A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11
Category: ARTESANIAS 民芸品   Tags: ---

パナマ帽 JIPIの世界

ユカタンのとある集落に仕事で行った帰り道。先方が気を使ってくださってSanta Rosaと言うHacienda(荘園)を見に行きましょう・・と言うことになった。で、その通り道、誰もSanta Rosaに行ったことないのが判明(苦笑)。なのでその辺の人に道を聞こうと思ったら、あら、こんなところにArtesanía(民芸品)のTaller(工房)が。
taller

JIPIと書いてありますが、JIPIとはパナマ草のこと。パナマ草とはその名の通りあのパナマ帽の原料となるものです。
実はパナマ帽はパナマで作られていたものではなく、他の地域で作られていた「パナマ帽」がパナマで取引されていたのでこの名前になったのだとか。そして、この「パナマ帽」の本場はここユカタン半島なのです。
taller 3

この地域のパナマ帽は「あじろ網」という高度な編み方をしたもので、パナマ帽の中でも最高級品とされています。ちなみに写真のものは200ペソくらいでしたが、日本で買えば数万円にもなるものもあるのだとか。Méridaで買ってももっと高いと思います。もちろんすべて手作業。この地域の高温多湿な気候が製作に向いているのだそう。
taller 4

こんな感じで作っているところも見せていただきました。

このパナマ帽は大切に使えば一生物だそうです。折りたたみもできるし、暑いこの地域で遺跡見学などにも最適です。お土産にも喜ばれそうなこの一品。たまたま通りかかったこの工房はGranadaと言う集落でSanta Rosaに行く途中にあります。もちろんMéridaでも買えますが、工房で買うほうが安くていい品が手に入ります。

taller 2

帽子以外にもこんなカラフルな作品もあります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
40年前にパナマで買いました 折り畳めてとても便利で海外旅行には何時も持って行きます 
今もって新品同様なのは不思議です
サインが入っていてそれなりの値段でした
Edit承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Edit
忍者さん
パナマ帽はお手入れ次第で一生物と言いますが、きっと忍者さんのお手入れがいいんでしょうね。折りたためるってのが旅行なんかにも便利ですよね・・って、私は持ってないんですが。でも、私が見せていただいたパナマ帽、素人目にもよさがわかる品物でした。
Edit
数年前ですが友人が来墨の際、「パナマ帽を買いたい」と言うのであちこち探しましたがD.F.では見つかりませんでした。
それまで私は、パナマ帽がメキシコ産だとは知りませんでした。
200ペソで一生ものなら安いものですね。
Edit
aliciaさん
D.F.では確かに売っているのを見たことはないですが、探せばどこかにありそうですね。でも、やっぱりユカタン半島が本場です。パナマ帽はメキシコだけではなくてエクアドル産も有名という話も聞きました。
200ペソくらいなら確かに安いですよね。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。