A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


05
Category: MUSEOS 博物館   Tags: ---

オルメカ文化を感じる博物館。

またまた話は飛ぶのですが・・でも、かろうじてユカタンと同じメキシコ南東部のVillahermosaへ。
私は南東部が好きなので仕事だけではなく、プライベートでも旅行するのが大好きなのですが、その中でこのVillahermosaにある遺跡博物館 La Ventaはお気に入りの場所です。
la venta

正直、Villahermosaは交通の要所的な街で、ぶっちゃけそんなに見るものもないで、この博物館だけ見て移動してしうまうひとが多いと思いますが、Tabasco州自体は自然が豊かで先住民族文化もけっこう残っていて、物価も安く、魅力あると思うのですが、まあ、でも、やっぱり上級旅行者向けですかね。

話は戻って、この有名な博物館、Museo(博物館・美術館)好きの私の中でもとても評価の高いMuseoで、メキシコシティーからかなり遠いのですが、私、ここ来るの、これで3回目。
la venta 3

何がすきなのか、と言うとここ、基本的に野外博物館なのです。なので、こういう感じに屋外を歩いて見学するのですが、濃い緑の中にある展示は、きっとこんな風に存在していたんだろうな・・と思わせる臨場感があります。
la venta 2
そしてこんな感じで遺跡からの出土品が現れます。
la venta 4
こうやって自然の中で見るほうが博物館の屋内で見るよりずっとよく見栄えすると思います。
la venta 5
角度を変えて。
la venta 6
さらに別の角度でも。
la venta 7

ご覧の通り雨が降った後だったのだけど、それがよりいっそう自然な感じを出していて個人的にはとてもよかったです。
la venta 8

どこに行っても思うのですが、遺跡からの出土品って、本当に芸術品です。ずっと昔のものなのに、なぜかモダンにも見えるような・・。そして意外とポップな感じのものもあったり。
la venta 9

さて。これがここのメイン。オルメカヘッドと呼ばれるものですが、かなり迫力。
la venta 10

さらにアップでどうだ!なぜかとても興味を引かれるこのオルメカの巨頭。それはオルメカ文化が謎の文化と言われるように、ほとんどこの文明について解明されていないからでもあります。

少しオルメカ文明についてご説明・・といいつつWikipediaから引用させていただきます。
「オルメカ(Olmeca、オルメカ文化、オルメカ文明)は、メキシコ湾岸のベラクルス州南部からタバスコ州を中心としてメソアメリカ全域に先古典期の紀元前1250年頃から紀元前後にわたって栄えた文化、文明の名称。もともとはナワトル語で、「ゴムの地の人」という意味でスペイン人到来時に、メキシコ湾岸南部に住んでいた人々を指した。しかし、アステカ時代である後古典期にその地に住んでいた人々がオルメカ文明の担い手であったわけではなく、この名称が先古典期にメキシコ湾岸で繁栄した文明の呼称として一般的に広く定着しているために「オルメカ」の名称を用いている。

特徴として、メキシコ湾岸のサン=ロレンソ(San Lorenzo)、ラ・ベンタ(La Venta)、トレス=サポーテス(Tres Zapotes)に見られるネグロイド的風貌の巨石人頭像(Colossal Head)、球戯者の像、レスラーのような格闘技を行なう者の像、「ジャガー=人間」の神、ベビー=フェース像と呼ばれる石彫やレリーフに見られる像である。ベビー=フェース像は、しばしば、頭蓋変形をなされた細い頭で表現される。また翡翠や蛇紋岩製の磨製石斧を並べたり、ラ=ヴェンタでは、ジャガー神の顔を表現したと考えられる敷石遺構が見られる。これらは、翡翠の象徴する水、斧の象徴する焼畑農耕、雷、雨神を表し、一種の儀式に用いられたと考えられている。」「」内はWikipediaから引用

この文明は紀元前1千年前に栄えたと考えられています。それは有名なマヤ文明よりも1500年前にあたります。オルメカはメソアメリカで最初に石材を建築・彫刻に利用した民族集団ですが、これらの石材はラ・ベンタの場合、西方へ100km以上はなれたトゥストラ山系から切りだされたことがわかっている。でも、どうやって何十トンもある石を運んできたのでしょうか。

マヤやテオティワカン文明やそのほかの中南米に存在した数々の文明の母体であったオルメカ文明。
謎が多く、ほとんどが解明されないままのようですが、それがまた多くの人を惹き付ける魅力なのだと思います。

ちなみに、オルメカ文明はジャガー崇拝が見られますが、この博物館はタバスコ州に生息する珍しい動物の動物園も併設していて、そちらのほうでジャガーも見れます。

VillahermosaはPalenque遺跡へのゲートシティーでもありますが、交通の便の良いところでもあるので、もし、Villahermosaへ行かれることがあればぜひこのMuseoにも足を伸ばしてみてください。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
夜に行って見られましたか?
綺麗な照明で違った雰囲気で楽しめます
亀さんのHPを使わせて頂いた写真です
http://xbbs.knacks.biz/kamemexico/a15
Edit
忍者さん
このMuseoには3回行っていますが、いずれも昼間の時間帯なので、今度機会があれば夜に行くのもおもしろそうですね。
けっこうメキシコの遺跡では夜間のライトアップは行われていますよね。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。