A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: RUINAS 遺跡   Tags: ---

よみがえるマヤの遺跡。

なんだかマヤネタが続きますが、と、言うか私のブログに占めるマヤネタはけっこうありますが、それは私がメキシコ南東部を仕事の対象としているから出張も当然そっち方面がほとんどなので、当然マヤのお話が多いわけです。でも、仕事抜きでもとっても興味深いエリアであることは間違いなし。

ユカタンに行くたびにまるで別の国に来たかのような錯覚を覚えますが、今回のお話はQintana Roo州の遺跡のお話。Q.Rooで遺跡と言えば、そりゃあ、もう、Chichén Itzáですが、ひねくれ者の私はそんなメジャーな遺跡ではなく、超マイナーな遺跡をご紹介。その名もChacchoben・・日本人でこの遺跡を知っている人はまずいないと思いますが、いるとしたら考古学とかアグリツーリズムであるとか、何かそういった仕事などで関係のある人だと思います。

そういう私も全然知らない遺跡だったのですが、急遽この遺跡に行くことに。理由はChetumalに出張しているときに、日本からの出張者の方が「カリブも見たいけど、遺跡も見たい!」とおっしゃいまして。同じQ.Roo州でもカンクン辺りにいればそんなのはお安い御用なのですが、我々の滞在場所はChetumal・・しかも私は暇だったのだけど、同行する同僚にはまだ山のように仕事が残っていたのであまり遠出もできない。

うーむ。
と、言うことで私の考えたChetumalからカリブ海も遺跡も短時間で楽しむコース。で、最もアクセスが良かったのがこのChacchoben遺跡だったわけです。そんな訳で、まあ、あまり期待もしていませんでしたが、きっと日本から来た人であればそれほどたいしたことない遺跡でもそれなりに感心してくれるかも・・と思い一路Chacchobenへ。

途中、道路の標識を頼りに田舎の農道のような道を進む。うーむ、これはあんまり期待できそうにない気がする・・と思いつつ、あっけなく到着したChacchoben遺跡。

が、私の予想に反してなかなか立派な入り口。これは、ちょっと期待できるかな・・と思いつつ入場。
q.roo ruinas

歩いてすぐにあったピラミッド。ざっと観て思ったのは、非常によく整備されてます。日本で生活されている方には熱帯の植物の成長と言うのはあまりピンと来ないかもしれませんが、かなり、いや、びっくりするほど早く成長します。これだけちゃんと整備するのはかなり大変。しかも、この暑さなの中。
q.roo ruinas 2

ちょっと調べてみると、わりと最近までこの遺跡はメキシコの遺跡関係の最高機関であるINAHが見学を許可していなかったようです。調査そのものは1994年に開始されたそうですが、おそらく調査中、あるいは修復作業中だったのでしょう。事実、まだ遺跡を説明するものが何もない状態でした。(詳しく知りたい方は有料のガイドはいます。英語ガイドもいます)
q.roo ruinas 3

この遺跡の本来の名前は不明で、この遺跡のある村(Ejido)がChacchobenだったことからそう名づけられました。意味はマヤ語でMaíz Coloradoだそうです。
q.roo ruinas 4

この遺跡は紀元前200年から 紀元後700年の間のものだという調査結果が出ています。遺跡にある文字は解読不能な状態にあって、謎も多いようですが、グアテマラのPéten地方の都市とつながりがあったのではないかと、その建築様式から言われています。
q.roo ruinas 5
周囲はもう、圧倒的な自然。そして、うだるような暑さです。
q.roo ruinas 6

この遺跡70ヘクタールほどあるらしく、けっこう広いのですが、周囲にはトゥカンなども棲息していて、運がよければ動物も観れるかもしれません。マヤの遺跡はたいてい密林の中にあって遺跡は保存されることによって周辺の自然環境も保全されるので遺跡と自然観察を組み合わせたツアーなんて面白いのではないかとよく思います。
q.roo ruinas 7

遺跡と言うのは観光開発の目玉の一つなのですが、このChacchobenも同様で、Chetumalからカリブのきれいな海があるMahahualへ抜ける途中にあるので非常にアクセスがいいんですよね。そして、この一体は天然のガムが採れるところで、かつてはそのガムで生計を立てていました。ちなみに、ガムの原産地はメキシコのこのマヤ地域なのです。マヤの人は昔からこの天然ガム(Chicle)をかむ習慣があったのがその後アメリカに広まり、アメリカから世界に広まったんだそうです。
q.roo ruinas 8

しかしその後天然ガムの代わりに酢酸ビニル樹脂が使われるようになり、この辺りの村落は大打撃を受けて衰退して行きます。しかしながら、ここ最近天然嗜好のが強まったり、また、その天然ガムの採集を観光客が見学、体験できる旅行形態を提案したりしてまた息を吹き返しつつあります。

この遺跡も天然ガムも長い歳月を経てまたよみがえろうとしているわけです。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
貴重なマヤの遺跡の紹介をありがとうございます。こちらでも4~5月の雨のあとの植物の生育のスピードには目を見張るものがありますが、熱帯雨林のそれは桁違いなのでしょうね。

「チアパスの密林」シリーズをとても興味深く拝見しました。ちょうどTVでアマゾンの密林と原住民の現状を調査したドキュメンタリーを見たので、重なる部分がとても多く、遠い国のことながら、多かれ少なかれ私たちの生活に繋がっていると思うと、他人事ではいられません。密林伐採をこれ以上進行させないようにするには、日常生活の最小のゴミ廃棄とリサイクル、私がさしあたってできることはコレです。「都市開発の名目で、われわれの自然体系が奪われた」原住民の長の涙ながらの言葉が耳から離れません。
Edit
エミリアさん
コメントありがとうございます。
こういう話題に興味を持っている方がいてうれしいです。

私は開発が専門領域で、仕事もそうなのですが、開発といってもいわゆる都市開発ではなく、社会・人間開発に携わっています。チアパスの密林も仕事で行ったのですが、問題は私が思っていたよりはるかに複雑で、根が深く、途方にくれるような現状でした。それは単に開墾という名の伐採ではなく、様々な思惑・利権が絡んでいて、国家の在り方を非常に考えさせらるものでした。(抽象的なお話ですみません)
とは言え、途方にくれていてもしょうがないので、おっしゃるとおり、やはり個々が出来る範囲で何かをしていくべきなのだと思いますが、私はそういった現状をまず、より多くの人に知ってもらいたい、と思っています。ブログに書いているのもささやかではあるけども、そういう思いも含めて書いています。

今後も引き続きメキシコから見た社会問題のお話も書いていこうと思いますので、また、お立ち寄りください。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。