A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11
Category: RUINAS 遺跡   Tags: ---

世界最大の遺跡

前回でとりあえずPUEBLAシリーズは終了なのだけど、今回はPUEBLAから7KMほど離れたCHOLULAをご紹介。本当はCHOLULAに行ったのは1年以上前の話なのだけど、当時忙しくてUPできないまま。この機会を逃すとまたいつUPできるかわからないので書いておきます。

CHOLULAには「世界最大のピラミッド」があるのです。世界最大のピラミッドといえば通常はエジプトのクフ王のピラミッドですが、これはピラミッドの高さであって、容積ではCHOLULAのピラミッドが世界最大でギネスブックにも認められているのだそうです。その割にはそんなの聞いたことないぞ!という方も多数いると思うのですが、その理由も含めてご紹介。

cholula

早速、PUEBLAからローカルバスでCHOLULA到着。あれ?ピラミッドは??と思おうかもしれませんが、CHOLULAのピラミッドは完全な形では残っていません。だからギネスに世界最大のピラミッドと認定されていてもそれほど有名ではないんですよね。
でも、よくみていただければわかるかと思いますが、山頂にある教会がピラミッドの頂上。つまり教会へ登る階段のあたりから頂上までピラミッドだったわけです。幅450メートル、高さ65メートルの巨大ピラミッドなのです。ちなみにテオティワカンの太陽のピラミッドの2倍の大きさに値するそうです。
cholula 2

と、言うわけで頂上目指して出発。途中Chapulín(食用のバッタ)を売っている人がたくさんいて「これ食べたら元気になって登れるよ~」なんて言って売ってました。
cholula 3

頂上からの景色。空の色からもちょっとわかるかもしれませんが、実はこの日大寒波がメキシコ中にやってきて、もう、寒くて死にそうになりながら登りました。
cholula 4

これが頂上の教会。メキシコ市のZócaloももともとアステカの神殿があった場所でその神殿を壊して教会を作って先住民の信仰をカトリックへと向けていったわけですが、ここCHOLULAでも同じようにピラミッドに象徴される神々への信仰をカトリックに向けるために教会が建てられたのかなと思います。
cholula 5

教会から降りて散策。こんなところから頂上までピラミッドだったなんてすごいです。
cholula 6

入場料を払えばこのようにトンネルに入って中や遺跡の一部をもっと観る事が出来ます。ちなみにトンネルは全長8キロもあるのですが、観光客が通れるのはその一部。トンネルには色鮮やかな壁画もあって、特に有名なのがPulqueの神にささげる壁画。100人くらいの人がヘベレケに酔っ払っている姿が描かれているそうです。そんなおもしろそうな壁画ですが、残念ながら現在は一般には公開されていないようです。
cholula 7
別のアングルからピラミッドの土台と教会。
cholula 8
さらに別のアングル。この遺跡が破壊されていなかったら・・と想像してしまいます。
cholula 9

最後におまけ。CHOLULAのお土産屋さんにて。CHOLULAはPUEBLAから近いのでもちろん日帰りで十分なのですが、この街は学生街ということもあっておもしろそうなBARやけっこうお洒落な感じのCAFEやレストランもあるので、ちょっとゆっくりするのもいいのじゃないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
ガイドの説明ではスペイン人が壊したのではなく侵略者が来るというので神聖なピラミッドを隠すために総出で土砂で覆い尽したと言ってました
壊したのは裾の部分でこの石で頂上の教会を建てたそうです
資料で確認していませんがご存知でしょうか?

多くのピラミッドが施政者が代わる毎に新しく積み増しここは7回増築されトンネルでは断面で奥から順次建造された当時の石積みが観察出来ます
Edit
忍者さん
私の書き方が少々誤解を招く書き方だったかもしれません。なので、一部書き換えました。
「ピラミッドを総出で隠した」かどうかですが、考古学的にどういう解釈をしているのか深くはわかりませんが、調べてみた範囲ではA la llegada de los españoles el Templo de Quetzalcóatl, se ubicaba al lado poniente de la Gran Piramide, el cual fue destruido y con sus piedras se edificaron los principales monumentos coloniales.とあるように、土砂で隠した・・というよな記述はなかったのですが、本当のところはどうなんでしょうね。そうやって考えると逆に完全な姿で残っていないことがこの遺跡のミステリーとして魅力のひとつなのかもしれない・・と思えてきました。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。