A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


05
Category: PELÍCURAS 映画   Tags: ---

メキシカンドリームに関する考察。

気づくとけっこうこのブログで映画を紹介していますが、これだけメキシコ映画にほぼ限定して紹介している日本人のブログはかなり稀だと思いますが、さらにほかのブログでは取り上げられることがなさそうな映画を引き続き紹介していこうと思います。
と、言うわけで今回ご紹介するのは2010年のメキシコのアカデミー賞にあたるアリエル賞で最優秀助演男優賞、衣装など4部門受賞したConozca La Cabeza de Juan Pérez
Juan Perez

見た目からしてチープと言うかB級感が漂っている感じがかなりしますが、実際に観て見るとこれがかなりするどく計算されたB級感だとわかります。サーカスを舞台にメキシカンドリームとでも呼ぶべき夢をつかもうとする人々とその背後にはこの映画の象徴であるギロチンに現されているとおり、失敗すれば深い闇に突き落とされてしまう、そんな社会とメキシコの人々の生きる日々が垣間見れる映画であると思います。それはまさにこの映画の監督であるEmilio Portesが"Conozca la cabeza de Juan Pérez", metáfora de los sueños cercenados en el contexto latinoamericanoとコメントしているとおりだといえます。

さて、ストーリーは以下のとおり。
しがないマジシャンであるJuan Pérezは不景気で観客の減ってしまったサーカスを首になるのを阻止するため、大掛かりなマジックを考案する。それはギロチンを使ったマジックだったが、予算不足でギロチンが作れなかったため博物館から16世紀にフランスで使われていた本物のギロチンを盗み出し、マジックをすることになった。これがJuan Pérezとその周囲の人々を巻き込んでとんでもない結果に・・・。

・・・ネタバレ以前に、映画を見始めてすぐにわかることなので書いてしまうとこのマジックのせいでJuan Pérezは首を跳ね飛ばされてしまいます。映画はその跳ね飛ばされたJuan Perezの頭部がなんでこんなことになってしまったのかを回想するところから始まります。

この映画はEmilio Portesが16世紀のフランスでのギロチンを使った処刑に関するエピソードを読んでいたとき「跳ね飛ばされた頭はまだものを考えることができる」と知ったことから作られた映画なのですが、ギロチンはメキシコ人の深層心理の中に「失敗すればもう後はない」象徴として存在していることをうまく映画としてまとめていると思います。
Narcoが敵対する人物を殺害したときに斬首するのも上記メキシコ人の深層心理とつながっているように思います。

ギロチン、斬首なんて言葉を聞くとなんだか残虐な感じがしますが、上出来なメキシコ人特有の痛烈な風刺コメディーに仕上がっています。特にラストは痛烈で、個人的に気に入ってます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ メキシコ    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。