A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16
Category: MÉXICO的LOHAS   Tags: ---

洗顔を考える

私の場合、夜はメイクを落とすこともかねてオイルを使って洗顔。
だけど、朝の洗顔はそこまでしなくてもいいので、もっと軽い洗顔をしたいのだけど、なかなかいいものがない。
市販品だと、必要な脂分まで落としてしまう感じでつっぱってしまう。

う~ん・・どうしたものか。

そこで、考えてみた。手軽に出来て、かつ海外でも使い続けられそうなもの。

そこで、はじめたのがこの「塩ミルク洗顔」

sio milk


材料は塩とスキムミルクだけ!シンプル!安い!お手軽!

「塩」と言ってもどの塩でも言い訳ではなく、食卓塩はだめです。
この塩ミルク洗顔ってけっこうメジャーなんだけど、作り方なんかには単に「天然塩」ってだけ書いてあるけど、天然塩って3種類あるんですよね。

岩塩
海水塩
湖塩

の3種類。で、塩ミルク洗顔に使う塩は海水塩を使います。
私はちょっとこだわって死海の塩を使っています。
死海ミネラル塩 500g
死海ミネラル塩 500g
作り方
海水塩1対スキムミルク2
これを混ぜるだけ。ただ、塩の粒が大きい場合はスクラブ効果が強く出てしまうので、私は乳鉢ですりつぶしています。(指で触ってざらざらしない程度)乳鉢がない場合は最初から粒子の細かい塩やパウダー状になった塩を使ってください。

ちなみに。
私の場合は海水塩25グラムにスキムミルク50グラムで1週間分くらいを作っています。まぜあわせてから2週間以内に使い切った方がいいそうなので、海水塩50にスキムミルク100を一度に作るのがベストかも。

使い方は塩ミルクを大匙1くらいとって、水を少し加えてペースト状にして使います。

さて。
肝心の使い心地・・

もう、すっきり♪でも、つっぱらないんです!
今までの洗顔フォームなんかとはかり使い心地が違ってすごく気に入ってます。お肌もすべすべになるし。
天然塩が不要な皮脂や老廃物を落として、スキムミルクのたんぱく質が肌表面に膜を作って潤いを閉じ込めるので、洗顔後の肌はしっとり。
メラニン色素を徐々に剥がしてくれるので、シミやソバカスも薄くなるそうです!
あと、だんだん顔の脂分がコントロールされてきて、今までだとすぐ脂っぽくなってしまっていたのがなくなりました。


使い心地もまさに朝の洗顔にぴったり。メイクをしているときはメイクを落としてからお使いください。

ただ。
ひとつ問題が・・。

それは・・・

牛乳くさい


ま、スキムミルクなので当たり前と言えば当たり前なんだけど^^;
でも、ちょっと抵抗が。
なんとかならんのか・・と考えてみた。

そこで思いついたのが蜂蜜を混ぜる。塩ミルクに少し水を加えて混ぜてから蜂蜜を少し入れます。
これだと、かなり牛乳くささが消えますよ~。おまけに、蜂蜜の効能も期待できるし、お勧めです。洗っているときはかなりべたつきますが、洗い流せばさっぱりします。

また、この塩ミルク洗顔、分量や塩の粒の大きさなんかを変えるとボディースクラブにもなりますよ。私は蜂蜜多めにしてひじやかかとの角質落としにも使っています。つるつるになりますよ~。

この塩ミルク洗顔、きっちり洗い流さないと塩が残ると日焼けを促進してしまうそうなので、しっかり洗い流してください。あと、塩の刺激があるので、日焼けした後や顔に傷や吹き出物がある時などの使用はやめたほうがいいです。

これだと海外でもすぐに作れるので、メキシコでも塩ミルク洗顔で行こうと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。