A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


18
Category: コスタリカ   Tags: ---

PURA VIDA !! COSTA RICA ①

なんだかちょっとご無沙汰になってしまいましたが・・その間何をしていたかと言うとタイトルの通りCOSTA RICAに行っていました。・・って、仕事ですよ!仕事!

な~んて言いつつ、仕事柄コスタリカのあちこちの自然保護区を回っていました。
で、14日の金曜日の最終フライトでメキシコに戻ってくるつもりが、すでにSemana Santa(イースター)休暇が始まっているせいか、満席で取れなかったのです。なので、土曜日のフライトをなんとか抑えたのですが・・ムフフ。丸一日フリーって事ではないですかーーー。と、喜んでいたのですが、土曜日も結局国立公園へ連れて行かれました。でも、その国立公園がマイナーなところなのですが、他のメジャーなところより私はずっと楽しかったです。休日にもかかわらず案内してくれた方々に感謝。

と、言うわけでしばらく番外編としてCOSTA RICAで見た事、感じたことを書いてみようかと思います。

まず、今回連れて行っていただいた国立公園はLa Cangrejaというところで首都のSan Joséから2時間ほど。外国人が訪れることはあまりないけれども、これから観光開発に力を入れて行きたい・・と言った感じのところです。

ここはMINAE(コスタリカの環境省のようなところ)の管轄する国立公園とNGOの所有である公園と分かれていて、私はNGOの方を案内していただきました。
la cangreja
ここがその入り口。
la cangreja 2

これはこの国立公園でしか植生が見られないという固有種。


コスタリカは様々なカエルで有名ですが、Monte Verdeという有名な自然保護区を抱える街にあるカエル園でも観ることが出来なかったコスタリカ最小カエルに思いがけずここでご対面。
ranita 2

ちなみに、これ、私の小指にのっかています。大きさ的には小指の爪程度。とにかくこの小ささとかわいさにしばし見入ってしまいました。
ranita

動くとこんな感じ。ここの沢にたくさんいました。
la cangreja 8
更に大きさを比較するとこんな感じ。このカエルの小ささがよくわかります。
la cangreja 7

コスタリカにはこのような川と森がいたるところにあってそこにたくさんの動植物が生息していますが、私はその裏(環境破壊とかツーリストが与える環境負荷とか)を観てくるのが仕事でもあるのですが、今回はしばし、そういうことも忘れてゆったり、のんびり森の中を散策してきました。
la cangreja 6

今回はけっこうタイトなスケジュールでの出張だったのですが、こうやって毎日Selvaを歩いていたので、すっかり毒抜きされて、かえって元気になってメキシコに戻ってきました。
la cangreja 3
これは英語ではHot Lipsと呼ばれるキスマーク植物。
la cangreja 4

葉切り蟻が一生懸命葉っぱを切っている様子。
la cangreja 5

こちらも蟻が一生懸命働いていました。
la cangreja 9
これはGuavaと呼ばれるもので、この種の周りは甘くてけっこうおいしかったです。

この帰りにTucán(オオハシ)にも遭遇。まだまだあまり知られていないのですが、ここでは素朴な保護区見学が出来て、私はとてもよかったです。
http://www.lacangreja.com/ingles/inflorayfauna/inflora.htm
興味のある方は上記サイト(英語)をご覧になってください。また、ここでは1泊3食付でなんと15ドルという破格の料金で宿泊も出来るそうです。ちなみに、San Joséだと1回あるいは2回レストランで食事したら15ドルくらいかかってしまうので、宿泊とお食事でこの値段はとっても安いです。

機会があればぜひSan Joséから足を伸ばしてみてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ 中米    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
12年前知人がコスタリカに赴任していたのを思い出しメキシコから足を延ばしたが日本からVIPが来ていたのでアテンドして貰えなかった
仕方なく一日のツアー(未だエコの名称は付いてなかった)を申し込んだ まず火山の煙の出ている火口湖を見てから Sarapiqui川をボートで2時間 その間の動物の多さに圧倒されたカイマンがうろうろ、変った色のイグアナ達、大小の亀、親指の先ほどの蝙蝠、両岸には猿、川と森には種々の鳥大満足の移動動物園でした
その後のジャングルツアーは歩けど歩けど姿無し でも12時間の旅を満喫
こんなに沢山の野生動物が短時間で見られる場所は少ないでしょうお勧めです
Edit
忍者さん
コスタリカのツーリズムは80年代後半にブームに火がついたといわれていますが、現在は急速に大型開発が行われて急速に自然環境が破壊されていっているように思います。
動物を見るには川辺というのは適してますよね。それに移動もボートなどだと楽だし。BosqueやSelvaではなかなか見つけるのは難しいものです。でも、BosqueやSelvaを歩くのは私にとってはそれはそれで興味深いもんです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。