A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


02
Category: MEXICO見所 地方編   Tags: ---

MAYAの世界

前回のエントリーにメキシコシティーからユカタン半島へ行くと「異国情緒が味わえる」と書きましたが、今日はそのお話。
同じ国とは言え、ユカタン半島はマヤ文化が根強く残っているので、人種から言葉、食べも物などなどメキシコシティーとはずいぶん違います。街でも女性の民族衣装ウイピルを着ている人を良く見かけます。
mundo maya

若い子で着ているのはあまり多くないですが、中年・年配の女性はかなりの率でウイピル着てます。刺繍がとても素敵。それにとにかく暑いこの地域にはウイピルがぴったりなんでしょうね。
ちなみに、この写真の女性達、ずっとマヤ語でおしゃべりしながら歩いていました。思った以上にマヤ語を話せる人、日常でも使っている人は多いように思います。

マヤ人は見た目にも違いがあるのですが、あまりそういうのを書くと人種差別的になったりしてもいけないので(私としてはそういうつもりはまったくないのですが)、街で見かけたこれぞマヤの女性!といった感じの絵をご紹介。
mundo maya 2

男性も非常に特徴的なのですが、残念ながら男性バージョンは見つけられませんでした。

このブログでも何回も触れていますが、料理もとても特徴的です。
mundo maya 3

これはMercadoで撮った一枚。ユカタン料理に欠かせないスパイスの数々。ユカタン料理は他のメキシコ料理と比べてスパイスを良く使う料理だと思います。

mundo maya 4

これは雑貨屋さん。別にユカタンじゃなくてもこういう感じの雑貨屋はメキシコ全国あちこちにあるのですが、ユカタン的だなと思うものも置いていたのでちょっとパチリと撮ってみました。
mundo maya 5

私がユカタン的と思うのはこういうロープとか、細かく編んだもの。ユカタンといえばOro Verde(黄金の緑)と呼ばれたHenequen(龍舌蘭の繊維)が有名ですが、Hamaca(ハンモック)なんかも特産品だし、パナマ帽もそうですが、「編む」という分野でとても秀でた民族だと思います。

最後は話は教会に飛びます。
mundo maya 6

泊まっていたホテルのすぐそばの教会。なかなかシンプルながらも人の目を引くような魅力もある感じのするこの教会なのですが・・
mundo maya 7

すごくユカタンっぽい・・と思ったのは「扇風機」・・他のエリアでもあるかもしれませんが、教会に扇風機ってはじめて見ました。暑いこの地ならではですね。

こんな風にもうメキシコに住んで7年目の私ですが、ユカタン半島はそんな私の目に新鮮に映る場所です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
男性バージョン
Guayabera 夏に公式な場所でも着られるポケットが4つ付いた縦にレースの付いた綺麗なシャツで大のお気に入りです
このレースは伊達でに付いているのでなくポケットに物を入れた時に着崩れしない為だそうです
上着を着ないときに沢山物が入れられるのは素晴らしい
持って帰ってのが大分古くなったので日本ネットで探しやっと一箇所扱っている店を見つけ購入しましたが中国製のお粗末な品でした
日本でもクールビズと上着ネクタイ無しが持て囃される時代ですがこれが流行って欲しいです
Edit
忍者さん
私もGuayaberaは大好きです・・と、言っても男性の正装なので眺める方ですが。おっしゃるとおりここユカタンはGuayaberaが特産品で私も相方に買って帰りましたが、本人もかなり気に入ってました。これは正装なので確かにクールビズにぴったりですよね。余談ですが、私が本文中で見つけられなかった男性バージョンと言うのはイラストのお話なので、ユカタンではGuayaberaを来た男性は女性のウイピル同様けっこういますよね。ま、こちらも年配の方が大半ですが。でも、若い男性のGuayaberaも素敵だと私は思います・

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。