A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

MITLA遺跡

ミトラは遺跡はメキシコのオアハカ州、オアハカ市の南東40km、タラコルラ(Tlacolula)河谷にある後古典期のサポテカ文化の遺跡。(以下写真以外大部分をWikipediaより)
mitla

名称の由来は、ナワトル語の「ミクトラン」(死者の地)から来ている。モンテアルバンⅣ期(750年~1000年頃、あるいは後古典期前期900年~1200年頃)の遺跡とされてきたが、実際には、スペイン人が到着した後古典期後期にも機能していた。おぞましい儀式を目撃したとのスペイン人神父たちの記録も残っている。 ミトラの廃墟は、リオ=グランデ=デ=ミトラ川をまたぐ岩場の斜面と丘陵の北側に位置している。ミトラの「市街地」および「祭祀センター」は、「円柱の建物群」と呼ばれるものをはじめとして5つの長方形の中庭を囲む細長い建物群で構成されている。
mitla 6

mitla 7

遺跡の南側には中庭を囲む建物の下から伸展葬で葬られた貴族の十字型の墓が発見された。よく知られている建物の構造は、内部は泥と石であり、外面は、丁寧に切り取られて加工された火山岩でおおって漆喰を塗っている。ミトラの建物の正面と出入口の枠には赤地の化粧漆喰の上に細かい石を組み合わせて階段状の雷文のような美しい幾何学文様が施された。いくつもの壁から壁をつなぐ角材のような石の柱で屋根を支えている。屋根は小さな石板に砂利をまぶして、全体を石膏で覆っている。屋根は雨水が中庭に落ちるようにゆるやかに傾斜させて造られている。
mitla 4

ミトラで最も目立つ文様である階段状の雷文は、最初は土器や建物の壁面に描かれたが、やがて建物や住居、墓の壁面を飾るモザイクに移行していった。
mitla 3

このモザイク、削ったものでも、貼り付けたものでもなく組み合わせられたものです。なので、耐震性がかなりあるそうで、地震の多いオアハカ盆地にあっても今なお頑丈に残っています。実際この遺跡の90%はオリジナルなんだそうです。
mitla 2

ミトラの建物群は、在地産の石材を用いている。ミトラの建物群は、サポテカのものであったがミシュテカの絵文書のように宮殿の壁面が彩色されることがあった。
mitla 5

OAXACAの遺跡といえばMONTE ALBANが一番有名ですが、このMITLA遺跡も私は好きです。
mitla 8

ツアーなどでも気軽に行ける遺跡なので時間があればぜひ足を伸ばしてみてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Editはじめまして!
はじめまして。少し前からブログ拝読しています。読んでいて楽しいだけでなく、歴史的なことなどもきちんと調べて書かれているので、とても勉強になります!
11月にメキシコに行ってきたのですが、4日しかなく、シティだけでも全然時間が足りませんでした。MITLA遺跡もいつか絶対行きたい場所です。いつかメキシコに住んでみたいとも思ったり・・・。
これからも、メキシコ情報楽しみにしてます☆
Edit
kurieさん
こちらこそはじめまして。ご訪問・コメントありがとうございます。
私にとってもブログを書く際にいろいろ調べるのが勉強になってます。意外なことがわかったりしてなかなか楽しかったりもします。
メキシコは見所満載の国なのでまたぜひ遊びに来てくださいね。
ブログでもメキシコの魅力をいろいろ書いていきたいと思うのでまたこちらの方にも遊びに来てくださいね。お待ちしています。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。