A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


09
Category: ARTESANIAS 民芸品   Tags: ---

マヤ文化の再考

なんだかまた久しぶりの更新のような感じがしますが、連続で海外・国内出張が続いて忙しくボッーとする暇もなく、また出張に出ないといけない今日この頃です。

でも、私の場合仕事の中で自分がやりたいことをさせていただいているので十分満足はしています。
さて。今回の出張はなんとCancúnから始まる夢の出張だったのですが、今は雨季だしそもそも、やっぱりこういうところはプライベートで行くに限りますね。でも、カリブでしっかりお食事してきましたが。

Cancúnからベリーズ国境の町Chetumalまで途中お隣のYucatán州に入りながら仕事をしてきました。とにかくすごい移動距離で過密スケジュールで戻ってきて4日ほど経ちましたが未だに疲れが取れない状況ですが、たくさん興味深いものを見聞きしてきたのでその一部をご紹介。

マヤ文化と一言に言ってもかなり幅があるのですが、今回のQintana Roo州では主に低地マヤ族の集落をまわって、そこで民芸品やマヤ文化の回復に力を入れる活動を見てきたのですが、興味深かったのがマヤ文化を取り入れた家具作り。

家具と言ってもミニチュアなのですが、そこには単にツーリストが持って帰りやすいように小さく作っていると言うわけではないのです。
マヤの人々はトウモロコシを栽培して生活してきましたが、そのトウモロコシ畑を守る小人ALUXEの存在を信じています。そのALUXEの存在他の人にもを文化として認知してもらうようミニチュア家具を作り始めたわけです。
maya mueble

ちなみにこれはハリケーンの倒木を利用したものです。
もうひとつはMesa Maya(マヤのテーブル)と呼ばれるものです。
maya mueble 2

写真ではわかりづらいかもしれませんが、これもミニチュアです。
ちょうど同じタイミングで亀さんのブログ「メキシコの隅っこ」でもマヤのトルティーヤに関して話題にされてますが、このテーブル、伝統的なマヤのトルティーヤ作りに欠かせないものだったのです。
動物みたいな形ですが、小さい方は真ん中がくりぬかれてますが、ここにJicara(瓢箪のようなもの)をくりぬいたお椀のようなもに水を入れて手をぬらしながらトルティーヤを作ります。トルティーヤの作り方はいくつかありますが、マヤの伝統的な作り方はこのテーブルにMasaと呼ばれるトウモロコシをすりつぶした塊を適当な大きさにして、それを手の平を押し付けながら円形にしていきます。ちなみにこの作り方は私もはじめて見ました。通常は亀さんのブログにも書いてあるように、両手の手のひらでパンパンとたたきながら成型するか、トルティーヤプレス(機械)で一気に形を作るか・・あるいはお店ではもっと大きな機械で大量に作ります。
maya comida 2

今回一般の家庭でお昼をいただいたのですが、そこではこのテーブルは使っていませんが、伝統的に一枚ずつ手のひらを押し付けて出来上がったトルティーヤをいただきましたが、本当に美味しかったです。(あまり美味しそうに写真がとれなくて残念)
ただ、このマヤテーブルも今使っている人はほとんどいないと言うことです。日本の一村一品運動のように民芸品で村おこしを行っているのですが、こうやって民芸品が売れることによってマヤ文化が再考され、再び息を吹き返すことが出来るのはポジティブなことではないかと思います。
tienda valladorid

先ほどのミニチュア家具ですが、Valladoridにある高級民芸品店で売られているのですが、こんな感じです。
P1090243.jpg

こちらはマヤテーブル。お店のデータがちょっと今自宅にないので今回は掲載できませんが、素敵なお店なのでぜひValladoridへ行くことがあれば足を運んでみて欲しいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。