A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03
Category: MÉXICO 世界遺産   Tags: ---

Taxcoの街並み。

またまた話は飛びますが、相方はメキシコシティーのお隣Morelos州の出身なのだけど、相方父はTaxco出身。で、母方も曾おばあちゃんは同じくTaxco出身。なので、Taxcoには親戚がいっぱいいて、何か家族行事があるとTaxcoへ行くので、以前はかなり頻繁にTaxcoに行っていたのだけど、私も相方もメキシコシティー在住になってからはあまり行かなくなってました。が、先日久しぶりに家族でTaxcoへ。もちろん観光などではなく、父方の曾おばあちゃんの命日だったのでお墓参り。相方はこの曾おばあちゃんが大好きだったので、小さいころから曾おばあちゃん宅に遊びに行くのが大好きだったらしく、Taxcoへ行くといつもうれしそうにしています。

まずはお墓に行って掃除したり、お花を供えたり。お義父さんがお墓の周りの草を刈っていたらサソリが出てきた。日本だったらムカデとかなんだろうけど、こっちじゃサソリです。
その後、せっかくTaxcoに来たんだからちょっとブラブラするか、と言うことで相方家総勢(両親、妹夫婦、弟、私達)でTaxco散策。まずは、やっぱりSnta Prisca教会。
taxco

この日はご覧の通りの曇り空ですが、この教会はTaxcoのシンボル。Taxcoが好きな相方はここで結婚式を挙げたい・・な~んてよく言っておりましたが、私はカトリックじゃないし、教会で結婚式挙げるつもりはまったくなし。でも、確かにここの教会は素敵だな、と思います。実際相方の親戚なんかはここで結婚式を挙げた人、複数。でもって、ここ、料金もかなり破格に安いんですよね。あ、お金の問題じゃないか 苦笑。
taxco 2

Taxcoはメキシコシティーから3時間程度の距離にあるし、世界遺産にも登録された美しい街並みとシルバーアクセサリーを目当てにたくさんの旅行客が来ます。日本人にも人気のある街だと思います。私は数え切れないくらい来ているので、旅行者気分でこの街が好きというよりは、ここの穏やかな生活スタイルに惹かれます。
taxco 3

さて、教会のご紹介。この教会は1750年代(1751年から58年の間)に建てられたもので、1700年代当時Taxcoは新大陸において最も重要な鉱山を有する街でした。1716年にフランス人のJosé de la Bordaが鉱山を目当てにこのTaxcoにやって来て、瞬く間に巨額の富を得たのち、この教会を建てることを決めたのです。
taxco 4

当時のJosé de la Bordaの影響力は絶大なものがあり、Bordaは政府に対し自分の好きなようにの教会をデザイン・設計することを約束させ、Cayetano de Sigüenzaに一任します。そして、メキシコのバロックを代表する教会が建てられたわけです。
taxco 5

教会の内部には貴重な宗教が飾られている部屋があります。TaxcoはGuerrero州に属しますが、guerrero州はこういったSacred Artの宝の山がたくさんある州とも言われています。
taxco 7

私もメキシコにいる間にすっかりSacred Artに興味を持つようになったのですが、なかなか奥が深く、知識を得れば得るほどにはまる世界ですが、まだまだ修行中なのでここで語るのは控えます。
taxco 8

Taxcoは非常にカトリック色の強い街で、文字通りこの教会がTaxcoの街、そして住民の生活の中心にあるように感じます。
taxco 9

世界遺産のコロニアル都市といえばGuanajuatoが一番有名、かつ一番人気だと思いますが、Taxcoの街の見せる落ち着いた雰囲気が私は好きです。メキシコシティーからは日帰りできますし、よくCuernavacaと組み合わせて訪れる方が多いですが、せっかくなのでTaxcoでゆっくり一泊されることをお勧めします。夕方や夜の雰囲気も味わってみてください。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。