A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: MÉXICO 世界遺産   Tags: ---

最も美しい遺跡。

随分前から書こうと思いつつ放置していたネタをせっかく時間があるので書いておこうと思います。
だいたい今まで放置されていたネタを見てみるとかなりの確率で遺跡関係なんですよね。私は遺跡マニアではないのだけど、やっぱりいける距離に遺跡があるとなんか観に行かないといけないような気がしてきて行くわけですが、基本的に考古学的知識が乏しいのでブログで文章にする、というのがどうしても苦手意識が働いて結果放置してしまうんだと思うのですが。

とは言えせっかく行ったのだからやっぱり日の目を当てる形で残しておきたいな、と思い今回も引っ張り出してきました。

今回ご紹介するのは世界遺産にも登録されているチアパスの密林にある美しい遺跡、Palenqueです。
私、Palenqueに行くのはこれで3回目。1回目は観光。2回目は仕事の一環。3回目はチアパスの密林に仕事で行ったときの中継地でPalenque村に泊まることになって、こんな近くにいるのだから遺跡に行かないなんてもったいない!と主張して行って来たのです。

写真をご紹介する前に遺跡の説明・・といっても「」内はWikipediaから拝借。

「パレンケ(Palenque)はメキシコにあるマヤ文明の古代都市遺跡で、メキシコの世界遺産の一つである。
ユカタン半島の付根にあたるメキシコ南東部のチアパス州に位置し、7世紀に最盛期を迎えた都市の遺構としての宮殿を中心とする、『マヤ遺跡の典型』といわれる建物群を密林のなかに配置している。」
palenque 8
palenque 5

朝早く行ったのでまだ観光客も全然いなくてほぼ独占状態。Palenqueは密林の中にあって時期・時間によってかなり暑く、体力を消耗します。今回行った時期は1月で朝早かったので暑さは問題なかったですが、1回目に行ったのは8月で強烈に暑かったです。

さて、この遺跡の説明を再びWikipediaから。
「18世紀の半ば頃にスペイン人の手により発見に至り、その本格的な発掘調査が始まったのが1948年。その調査の最終局面にあたる1952年6月15日、メキシコの考古学者アルベルト・ルスが『碑文の神殿』の地下室に辿り着き、室内の壁面にはめ込まれていた巨大な石板を取り外したところ、鍾乳洞の垂れ下がる広い洞窟のような部屋がその向こう側に確認された。そこには殉死者と目される数体の遺体に加え、肖像画やマヤ文字、また生命樹の図柄の浮彫が施された石の蓋、そしてその下に石棺が埋もれており、数多の装飾品を脇にした遺体が内部に発見された。翡翠の仮面をまとったこの遺体は、7世紀に在位したパカル王(偉大な太陽楯、8アハウの偉大なパカル、パカル2世、パカル大王、在位615年~683年)[4]として知られる王のそれであった。 この発見は、中央アメリカのピラミッドがエジプトのそれとは違うという定説、すなわち王の墓ではなく神殿の土台に過ぎないものとの定説を覆し、当時の考古学界に大きな旋風を巻き起こすこととなった。
1987年には『古代都市パレンケと国立公園』として世界遺産に登録された。」
palenque

私は上記に書いたとおり遺跡マニアではないのですが、気がつくとメキシコ国内のかなりの遺跡に足を運んでいます。その中で私が最もお勧めする遺跡がこのPalenqueなんです。それはやはり密林の中にある美しく、見ごたえのある点、そして比較的アクセスがよく周辺に遺跡以外の観光スポットがあることなど。でも、そういうほかのスポットがなくてもこの遺跡だけで十分行く価値はあると思います。
palenque 2
3度目の訪問ですが、やっぱりこの遺跡は美しいなぁ、と思いました。
palenque 7

その美しさは建築様式そのものにもありますが、やはり密林の中での緑と遺跡のコントラストだと思います。そして、Palenqueに限らないのですが、遺跡周辺というのはある程度開発が制限されるため自然が残り、当然動物もいたりするところが多いのですが、このPalenqueでも朝早いとホエザルのあの泣き声が聞こえてきたりするので臨場感もあってより遺跡の見学が楽しく感じます。
palenque 6

いつも遺跡を訪れるともうちょっと考古学の知識があればもっと面白いんだろうなぁ・・と思うのですが、それもなかなか難しい場合言葉に問題がない方はガイドさんをうまく活用すれば遺跡見学はもっと面白いと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Edit
私もメキシコの数ある遺跡で最も美しい所と思います
最初に訪れた時は未だ道路が整備されて居らず鉄道しか行く方法が無くVilla Hermosaから軽飛行機でたどり着きました
藪の中にそそり立つ遺跡群には圧倒されました
墳墓は自由に入れて写真も撮ってきましたのでお送りします
TulmもPuerto Juarezからボートで3時間掛ったものです 便利な時代になりましたね
Edit
忍者さん
忍者さんのようにメキシコに大変詳しい方と同意見で光栄です。
考古学は興味があるのですが、知識が乏しい私が見ても圧倒される遺跡は少数なのですが、その中で最も素晴らしいと思える遺跡がPalenqueで、初めて行ったときはとても印象深かったですが、3回目に行ってもやっぱり美しかったです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。