品も早く観てみたいですね。

さて、なんとこの作品、もうすぐ日本で開催されるLATIN BEAT FILM FESTIVALで上映予定なんですね~。びっくり。これはArriagaのアカデミー賞効果なのかDiego Luna人気なのでしょうか?
ちなみにメキシコからは以前私が絶賛したEl Violín とこれまた私の大好きな作品であるEl Laberinto del FaunoそしてDiego Lunaの初監督作品J.C.CHAVEZが上映されます。東京・大阪で開催予定なので日本の皆様、El ViolínとEl Laberinto del Faunoは是が非でも観にってください!この3作品はすでにブログで取り上げてます。El Violínに関してはここに、El Laberinto del FaunoはここにそしてJ.C.CHAVEZはここに書いてますのでよかったらそちらも読んでください。

いやぁ~、日本でもメキシコ映画がもっともっと評価されてほしいもんです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Edit
鍵コメント主様
メッセージありがとうございました。今はメキシコ在住ですが、日本でスペイン語圏の映画がもっと観られるようになればいいなぁと思っていたので、この映画祭はとってもいい機会だと思います。
メキシコより映画祭の成功をお祈りしています。
Editまた、メキシコに住みたい!
TBさせていただきました。
日本で、ラテンアメリカ映画を配給しているvagabunda です。ほんとに、メキシコ映画、もっと評価されてもいいのですが、日本では中々、商業公開むずかしいです。
昨年、10月に無謀にもやってしまっためきしこ・ドキュメンタリー映画祭で、大赤字を出してしまいました。(あはは)
むか~し、QueretaroとAguascalientesに住み、
目からウロコの日々を送った私にとって、
メキシコは、第二のふるさとです。
Edit
vagabundaさん
ご訪問&書き込みありがとうございます!
昨年のメキシコドキュメンタリー映画際、私は既にメキシコにいたのですが、日本の友人数名は観に行ったと言っていたのですが、大赤字だったんですか・・。うーん。やっぱりメキシコ映画はまだまだ商業的には難しいんでしょうね。でも、少しずつですが認知されてきているように思います・・と、言ってもハリウッド・ヨーロッパ経由なので、El Violínのように生粋のメキシコ映画が日本で公開されるのはすごくうれしいです。これからもどんどんメキシコ映画の素晴らしさを日本でも伝えていってください。かげながら私も応援しています。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。