A LA MEXICANA

メキシコ情報満載でお届けします


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: マレーシア   Tags: ---

印度へ。

アルゼンチンでの氷河トレッキングの話がまだあるのですが、話は一気に南国へ。(こうやって書きたいときに書きたいことを書いていくほうがブログとしては長続きしそうな気がします。)
三度、印度へ行っていました。
templo hindu KL 9

・・・と、言ってもこんなゴープラムを見れば信じてしまいそうですが、本当はマレーシアに行っていました。個人的にはどっぷりはまっている南印度に行くつもりだったのだけど、諸般の事情で急遽マレーシアに行くことに。
マレーシアは初めてだったのだけど、南インド人の多い国なので、南印度に行かずともその雰囲気、料理を味わい、印度雑貨の買い物も出来るかなーと期待して行って来ました。
templo hindu KL 8

一般的にヒンズー寺院はヒンズー教徒しか入ることが出来ないところが多いのですが、そこは多民族に開かれた国、マレーシアのお国柄なのでしょうか、異教徒にも門戸を開いている寺院が多いと思います。
templo hindu KL 4

私は前回の南印度滞在時に、どさくさにまぎれて堂々と並べば案外入れてくれるのではないか・・と不謹慎にも考えて、並んでみたら、私の思ったとおりヒンズー寺院に入ることが出来ました。寺院の中は、それはそれは本当に異空間。今までに体験した、あるいは見たことも、感じたこともない不思議な空間でしたが、それに比べるとマレーシアのヒンズー寺院は開かれているだけあって、逆にあまりヒンズー教の寺院独特の雰囲気はないように感じました。
templo hindu KL 3

とはいえ、入れていただけるだけでありがたい、と思い厳かに見学させてもらいました。
templo hindu KL 5

他にも南印度との共通点、相違点などを自分なりに考え、感じながらの見学は興味深いものでした。
templo hindu KL 6

本当はマドゥライに行くつもりだったのだけど、こうやってマレーシアにおける印度文化を探求するのもおもしろかったです。
templo hindu KL 7

マレーシア滞在中、かなりの時間ヒンズー寺院に行ったり、印度レストランへ行ったり、インド人街でお買い物したり・・と印度関係に費やしました。あちこちからタミル語が聞こえてきて、おいしいVadaなんかを食べていると、ふと、ここが南印度の片隅のような気になり、マレーシアの旅は私の南印度へのノスタルジーをかきたてる旅となりました。
メキシコスペイン語の解説やってます。Twitterボタン
http://twitter.com/lexicomexicano
関連記事
スポンサーサイト

テーマ マレーシア    ジャンル 海外情報



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。