A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: ドミニカ共和国   Tags: ---

ドミニカ共和国行脚 Constanza編 ①

去年のネタを少しずつ消化していくのがとりあえずの今年のこのブログにおける目標なので、またまた去年のお話ですが、ドミニカ共和国訪問の続き。

今回は仕事だったのですが、あらかじめ「こういうところにこういう目的で行きたい」と言うリクエストを出していて、私としては南西部に行きたかったのです。もちろん、ドミニカ在住時に南西部には何度も行っているのですが、あの独特の海の色、雰囲気をまた感じたい・・と、言うのと私の仕事上のテーマにぴったりではないですか、と言うことでリクエストしたのだけど、帰ってきたお返事は首都サントドミンゴから北部のリゾート地へドミニカを縦断するコース。まあ、お願いベースのお話なので、しょうがない・・と言うことでカリブ海ではなく、大西洋目指して出発したわけですが、大西洋リゾートだけではなく、久しぶりにConstanzaに行ってきました。

Constanzaももちろん在住時に行っていますが、ここは海のリゾート立国ドミニカ共和国において特殊な高原のリゾートなのです。基本的にドミニカに旅行に行く方はやっぱりカリブ海など海でのバカンス、ビールやラム酒片手にMerengueにBachataを踊り、カジノを満喫・・なんてのが一般的で、(あ、余談ですがツーリスト向け性産業も盛ん)山で過ごしたい・・なんていう人はかなり稀。でも、以前の私のようにドミニカに住んでいるものにとってはとっても魅力的な避暑地であり、国内客はそこそこやってくる場所でもあるのです。
constanza

と、言うことで、私の在住時からどれくらいこの街のツーリズムが変化しているか、確認に・・あ、仕事ですよ!仕事。案内していただいた、多分一番高級と思われるエコロッジ。
constanza 2

緑に囲まれてほっとする。暑苦しいドミニカ各地からやってくると本当に新鮮なのです、これが。
constanza 3

中も見せていただきました。暖炉が写っていますが、冬は暖炉がいるくらい寒くなります。平日だったのであまり、というか全然お客がいなくて閑散としていましたが、シーズンはけっこうお客さんがきます。観光業はやはりこういうシーズンとか曜日に左右される仕事ですが、国内客相手だとよりそれがはっきりでます。でも、静かなConstanzaが満喫できる、と言うのはメリットだと思います。
constanza 4

このエコロッジから少し来るまで行ったところに突如、なんじゃ、これは?的豪華なコンドミニアムのような建物がずらーっと並んでいるエリアがあります。そこにConstanzaの街が一望できるカフェがあるということで連れて行っていただきました。
constanza 5

なかなか素敵な風景で、くどいすが、ドミニカにいると言うのを忘れるような景色。ここでゆっくりコーヒーでもいただきたかったのですが、そこは悲しいかな、仕事なので時間がちょっとおしていたので、また次回に。
constanza 7

そしてこれも忽然とあるチャペル。これ、多分結婚式用なんだと思います。なんだか、La RomanaにあるCasa de Campoというカリブ最大の高級リゾートがあるのですが、そこをちょっと思い出しました。ここ、きっと結婚式の時なんかには窓が全開になってConstanzaの風景に囲まれるのでしょうね。
constanza 6

Constanzaは標高が高いので、他のエリアでは見れない植物がいろいろあって、そういった草花を眺めるのも好きです。
constanza 8

ちょっとピンボケですが。Constanzaのお話はまだ続きますが、いったんここまでで。

↓お気に召しましたら「ぽちっ」とお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ カリブ海    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。