A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


29
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

宗教から観るメキシコ

なんだかたいそうなタイトルをつけてしまいましたが、本日はGuerrero州におけるSemana Santa(イースター)でのProcesión(行進)をご紹介したいと思います。

Guerreroと言ってもメキシコをあまりご存じない方にはピンとこない地名かもしれませんが、Acapulcoと言えばたいていの人は有名なビーチリゾートとして思い浮かぶのではないでしょうか。AcapulcoはGuerrero州にありますが、GuerreroはメキシコのCONAPO(国家人口審議会)が発表しているマージナル指数が最も高い州=メキシコでもっとも貧しい州となっています。Guerreroがなぜ貧しいのか・・と言うのは貧困を学問・仕事上で扱っている私としてはとても興味深いテーマなのですが、今回はそれを突っ込みたいのではなく、宗教行事のお話です。ただ、伝統行事を守り続けていることと貧困指数は密接に関係しているとは思いますが。

さて。
Guerrero州にある世界遺産にも登録されている銀の街TaxcoはSemana Santaの行進が世界的に有名なのです。なぜ有名なのかは写真を見てもらえばわかると思います。
相方一族は元をたどれば父方・母方ともにTaxcoの人たちで、当然親戚がTaxcoにどっさりいます。その関係で以前は頻繁にTaxcoに連れて行かれ、Semana SantaもTaxcoで過ごしたことがあるのでその有名なSemana Santaの行進を見ているのですが、今年のSemana SantaもTaxcoで過ごすはずが、お墓参りに行くのに時間がかかってTaxcoで行進を見るのが時間的にも難しい・・と言う状況だったので、相方父の実家があったAcamixtlaへ行って来ました。ここでもTaxco同様の行進を行いますが、Taxcoからすぐと言っても観光地ではないので、ゆっくり観れてこちらのほうがお勧めです。

さて、それではその行進をご紹介。今回は血が流れている写真なんかもあったりで、より自分の伝えたいイメージを考えてモノクロにしました。

まずは子供部門。
semana santa 2008 1

子供なので、まだ軽いとげ付の十字架ですが、写真ではわからないと思いますがものすごい暑いのです。
semana santa 2008 2

太陽で焼けたアスファルトの上を歩き続けるだけでもけっこう子供には大変だと思います。
semana santa 2008 4

こちらが大人バージョン。大人はZarzaと呼ばれる鋭い棘のある植物を束にしたものを背に担いで行進します。このZarzaの束、40キロはあります。棘が背に食い込んでかなり痛いそうです。
semana santa 2008 3
背中の真ん中あたりに傷がありますが、Zarzaを担ぐだけではないのです。
semana santa 2008 5

名前はなんと言うのかわかりませんが、鉄の棘のついたボールのようなものを背中にぶつけ続けます。もちろん血が流れています。
semana santa 2008 9

炎天下の中、信じられないような苦行ですがこの行進に参加することは名誉でもあるそうで、参加したい人は多数いるそうです。うちのお義父さんもなんと!参加したことがあるそうで・・びっくりです。
semana santa 2008 10

このZarzaを担いでの行進は男性のみです。写真でもわかりにくいかもしれませんが女性は足かせをつけて歩きますが、これもかなり重いそうです。

宗教と言う側面からみるメキシコも興味深いものです。
semana santa 2008

ちなみに、この時期TaxcoやここAcamixtlaでも夜の行進でつかったろうそくの蝋が道路にこびりついてものすごく滑りやすくなっているので行かれる方はご注意を。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。