A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


19
Category: MEXICOあれこれ   Tags: ---

ZONA CERO

たまには時事ネタを書こうかと思います。
メキシコ在住、あるいはメキシコに感心のある方は日本でも報道されたので知っている方もいるかと思いますが、11月4日Secretaría de Gobernaciónのトップ、Juan Camilo Moriñoを乗せた小型ジェットがメキシコシティーの大動脈であるReforma通りとPeriferico通りに近い場所で、それも通勤ラッシュ時の午後7時前に墜落しました。Secretaría de Gobernaciónのトップといえば、日本で言えば内閣官房長官的なポジションで、Calderón大統領の側近で政府ナンバー2なわけです。
mouriño

これがその亡くなったMoriño氏。写真でわかるとおり、まだ若い・・享年37歳。そしてこの小型ジェットに同乗していたもう一人の重要人物・・Procuraduría General de la República (PGR)の幹部José Luis Santiago Vasconcelos・・この2人は現政権の主に麻薬がらみの組織犯罪対策の中心人物。
そんな二人が乗っていた小型ジェットが街中に墜落する・・メキシコ人の大きくは「消された」と思ったわけです。まあ、表向きには事故として報道されていますが。

これが当日にニュースで報道されたものです。スペイン語ではありますが、映像を見るだけでもこの事故のインパクトが伝わるかと思います。この日はアメリカ大統領選が大ニュースとなるはずでしたが、もちろんどの局もこの墜落事故をしきりに報道していました。

メキシコシティー在住ではない人にとって墜落現場を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、交通の要所にラッシュアワー・・考えただけでぞっとしますが、これだけの大事故だったにもかかわらず、死亡したのはジェット機に乗っていた9名と地上で巻きこまれてしまった5名で14名。けが人は40名。事故に巻き込まれた方は本当に気の毒だと思いますが、あと1秒でも落ちるのが前後していたら・・ものすごい第三次になっていたことは間違いないと思います。

事故後1週間以上現場は封鎖されたいましたが、今週の頭、火曜日頃だったかに通常に戻りました。その後たくさんの人が事故現場を訪れているのは聞いていたのですが、近くを通ったので私もZONA CERO(グラウンド・ゼロ)へ行ってみることに。
zona 0
確かに複数の人が現場に来ていました。
zona 0 2

あれだけの大事故だったので、さぞかしすごいことになっているのかと思いましたが、まるで別の事故現場かのようにかなり整備されていました。事故でなぎ倒されたり、燃えてしまった木も一部植樹されていました。
zona 0 3

それでもまだ現場にはたくさんのガラスの破片がちらばっていました。私はPolancoで仕事をしているので、この現場から職場もけっこう近く、職場からこの辺りのビルが見えます。事故当日は私はとっととに退社していたので、特に影響は受けませんでしたが、事務所周辺では墜落時ガラスがゆれて衝撃があったそうです。
zona 0 4

ちなみこれはAuditorioから撮った写真ですが、写真中央に3,4つビルがありますが、その辺りが事故現場です。Auditorioからも近いわけで、事故当時はAlejandro Fernandezのコンサートが予定されていて、かなりの人が集まっていたようですが、コンサートはキャンセル。事故後この辺はすごい渋滞だったようですが、この辺りが事故そのものに巻き込まれなかったのは不幸中の幸いだったと思います。

なんだか最近メキシコの治安は悪化していってますが、社会的不安が高まっているのが現状です。旅行に来られる方も可能な範囲で情報収集してお気をつけください。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
私、事故直前20分くらい前にその辺のperifericoで渋滞に巻き込まれていました。当時何も知らなかった私は、やたら救急車が多いなあと思っていたのですが、家に帰ったら珍しく旦那が心配そうに玄関の外で待っていて、それで事故の事を知ったんですよ。

びっくりですよね。真相は知りませんが、やはり「消されてしまった」んですかね。もしそうだったら、市民を犠牲にしてまで消したかった政府が信じられません。
Edit
Tomokoさん
巻き込まれなくて本当によかったですね。
私もその日はすでに帰宅していたのですが、途中でものすごい混んでいて、平日の特に何かイベントがあるわけでもないのに・・?と不思議に思っていました。後で知ってびっくり。

「消した」のは政府ではないと思いますが、いずれにしてもメキシコ政府を信じたりはできないのがこれまた悲しい現状ですね。
Edit
うちの相棒の職場付近(メキシコ人の言う近所なので、信憑性にはかけますが...)だったらしく、遅い帰宅時間にもかかわらず周囲は大変な騒動だったようです。

エリート政治家ということもですが、このところ職権乱用のスキャンダラスもありましたものね。事件後の追悼式での大統領をはじめとする政治家達の演説(ま、追悼文)の内容もいまいちでしたし、「消された」確率は高いようですが、やはり真実は謎のままなのでしょうね。
Edit
Pfgiaさん
相棒さん、巻き込まれなくて本当に良かったですね。あの辺はやっぱり大動脈ですからね・・かなり混雑したと思います。

結局消されたのか、事故なのか・・当初の話(整備ミスとか故障とか)とは変わってパイロットが未熟だった・・ってことになってますが、死んだ人のせいにするのは本当にメキシコ的だ・・と、私の周囲のメキシコ人は言っていますが、私もそう思います。
EditALEJANDRO FERNANDEZ
ALEJANDRO FERNANDEZのワード検索で記事拝見しました。Mexicoの政治は詳しくないし墜落事故も初めてしりました。ALEJANDROのライブにも影響していたとは‥勉強になりました。
EditRe: ALEJANDRO FERNANDEZ
絵美さん
レスが遅くなってしまいましたがコメントありがとうございました。
あまりメキシコのニュースは日本では報道されませんものね。でもコンサート会場から近かったとは言え巻き添えをくわなくてよかったですよね。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。